あの〜

お久しぶりです

覚えていただいているでしょうか?

色々と環境の変化とともに、身の回りにも変化があり、更新から足が遠退いておりましたが、元気に生きています

皆様のところにも、ほとんど行っていなかったのですが、昨夜ちょこちょこっと覗かせていただいたら、皆様もお元気のようで、何よりです

更新に気付いていただけるか心配ですが、またボチボチ更新していきたいと思っておりますので、よろしくお願いします

せーのっ!seinorika  at 12:03  | コメント(8)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑感  

近況報告

またまた久々の更新になりました。

とても忙しかったわけでもないのですが、体調不良や環境の変化などがあり、少々お疲れモードのワタクシでした…。

そんな中、三兄弟も日に日に成長を感じさせてくれる毎日。

この前生まれたと思ってた三男コウチャン…。

もう1歳半になりました早いでしょう?
しっかり歩きだしてからと言うもの、朝ご飯を食べたら靴を持って来て、「んっ、んっ」と「お外に連れていって」の合図。最初は午前中に済ませたい家の掃除や事務処理がはかどらず、イライラすることもありましたが、思い切って午前中はコウチャンに付き合うことにして、涼しくなってきてからは、ベビーカーでお散歩や公園などに付き合っていました。

しかし、12月になったら仕事が多忙期に入り、そうも言ってられなくなるので、慣らしを考えて、11月から保育園に出すことに決めました。

そして、保育園初日の先日…。

半分ホッとした気持ちで保育園に連れて行き、オモチャに夢中になっている隙に先生から「今のうちに帰ってください」と目配せされ、置いて帰る感じで、家に帰って来ました。

そして、いざ家の中に入ると、シーンとした家の中になんだか私の方が涙が…。
保育園も三人目で、自分でも慣れてるつもりだったのに、静かな家の中に、今頃泣いてるよな〜とか、ちゃんと言ってから帰ってくればよかった…などと考え、急に淋しくなってしまいました。

そんなコウチャン。当然、大泣きの毎日で、ご飯も喉を通らないよう…。先生方もあの手この手で食べさせようとしてくれているようで、年中さんに在園の次男がコウチャンの教室に来て食べさせたり、コウチャンを次男のクラスに連れて行って食べさせたりしてくれているようですが、カタクナに拒否しているようです。そんな話しを聞き、お昼に迎えに行き(しばらくは慣らしでお昼迎えにしている…)、家でお昼ご飯をパクパク食べる姿を見ると、精一杯抵抗している姿がいじらしくて、また涙がでたりして…。

そして、コウチャンとうとう3日目でお熱でダウン…。

まあこんなものです…。

また体調を整えて、親子で強くならなきゃ!って思っています。私が不安な顔して送り出すとコウチャンにも伝わるから…。

しかも、コウチャン…保育園の前に卒乳の試練もあり、コウチャンにとって激動の最近だったのです。

私も卒乳に代わって訪れた夜泣きに疲れ、体調を崩し、寝込んだりもしました。

でもコウチャンも頑張っているので、私も頑張ろうと思います。



保育園では面倒見のよいお兄ちゃんぶりを発揮している次男。

おしゃべり大好きで、一日中しゃべっています。彼のマシンガントークに疲れることもしばしば。

ただいまお気に入りの「しりとりゲーム」。今まではルールもよくわかってないし、語彙も少なかったので、なかなか続かなかったけど、最近は言葉も増え、けっこう続くようになりました。

先日のしりとりゲームでのこと。

長男「しりとりげーむ」
私「むし」
次男「しばらくおまちください」

私&長男「・・・・・」
(なんや?いきなりシンキングタイムか?)

