患者さんに対して保険施術を行った場合、患者さんの一部負担金に相当する額は患者さんが直接窓口で支払ってくれますが、残りの保険者負担分は柔道整復師が指定する銀行口座に振り込まれることになります。

また、自動車賠償責任保険(自賠責)保険施術を行った場合も、その費用は柔道整復師が指定する銀行口座に振り込まれます。

施術所を開設してそれを経営していくとなるとお金の行き来が生じてきますが、患者さんから直接もらうお金以外は皆、銀行振り込みの形がとられますから銀行口座の開設が必要となります。

療養費が振り込まれる銀行口座はどこでも構いませんが、お金の出し入れが便利な銀行が良いでしょうね。

施術所を経営するとなると、設備資金や運転資金などの借り入れが必要となることもあるでしょう。

借り入れを行うためには銀行に出向く必要が生じることもあります。

施術所がある地域に密着した銀行がお勧めかも知れません。

外回りをする銀行員の人は毎日、お客さんの家を訪ねて回っています。
自分の施術所を担当する外交員の人は当然、施術所近辺の家々を訪ね回っています。
外交員の人ももしかしたら、自分の施術所の宣伝を行ってくれるかも知れませんよ。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次