「朝、起きると同時に腰を痛めたんです!」

「物を持ち上げる時に、腰がギクッとなりました!」

なんて言って患者さんが来られると、ついつい急性腰痛症(腰部捻挫)だ!なんて先入観を持ってしまいがちですね。

もちろん、病変の確定までには患者さんからの聞き取りをはじめ、患部を観察しながらどのような所見を認めるか検査します。

でも、腰痛症ばかりは先入観を持つことが禁物です。(ー_ー)!!

腰痛を引き起こす病因を大別すると、ゞ擇箒數貘蚕によるもの、椎間関節捻挫など純然たる関節捻挫、D粘嵌張悒襯縫△覆匹寮扱然芦陛疾患、す獣枩(脊柱側弯症などの姿勢異常)のもの、ッ韻覆覿敍疲労に基づくものの他、ζ皺陛疾患に由来するものまで様々です。

このうち、,鉢△六笋燭曾斉酸杏師の業務範囲ですね。

「内科的疾患に由来する腰痛症なら負傷原因なんてないよ!」ですって?

そうですね。
でも、太郎は今まで冒頭に記したような訴えで訪れた患者さんが、結果的には内科的疾患に由来するものだったと言うのを何件か見かけています。

「朝、起きると同時に腰を痛めた」と言う患者さんの訴えは、なるほどそのとおり起床動作に伴って、,筬△僚病を受傷したのかも知れません。
でも、これと同時に(?)内科的疾患に由来する腰痛症も発症したと考えられます。

太郎の経験では、腎盂炎の人もいれば膀胱炎子宮筋腫子宮頸がんの人もいました。

これらの疾患に由来する腰痛症の発症が朝の起床時で、それと同時に腰部捻挫も受傷したと考えるのには難がありますね。

むしろ朝、起きると同時に腰を痛めた(腰部捻挫)のではなく、朝、起きると同時に(内科的疾患に由来する)腰痛症が発症したと考える方がつじつまが合いそうです。

患者さんにしてみれば、朝の起床と同時に腰痛が起こったので、てっきり腰を捻ったと思って来院されたのでしょうね。

これらの患者さんの所見には特徴的なものが見られませんでした。
疼痛部位は患者さんの訴えによって大まかに把握できます。
圧痛は、患者さんによっては認められることもあれば、明確に認められない患者さんもいました。
体幹の運動痛も顕著ではないものの、前屈や回旋に疼痛を訴えることもあり、一見して比較的軽症な腰部捻挫そのものです。

これらの患者さんを初検の段階で見抜けたものはありません。(ーー;)
数回の加療後、経過が思わしくなくて対診し、結果が導き出されたものばかりです。

初検では単なる腰部捻挫と判断して施術を行いますが、1週間ばかり加療を継続しても症状は一向に良くなる兆しを見せません。
中には、1日のうちで疼痛を覚える時間が増えてくるものもあります。

ですから、おおむね1週間の加療を継続しても、症状の改善を見ない場合は内科の先生などに対診するのが賢明かも知れません。

この時は、「依頼状」を用います。
内容は、「上記の患者、○月○日から腰部に疼痛を訴えて加療を行っていますが、○日の加療を経ても一向にその症状に改善を見ません。つきましては、内科的疾患に由来する腰痛も懸念されますので、先生のご高診ご教示をお願いします」などとします。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次