真冬のこの時期でも、太郎の施術所では扇風機が回っています。(^^;

冬でも壁掛け扇風機は活躍する。






扇風機は何も、夏の暑い時期だけ使うものではありません。
冬だって、使いようによっては大変重宝します。

太郎の施術所の天井が2m70cmとひときわ高いせいもあるのでしょうか。
この時期、エアコンで暖房してもなかなか室内が暖まりません。
改装したとは言え、築20年余り。
断熱材も効きが悪くなっているのかも知れません。

3台のファンヒーターも置いています。
それでも、室温は上がるものの足元が冷えています。

お風呂のお湯と同じで、暖かい空気は室内の上(天井付近)に、冷たい空気は下(床面付近)に移動しますからね。

室温は上がっても、頭に近い部分が暖かい。
頭寒足熱どころか、これでは正に頭熱足寒!
身体に良いことはありません!

そこで、画像のような壁掛け式扇風機の登場です。
エアコンやファンヒーターの設置場所から、暖かい空気が淀(よど)む場所(天井付近)を探します。
空気の流れは線香の煙かタバコの煙で確認できますね。

暖かい空気が淀みそうな場所にめがけて壁掛け式扇風機の風を当てます。
扇風機の首は振るようにします。

そうすると、のぼせてくることはないし、足元まで暖かい!
室内が満遍(まんべん)なく温められるのでしょうね。

壁掛け式扇風機はホームセンターで購入すると数千円。
簡単に取り付けられます。

壁掛け式扇風機なんて、美観を損ねますか?
でも、施術所内を暖房しても、のぼせるばかりで足元が冷えるようならこれがお勧めですね。

なお、太郎の施術所にあるエアコンは設置して5年以上経ちます。
もしかしたら、今の最新式の物や高価なものでは、のぼせないように空気循環にまで気配りしてくれるのかも知れませんね。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次