次男「はやく!!ヒロくんのじゅんばんやろっ!」

私&長男「えっ?」

「しばらくおまちください」って、「むし」に続く言葉だったの…?まあ相手は5歳児、よしとしました。その後も「るるる…とうたう」とか「はい、なにかごようでしょうか」……などと思わずクスッと笑ってしまう言葉も出てきて、お風呂の時間や寝る時間の日課になっています。

そして、冬でも半袖で行く!…と、今だに半袖で頑張っている長男。頼もしくなったものです。保育園時代はしょっちゅう風邪を引いていて、このブログに遊びに来て下さる方々にもだいぶ励ましていただきました。おかげさまでこの半年くらいは一度も熱を出さず、病院も予防注射で久しぶりに行ったくらいです。

毎日泣いていた宿題も、ようやく自分一人で机に向かうようになりました。相変わらず名前の後ろに数字やアルファベットがついたり、宿題の珍回答に爆笑することもしばしば…。いつも「わからない」と泣いていたくせに「得意な科目は?」「算数」と答えるあたりがスバラシイ。国語は苦手のようですが、先日はこんなラブレターをもらいました。(以下、原文そのまま)

「ひろからです

こちょせんせいのです

あなたわすいみぐて ひらおよぎを4くできましたね あらためてしんじています

おめらです

おかあさん☆OK!!」

支離滅裂ですが、表彰状をくれたところだと思います。ありがたいです。

こんな感じの最近の我が家。みんな元気です。今年もあと一ヶ月ちょっと。最後の更新にならないよう頑張ります。

235c8dfc.jpg


せーのっ!seinorika  at 15:15  | コメント(9)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 子供たち  

バーベキュー禁止令

先日の休み、旦那が、

「今年最後のバーベキューをしよう」

と言い出した。

この夏、バーベキューすること数回、毎回なかなか火が興らず、活気のないバーベキューになっていた…。もちろん火興しは旦那の役割。

初回の言い訳は、

「炭が古くて、シケってた」

と言って、炭を買いに行かされたが、それでも火はしょぼしょぼ…。

リベンジさせてくれと懇願するので、新しい炭も用意し、万全の体制で臨んだ2回目。しかしその2回目も火の勢いが弱く、みんな片手に皿、片手に箸を持ったまま、汗だくでウチワを仰いで火を興す父をどことなく哀れむ眼差しで眺めていた。

その時の言い訳は、

「肉の量が少なかった」 から、油が落ちず、火が回らなかった…とのこと。

たしかに、旦那に肉を買いに行かせると、高価な牛肉を平気で買ってくるので、

「グラム298円以上の肉は禁止よ!」

とくぎをさしておいた。いつもいろいろ考えて、買い物に行っている私の主婦としての節約努力も知らずに、旦那に買い物に行かせると、平気で高い買い物をしてくるので、軽い気持ちでくぎをさしたのだが、その日はそのくぎがささりすぎたのか、

ホルモン100グラム…。
鶏肉100グラム…。
豚バラ100グラム…。
カルビ100グラム…。
ハラ身100グラム…。
…と、チマチマ小さい買い物をしてきやがった!!

「バーベキューする」と伝えた上で、100グラムずつ、私の行きつけのお肉屋さんで買ってきて、次行くのが恥ずかしい〜っちゅ〜の!!ホルモンの100グラムなんて、焼いたら縮むので、ホントにちょこっと…。バーベキューって、網の上で肉を掻き回す…ぐらいの勢いでいいんじゃないの???
まあ、男性は…と言うか普段グラムを意識して買い物をしていない人には、わかんなくてしようがないのかもしれませんが…。量が少ないな〜とは思ったらしいのですが、

「ま〜たそんなに買ってきて〜!!」

と怒られるのが怖かったらしい………私は鬼嫁か??

そんなこんなの2回目もしょぼい火の上で、一枚をゆっくり焼く……これじゃホットプレートと同じだろっ……みたいなバーベキューに

それからも、炭の量が少なかっただの、肉が古かっただの、決して自分を責めず、何かのせいにしては前向きに…しかし成長のない旦那のバーベキュー…。

そんな旦那の

「今年最後のバーベキューをしよう」

の申し出…。誰だって躊躇しますよね〜。
だって火興しに夢中になっている間、退屈してウロウロし始める子供たちを注意したり、まだ注意してもわかんない三男コウチャン(1歳4ヶ月になりました〜!)を火傷させないように、見守ったりするのは私の役目で、それに「皿もってこい」「ビールもってこい」と指図されるし、肉は焼けないし…で、我が家のバーベキューはかなりストレスがたまるのです。

