我的博客 〜たわごと日記〜

ブログ再開しました!! 中国圏の方々、中国語お勉強中の方々、大歓迎です。 中国語以外の話題もどしどし触れます。

いま、ラジオ中国語講座で呉志剛さんの授業を受けています。

呉志剛さんといえば、長年ネイティブのゲストをされていて、テキストに書いてある中国語の本文を朗読したり、発音のお手本を示したりされていました。でも、講師としてNHKのラジオ中国語講座を担当されるのは、おそらく初めてじゃないかと。(大学では既に中国語の講師をされているようですが)

授業の内容は主に発音について勉強をしています。

僕は発音に自信がないのですが、がんばってついていきたいと思います。






しばらく、中国語の学習が疎かになっておりましたが、最近中国語の学習を再開しました。今まではラジオの放送の聞き逃しがよくあったのですが、ラジオサーバーを買ってから、そんな事もなくなりました。予約録音ができるのが素晴らしい。




さて、この間習ったのは「着呢」の使い方です。

「着呢」は形容詞述語文の文末において、程度が高いことを表すようです。


中国 的 变化 大 着呢。

(中国の変化は大きいですよ)



久々にブログ再開しますw

東京にオリンピック決まったけれど、素直に喜べないなあ〜

東京は一度やっているからねえ。

日本でも、広島や長崎、四国、北陸とか他の地域だったら素直に喜んだかもしれません(⌒-⌒; )



久々に中国語の歌を聴いてみようかと。

歌は李谷一の「乡恋」

李谷一は、大ベテランで、中国の美空ひばりのような存在のような方だそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=x67jUnrpwwc

(映らなかったらごめんなさい)

さっき、テレビ東京の「ありえへん∞世界」を何気に見ておりました。熱血ヤンキー教師こと三輪光さんが出演しておりました。

兵庫県立飾磨(しかま)工業高校という定時高校の体育の先生だそうですが、問題を抱えている生徒さんたちに柔道を指導しているようです。

テレビで見たのですが、厳しい先生だなあと。

で、ネットで「三輪光」と検索したのですが、三輪先生は、体罰には否定的な見方をしているようです。


「生徒は言葉で十分理解できるはず。体罰は顧問のうっぷん晴らしとしか思えない」


三輪先生のビジュアル的には、「体罰も辞さない」という感じなだけに非常に驚きました。

先生の指導法は、「生徒に手をあげることはなく、叱る際には「原因と理由、改善方法」をセットで説明し、生徒を諭す」そうです。

三輪先生の指導の下、飾磨工業高の柔道部は平成20年に全国大会の男子団体で初優勝。現在、公式戦79連勝だそうです。まさに名指導者と言えましょう。しかし、それだけの実績をあげながら、三輪先生は、勝利至上主義には否定的だそうです。

「いつかは負けると子供に教え、力不足を一緒に受け止めるのも教育」

一概に言えませんが、日本のスポーツ界は勝利至上主義に陥る傾向があります。勝利至上主義も良い一面あるのでしょうが、その弊害も無視できません。時には「負けを知る」ことも勇気だと思いますし、「負け」を経験することで、次のステップにつなげればよいと僕は思います。その点では三輪先生は凄いなと。

三輪先生の指導は厳しいものですが、その一方で「腕や足をかばうようなしぐさを見せた生徒は見逃さず、けがの有無などを確認する。」そうです。これが、体罰教師だったら「根性が足らん!」とぶん殴られるのが関の山でしょう。

この間、テレビで中国語をみました。

講師が陳淑梅先生じゃなくなったのは寂しいけれど、今度の山崎先生も良さそうな先生だと思いました。

生徒役の北乃きいも可愛らしくてよかった。

去年のココリコの田中も悪くはなかったけれど、生徒役は女性の方がいいと個人的におもいました。

藤原紀香が生徒役をやっていた時は紀香の美貌に見とれて、勉強が疎かになったけれどw

ラジオ中国語講座は昨日から始まったのですが、僕が今年度の中国語を聴いたのは今日が最初です。

習ったのは主に発音です。

嬉しかったのは、中国語講座のOP曲が、昔の音楽(北風吹)に戻った事です。

やはり、この音楽を聞くと、中国語講座を聴いたなって感じがします。

先週の金曜日に宝くじを買いました。


なんと、1億円が当たったのです!!

前から欲しかった一眼レフカメラを買おうっとw

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK WZ 200mmダブルズームキット ブラック
Nikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK WZ 200mmダブルズームキット ブラック [エレクトロニクス]









続きを読む

来年度(といっても今年の4月からですが)の「テレビで中国語」の講師が決まりました。

講師は山崎直樹先生。

関西大学外国語学部の先生だそうです。

お顔を拝見したのですが、優しそうな先生だとおもいました。また、何となくユーモアがありそうな先生だと思いました。

陳淑梅先生が担当されないのも寂しい気がしますが、新年度が楽しみです。

来年度(といっても、今年の4月くらいからだがw)の「テレビで中国語」の生徒役は北乃きいがつとめるそうです。

北乃きいといえば名曲「サクラサク」のイメージがあったのですが、中国語も得意なようです。

講師はどなたがつとめるのかは今の時点ではわかりません。

このページのトップヘ