現在、Blog本文枠外(左側)において、施術録をまとめる単位についてアンケート調査を実施しています。
皆さんのご協力をお願いします。m(__)m
なお、アンケートはPC対応となっています。


患者さんの紹介といえば、私たち柔道整復師の側から医療機関に対して紹介するケースがほとんどですが、中には反対に、医療機関の側から私たちに紹介してくれる場合もあります。

その場合、ほとんどの患者さんが紹介状を持って訪れます。

これまでのBlogでは2回、太郎の接骨院に対して医療機関から紹介のあったケースを取り上げました。

「整形外科から太郎の接骨院に届いた紹介状」
「医療機関からの紹介−診療情報提供書」

さて、このように、「医療機関の方から患者さんの紹介を受けた場合、接骨院としてはどのような対応をすれば良いのでしょう?」というご質問がありました。
例えば、お礼の手紙を書くべきなのか?、紹介を受けた患者さんに加療して治癒したら報告すべきなのか?など。

これに関して決まりごとはありませんが、一般論(?)を今日のBlogで話題として取り上げてみましょう。

まず、患者さんを紹介してもらったことについてのお礼を述べようとする場合なら、紹介を受けてすぐ、文書(お礼状)を送るべきでしょう。
この場合、単にお礼の文言にとどまるのではなく、施術の方法について簡単に記しておくのが良いかも知れません。

【例】

お礼状

○○整形外科 ○○○○先生 侍史

患者氏名 ○×○×殿(○歳)

いつもお世話になります。

このたびは、○×殿をご紹介いただきまして有難うございました。
平成○年○月○日に当院を来院しましたのでお知らせいたします。

なお、肩関節に拘縮を呈していますので、ご指示いただいたとおり温熱療法にて機能回復訓練を実施させていただきます。

今後ともよろしくお願いします。

平成○年○月○日

○○県○○市○○(〒XXX-XXXX)
太郎接骨院
整骨太郎(印)
電話 XXXX-XX-XXXX


【例】は、上腕骨外科頸骨折を受傷した患者さんが紹介されてきたものと想定して、そのお礼状を示したものです。
医療機関からは、上腕骨外科頸骨折を受傷した患者さんで、骨癒合は得られたもののいまだ肩関節に拘縮を来たしているとして、その機能回復訓練を実施してもらいたいと紹介状に記されてあったと仮定しています。

医療機関に対して対診を行ったり、紹介を行う場合では、依頼状や紹介状は患者さんに言付けて持って行ってもらいます。
一方、患者さんの紹介を受けた場合のお礼状は、郵送するなどしなければなりません。
ですから、お礼状の中には必ず、患者さんの氏名を書き忘れないようにすることが大切です。

【例】のお礼状の中では、患者さんを紹介して頂いたことに対するお礼に始まり、その患者さんがいつ接骨院を初検で受療したかも書き添えておきます。

さて、一般的なお礼状(?)であれば、このような感じでしょうか?

紹介してくれた医療機関がご自分の接骨院から近いようであれば、この患者さんの症状経過を見ながら、紹介元の医療機関に経過報告を兼ねて対診を行うのも良いでしょう。
また、この患者さんの傷病(このケースでは肩関節拘縮に対する機能回復訓練)に治癒を見込むとき、紹介元の医療機関に対診を行って、治癒を診断してもらうのも良いかも知れません。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次