領収証




一部負担金など、患者さんが窓口で支払ったお金の領収証を求められることが多くなってきました。

領収証は、市町村の助成金を受けたり、医療費控除の確定申告を行ったり、傷害保険の給付金請求を行ったりするなどいろんな理由で必要となります。

接骨院では、患者さんから領収書の交付を求められた場合はこれに応じなければなりません。

領収証は市販のものを利用しても構いません。
画像にあるようなものを作っておくと便利かも知れませんね。

なお、一般のお店などでは額面が3万円以上の領収証を交付する場合、金額に応じて収入印紙を貼付(ちょうふ)しなければなりません。

接骨院で3万円以上の領収証を作成することは珍しいでしょうが、何か月分かの施術料金をまとめて領収証を作成する場合などでは額面が3万円を超えることもあります。

この場合は、「印紙税法第5条の規定により収入印紙不要」と記載しておけば収入印紙の貼付は必要ありません。

ただし、この規定によって印紙税が免除されるのは、医療保険療養費支給申請(健康保険施術)上の施術料金に限られます。

従って、交通事故などの自由施術料金をはじめ、施術証明書等の文書料金、サポーターやコルセットなどの雑貨類の販売を行った場合の代金は、額面が3万円を超えると200円の収入印紙の貼付が必要となります。

ですから、保険施術料金とそれ以外の料金をあわせた領収証を作成する場合は、必要に応じてそれぞれを1枚ずつの領収証に分ける必要もあるでしょうね。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次