先日から2日続けて、「医療機関への紹介状の書き方」(1) (2)を紹介しましたね。

紹介状というものは、私たち柔道整復師から医療機関に対して書くものだと思い込まれていませんか?

柔道整復師といえども、医療機関から患者さんの紹介を受けることがあるのです。
その時は、患者さんが医療機関で書かれた紹介状を持って施術所を受療します。

整形外科から太郎への紹介状






画像は、整形外科から太郎の接骨院に対して交付された紹介状です。

そこには、次のように書かれてあります。

--------------------

整骨先生

いつもお世話になります。
○○○○殿紹介させていただきます。
昨年12月20日交通事故にて○×病院入院、14年1月16日当院転医。
歩行不能でしたが現在無杖にて歩行可能となっております。
現在膝とか上腕に疼痛を訴えておりますので温熱療法よろしくお願い致します。

3/31 (医師のサイン)

○○県○○郡○○町○○
○○整形外科 ○○○○(印)
電話 XXXX-XX-XXXX

--------------------

交通事故で受傷した患者さんの紹介です。
事故から3か月を経過しても上腕および膝に疼痛を訴えたままなので、太郎の接骨院に後療施術(温熱療法)を依頼されてきたものです。

なお、太郎の接骨院に患者さんを紹介してこられた整形外科にはリハビリテーション科があり、そこでも温熱療法は行えます。

紹介してこられた整形外科は日頃から、太郎が対診をお願いしているところです。

長い付き合いの間に、太郎の接骨院を信頼してくれて、このように時々、患者さんを紹介してくれます。

整形外科と接骨院との間で競合関係にあるなどという話を耳にしますが、このようにお互いの専門を活かし合って共存していくことも可能だと思えるのですが。(^^;

さて、このように医療機関から患者さんを紹介してもらった場合はまず、紹介していただいたことに対するお礼状が必要ですね。

そして、症状の改善度合いに応じて適宜、対診や報告を行えば良いでしょう。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次