PCL損傷に見られるsag sign




【画像 

sag sign(サグ・サイン)ってご存知ですか?
膝の後十字靭帯(PCL)損傷の際に見られる徴候です。

画像のように患者さんには背臥位となってもらい、軽く膝を曲げた状態で踵を台の上に置きます。
この時、下腿が床面と平行になるようにします。

着目すべき点は、膝蓋尖(膝蓋骨遠位)から脛骨粗面にかけて。

画像では、左膝(向かって手前)が右膝に比べて脛骨近位端前縁が下がっています。

実はこの患者さん、太郎の学校の学生Yuちゃんです。
sag signを認める学生がいるぞ!と言う噂を聞きつけて太郎は、学校附属の接骨院で彼女の膝を見せて頂きました。

19歳の女性。
PCL損傷の自覚はなく、いつ、どのようにして受傷したかも分からないうち、このようになっていたとか。

先天的にPCLがルース(loose=緩んでしまっている)なのでしょうか?(*1)
それなら反対側の膝にもsag signが認められるはずですから、先天的のものではなさそうです。

膝を立てただけでも脛骨の落ち込みが見られる。




【画像◆

sag signを認める人は、【画像◆曚里茲Δ防┐魴擇屈曲させただけでもそれが確認できます。

膝蓋骨の高さに対して脛骨(近位端前縁)が下に落ち込んでいるのが分かりますか?

下腿近位端を少しずつ前方に引き出す。




【画像】

さて、Yuちゃんには実験台になってもらうことにして、下腿近位端部を前方(大腿骨長軸方向)に引っ張ってみましょう。【画像】
前十字靭帯(ACL)損傷の有無を検査する際の前方引き出してストですね。

脛骨近位端前縁が、先ほどの画像よりも前方に出てきたのが分かりますか?

脛骨が前方に出て、落ち込みが見られなくなる。




【画像ぁ

もう少し、下腿を前方に引き出してみました。【画像ぁ
この画像で脛骨近位端前縁は、膝蓋骨に対してほぼ正常な高さにまで回復しています。

健側と比較して落ち込みを確認する。




【画像ァ

sag signはこのように、わざわざ踵を台の上に載せなくても、膝を軽く屈曲させただけで確認できます。

患者さんの膝を検査する際には、【画像ァ曚里茲Δ併莪未鮗茲辰討發蕕Δ海箸多いですね。
ですから、膝の痛みを訴える患者さんにはこの肢位の時に、sag signの有無を確認するのです。

なお、確認は健側と比較して行うと、分かりやすいでしょうね。
【追記】
症例の提供を頂いたYuちゃんには取材依頼すら行わず(よく知っているものですから)、写真を取らせて頂きました。
Yuちゃんには、この場をお借りしてお礼申し上げます。m(__)m

(*1)
臨床では「ルーズ・ショウルダー(loose shoulder)」など「ルー」と発音されますが、looseの正しい発音は「ルー」です。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次