柔道整復師にとって医療保険制度は、切っても切れない関係にありますね。
日頃の施術を行うに当たって、患者さんが受付で提示する医療保険被保険者証はよく目にすることでしょう。
保険種別としては政管健保をはじめ組合健保や市町村国保がありますが、柔道整復師として医療保険制度を取り扱う以上、この制度に対する知識もある程度、備えておく必要があるかと思います。


まず、日本の公的医療保険制度は国民皆保険制度であることはご存知ですね?
日本国民であれば誰でも、何らかの公的医療保険に加入することが法律で義務付けられています。
稀に、いずれの医療保険にも加入していない人が実費施術を依頼してくることがありますが、医療(施療)に携わる柔道整復師としては、その人に対しては国民皆保険制度を説明すると共に、住所地の市町村役場に相談するよう勧めるべきでしょう。


公的医療保険は大きく分けて、次の3つに分類されます。

健康保険(健保)
サラリーマンなどの会社員とその配偶者などが加入。

共済組合
公務員や学校教職員とその家族などが加入。

国民健康保険(国保)
自営業者とその家族などが加入。
農業従事者やフリーター、無職の人も加入。


〃鮃保険は、a)政府管掌健康保険(政管健保)とb)組合健康保険(組合健保)の2つに分類されます。
a)政管健保は一般的に、社会保険と呼ばれている健康保険です。
会社員は一般に政管健保に加入しますが、大きな企業(会社)であったり、同業同種の複数事業主等によって組織されるものでは組合健保に加入することもあります。

9駟櫃癲a)市町村国民健康保険(市町村国保)とb)国民健康保険組合(国保組合)の2つに分類されます。
一般的なa)市町村国保に対してb)国保組合は、医師、薬剤師、土木建築業、理容業など同業種の人たちで組織されるものです。

現在、国民全体の約4割が国保(市町村国保+国保組合)、約5割が健保(政管健保+組合健保)に加入しています。
共済組合への加入は1割弱です。


 a) 政管健保
保険者=社会保険庁(1保険者)
加入者数=3,562万人
加入者平均年齢=37.2歳
老人加入割合=4.6%
1世帯あたりの保険料=16.9万円
1人あたりの医療費=11.5万円

 b) 組合健保
保険者=単一企業または同業同種の複数事業主等によって組織された健保組合(1,584保険者)
加入者数=2,999万人
加入者平均年齢=34.2歳
老人加入割合=2.1%
1世帯あたりの保険料=19.0万円
1人あたりの医療費=10.1万円

共済組合
公務員などが加入。(データなし)

市町村国保
保険者=市区町村(2,531保険者)
加入者数=4,761万人
加入者平均年齢=53.7歳
老人加入割合=24.2%
1世帯あたりの保険料=15.2万円
1人あたりの医療費=16.7万円

(注)
保険者数、加入者数および老人加入割合は平成17年3月末、それ以外は平成16年度データ。
政管健保および健保組合の1世帯あたりの保険料は1被保険者あたり。(事業主負担分を除く)

【データ引用】
「日本経済新聞」平成19年8月13日付け夕刊から


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次