今月は、太郎の都合でずいぶんとBlogの更新をお休みさせていただきました。m(__)m

さて、この時期ともなると、医療費控除を受けようとする患者さんからは、昨年の施術料金にかかる領収書の発行を求められます。

この領収書は、たとえば1月分、2月分、3月分・・・というように1か月ごとにまとめても良いし、その年(平成20年1月1日〜12月31日)の施術料金を一まとめにしても構いません。

ただ、1か月分とか1年分などのように期間をまとめて書いても構いませんが、家族などの人をまとめて書いてはいけません。

たとえば、1つのおうちにAさんとBさんが住んでいて、その両方が患者さんとして受療してあった場合、1か月ごとにまとめる領収書はAさんの分とBさんの分の2枚が必要となります。
また、1年分をまとめる場合であっても、Aさんの1年分とBさんの1年分の2枚を書きます。

もちろん、1回の施術のたびに1枚の領収書を書いても構いません。

なお、今ごろになって昨年の施術料金の領収書を発行する場合(特に前述したように1か月分または1年分などのように領収書をまとめる場合)は、領収年月日に注意が必要です。

領収書に記載する領収年月日は、昨年の日付けにしておきます。

たとえば、1か月ごとにまとめている場合であれば・・・

平成20年1月施術分=(領収年月日)平成20年1月31日
平成20年2月施術分=平成20年2月28日

・・・などというように。

また、1年分をまとめるのであれば、領収年月日は平成20年12月31日にしておけば良いでしょう。

いずれにせよ、医療費控除の申告に際しては、平成20年分の控除であれば領収書の日付けが平成21年になっていてはいけないということです。

詳細については、国税庁HPをご覧になるか、税務署にお問い合わせ下さい。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次