テーピングは、スポーツ現場でよく施行されます。
負傷箇所に負荷がかからないように補強(サポート)するものにはじまり、関節の生理的可動域を超えた運動が強制されないように固定するものもあります。
スポーツ現場などで行われるテーピングは一般に、アスレティック・テーピングと呼ばれます。

固定と言えばキャスト材による固定など、関節が全く動かないように固定するものを想像しがちです。
しかし、テーピングや包帯による固定はキャスト材による固定に比較して、固定しながらも一定の関節運動を許可(ある程度の関節運動が可能)します。

テーピング固定や包帯固定は、いずれも固定しながらも一定の関節運動を許可します。
いずれも、厚く巻けば巻くほど固定力は増してきます。
従って、患部に許可する関節運動に応じてそれらを巻く厚さを変えていけば良いでしょう。

また、テーピング固定はそれを巻く位置、方向、強さに応じて、補強を行う靭帯を具体的に特定できる利点もあります。
例えば、前距腓靭帯(ATFL)捻挫で歩行痛を訴える患者さんに対しては、歩行周期の上でどの時期に疼痛を伴うのか特定し、その時期における足関節の肢位で損傷靭帯に負荷がかからないようにテーピングを施行します。

これによって歩行痛が軽減されますが、中には歩行痛が皆無となることも少なくありません。

内反捻挫に対するテーピング




【画像 


近年では、接骨院でもテーピングが多用されるようになってきました。

しかし、接骨院で施行するテーピングはアスレティック・テーピングとは異なります。
アスレティック・テーピングはそもそも、スポーツ活動中のみに限定して固定を行うものです。
従って、アスレティック・テーピングは施行しても、スポーツを終えたらすぐ除去しなければなりません。

これに対して接骨院で施行するテーピングは、治療効果を目的とします。
損傷靭帯を補強して、その靭帯に負荷がかかる関節運動を制限し、患部に圧迫を施します。
スポーツ現場で行われるアスレティック・テーピングに対して医療の現場で行われるテーピングは、メディカル・テーピングと呼ばれます。

アスレティック・テーピングではスポーツ活動後すぐそれを除去する必要がありましたが、メディカル・テーピングは例えば施行した翌日の受療日まで巻いたままにしておくことも可能です。

アスレティック・テーピングに比較して、メディカル・テーピングは使用するテーピングの量が圧倒的に少なくなります。

できるだけ少ないテープ量で巻く



【画像◆



メディカル・テーピングと言えども使用するテーピング量を増やせば固定力が強まりますが、これではアスレティック・テーピングと同じになってしまいます。
結果、固定力は得られたもののそれが強すぎて、長時間巻いたままにできなくなってしまいます。
メディカル・テーピングは、必要最小限度のテーピング量で前述した目的を果たさなければならないのです。

そういった意味からでも太郎は、アスレティック・テーピングよりもメディカル・テーピングの方が難しい(技術が必要)と思います。

ですから、学生の皆さんに対して太郎は、アスレティック・テーピングの理論と実際を学んでから、メディカル・テーピングの理論と実際を学ぶように指導しています。

アンダーラップが出たままなのは×




【画像】


テーピングの本として販売されているのは一般に、アスレティック・テーピングのものばかりです。
20年余り前、太郎はいくつかのテーピング講習会を受講し、その中の一つでメディカル・テーピングについて教えてもらいました。
でも、これまで太郎はメディカル・テーピングの本を目にしたことがありません。(ーー;)

メディカル・テーピングは足のテーピング一つをとってみても、損傷靭帯によって巻き方が異なります。
それだけに、全部を網羅する本なんてできないのでしょうね。
むしろ、靭帯の走行をはじめ、どの肢位でその靭帯に負荷がかかるかなどを考察してマスターすべきものなのでしょう。

一見、同じように巻かれた足関節に対するメディカル・テーピングでも、靭帯を損傷した患者さんに施行して歩いてもらえば差は歴然となります。
まずは、モデルで練習してみて、モデルの人に歩いてもらうなどして固定力の感想を述べてもらい、考察を重ねていくことがお勧めです。

内反運動を予防する



【画像ぁ



整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次