2012年03月24日07:43臭いの気になる箇所
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

臭いの気になる箇所としては、冷蔵庫も挙げられますよね。
冷蔵庫は比較的お客さんなどには接しない部分なので、あまり気にかけない人もいるようですが、毎日それを開ける主婦にとっては、冷蔵庫の中が臭いと、食材にまでその臭いが移るのではという不安も出てくるかと思います。

そこで、消臭剤を使用する方が多いのですが、それをカマボコの板で代用できたりします。
といっても、カマボコの板を直接置いておけば良いという訳ではありません。
燃やして炭にして、石炭代わりにするのです。
石炭が消臭効果のある事はかなり有名で、消臭剤の中には石炭を使用した商品も数多くあります。
それをお手製で作るというわけです。
ただし、焼く場合は必ずアルミホイルを巻くこと。
じかに焼いては、火事になる恐れがあるのです。



リンク集





■「知・覚・動・考」という言葉は■

健康への第一歩は、味付け?

どんなに失敗しても自分を見限らない

自分のために

『「忙しい」と「頑張ります」は今すぐ封印』

『。。波動。。』

私たちは縁の中に生きている

「運命は変えられる」

見えない豊かさを大切に

ケセラセラに生きる

昨日・3月11日は東日本大震災から1年・・

━━☆幸感力☆━━

・・人生に、楽しさを見出だしたとき・・

『・・ダイジョウブ・・』

・・変化に動揺してないですか・・

。。『変えられるものと、変えられないもの』。。

・・わけもなくわくわくする春・・

『「忙しい」と「頑張ります」は今すぐ封印』

・・再び注目されてる「仰げば尊し」・・

ネットワークビジネス@成功

◆◆超!楽しくて、自由なはずのネットワークビジネス!が◆◆

中高年がネットワークビジネスを成功するためのの王道

中高年を対象としたネットワークビジネス支援サイト

ネットワークビジネス@成功



2012年02月25日10:18【健康の概念について】
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

最近「自分の健康は自分で守れ」ということが各方面から言われています。

このような自覚が暫次広がりつつあることは、喜ばしいことです。

日常の健康管理はたしかに個人の責任ですが、

その前提条件は正しい知識が必要だということです。


たとえば、個人差があることを忘れてはならないという

ことなどが、大事な正しい知識なのです。

人間の能力や環境は、個人によって著しく異なります。


誰もみな同じ人間であるかのような見方で健康論をすすめたり、

独りよがりの健康法を他人に押し付けるのではありませんね。


健康と病気は、ひとつの連続した線上にあるといわれます。

最左翼に健康があり、最右翼に病気があるとします。

両者の間には明確な境界はなく、健康から半健康、

半健康から半病気を経て病気になる。

そして、これらは相互に移行し得ると考えられています。

人間は一生の間に、この線上を右へ左へと行きつ戻りつしながら

過ごすということです。

元 気 ⇔ 普  通 ⇔ 弱った

たとえば健康であるための要因と、

健康であることによる結果とが混同して考えられやすいということです。

めしうまい、かぜひかぬ、快食、快便といかいうのは、

健康の要因ではなく、健康体であることによる現れだということです。

それでは健康の要因とは何か? 

どのような条件にあるときに健康であると言えるのか?

その答えは、「健康とは、細胞が正常に代謝していること」であります。


・・リンク集・・

今年も絶好調!

まず自分を愛して他人を愛す

出過ぎた杭は打たれない

走らず、右足、左足、右足、左足と交互に出して歩こう〜

「適当」・・は、実はたいせつなこと

人生に巡り会える人の数には限りがあります

女性の魅力はいくつになっても自分磨きを。。

自分の結論はよほどの理由があってのこと。。

自分の経済的感覚の基準を意識したことはありますか。。

一人さんの本を久しぶりに読んでみて「ついてる」

『幸せを呼ぶ魔法の法則』〜と言う読み物

ネットワークビジネス@成功

◆◆超!楽しくて、自由なはずのネットワークビジネス!が◆◆

中高年がネットワークビジネスを成功するためのの王道

中高年を対象としたネットワークビジネス支援サイト

ネットワークビジネス@成功



2011年12月27日13:32あまりなじまないはずの風景なのですが
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

紅葉の季節が終わり、木の葉が地に落ちてくる季節になると、
冬の到来を告げる風の音が聞こえてきます。


京都府の冬は、そんな寂しい風景が非常に似合います。


それは、温かみのある和を基調とした京都府にとっては
あまりなじまないはずの風景なのですが、実際に見てみると、
そこが逆に哀愁を誘い、とてももの悲しげな風景に涙するくらい、
感情を揺り動かされるのです。


冬の京都は、とても物静かです。


というのも、盆地は夏には熱が逃げにくくとても暑いのですが、
同時に冬はとても寒いからです。


寒波が逃げにくく、いつまでも留まっているからです。


ですから、お寺めぐりを冬に行う人は少なく、
観光客もこの季節が一番少なくなっています。


とはいえ、だからこそ冬の京都は美しいです。

まず、本来京都府の町並みは、静かなほうが確実に映えます。


和の美しさは沈黙の中にこそあり、ごちゃごちゃした環境だと、
どうにも映えません。


そして、寒いからこそ雪が降り、積もります。


純白の雪を覆ったお寺はとても美しく、荘厳で、そして儚く目に留まります。


お寺のような神聖な場所と、白い雪はこの上なく相性がよく、
ある意味紅葉以上に美しいかもしれません。


そんな冬が徐々に終わりに近づき、3月あたりになると、
各お寺には梅の花が咲き誇ります。


特に梅宮大社は、その名が示すとおり、とても美しい梅の木がたくさんあります。

和風の建築物と梅は、桜に負けないほど収まりがよく、
観光客もこの頃から一気に増えてくるようです。


紅葉の季節同様、この時期も自然が最も映える瞬間ですね。


リンク集



男と女の大きな違い!!

相応が一番

人間は二つの事をしなくてはならない

いかに女性から好かれるか!

本業を犠牲にすると失敗する

ネットワークビジネスに借金は厳禁

ネットワークビジネスに向いている人

ネットワークビジネスの成功法則

あなただったら次に何をしますか?

あなただったら次に何をしますか?

◆◆超!楽しくて、自由なはずのネットワークビジネス!が◆◆

中高年がネットワークビジネスを成功するためのの王道

中高年を対象としたネットワークビジネス支援サイト

ネットワークビジネス@成功

ネットワークビジネス成功法を中高年の方に語ります!