しかし、「今年最後」の言葉と、子供たちの「わ〜いバーベキュー」…の言葉に、「今度こそは成功するんでしょうね〜?」と疑いの眼差しで許可してしまいました。

今度はみんなで買い物に行き、お肉も1素磴ぁ▲汽競┐箜は靴眷磴い泙靴拭繊最後の挑戦で、旦那の勢いも違うし、海老やサザエも揃ったし、私も気を取り直して、野菜切りや海鮮の下準備を張り切ってしました。

はい、今年最後のバーベキュー、結果は………………………………………………………………………………………………。

進歩のない旦那に、ぶちギレした私は、家の中に入り、ふて寝しました!!時々、子供たちが、

「おかあさん、そんなにおこらんでもいいが〜。オレたちなかよし5にんかぞくやろ?」

と機嫌を取りに来ましたが、火に近づこうとしたり、ヒバサミを触りたがったり、肉をつかもうとしたり、タレや皿を倒してまわるコウチャンを追い回しながら、火のそばで走り回る長男、次男を注意し、なかなか焼けぬ肉を待つ……いつもの展開になってきた矢先、

「皿とってきて」

と座って、ビール片手にウチワで火を仰いでいる旦那に、ぶちギレて、引きこもりました…私。ビール飲んでる場合かよ??

もちろん、以後「バーベキュー禁止令」を出しました。もともと夜行性でテレビっ子の旦那…インドア派はおとなしく家の中で過ごしてくれ。キミにアウトドアは似合わないし、もう頼まない…旨を丁重に告げました。

「バーベキューすれば、オマエも食事の準備をせんでもいいし、楽やろうと思って、してやってるのに」

「してやってる」ですと???

いえ、子供たちに注意を払いながら、なかなか焼けない肉を空腹で待つストレスを考えると、私が作ってる間、子供たちの面倒見てくれてた方が楽ですから…。

我が家のバーベキュー…来年はないな…間違いない(←ちょっと古い??)。





せーのっ!seinorika  at 21:42  | コメント(12)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 旦那様  

夏の思い出?!

長男の長かった初めての夏休みも無事に終わり、今日から2学期のスタートでした。

忙しいながらも、ヒマを見て、遊園地やプール、一泊旅行…とお金と労力を振り絞って、子供たちの夏の思い出作りに親も頑張りました!!

小学生になるまでは、近所でも子供たちだけでは歩かせていませんでしたが、長男が小学生になり、学校にも自分の足で通うようになったので、この夏は地区内を車に気をつけて、5時半には帰ることを約束に、自由に遊びに行かせていました。

すると、夏休みに何も予定のない日は、家でダラダラ過ごすんだろうな〜と言う予想に反して、宿題を片付け、10時になると、水筒を持って、近くの公園や、近所の散策に出掛け、長男自身も随分、自信をつけたようでした。

毎日、お風呂の時間や寝る前の時間に、

「今日はどの辺りで遊んだの?」

と話す会話の合間に、

「もし、迷っておウチがわからなくなったら、僕は○○○○(←ウチのお店の名前)の息子ですが、僕のおウチはどっちでしたっけ?って聞けばいいよ。」

と話していました。子供の足で歩く範囲の方々なら、狭い街なのでウチのお店ぐらい知ってる方がほとんどだろう…と思い、そう教えていました。

すると、お店に買いに来て下さったお客さんに、

「この前はここの息子さんに、ボクのおウチはどこですか?って聞かれましたよ〜

と言われたこともあり、ホントに迷ったのか、茶化して聞いたのか疑いの目ですが…ちゃんと言われたことを守って遊んでいるな〜と安心していました。



ある時は、次男も休みの日に、長男、次男で隣の友達の家に遊びに行くと出掛けて行きました。その日は土砂降りの雨でしたが、隣だし、大丈夫だろう…と傘をそれぞれ持たせて、出掛けて行きました。

すると、雨の中、隣の友達の家ではなく、公園で遊んでた…と、ずぶ濡れで帰ってきた二人…

「何やってんだ!!」

と怒鳴りつけた旦那様に、怒る気持ちもわかるが、怒るところじゃない…となだめ、ワケを聞くと、

「あめのひのこうえんはどんなかな〜とおもってみにいったら、ぬれたスベリダイをすべったらおしりがどうなるかな〜とおもってすべってみたかったから………」

と、理解しづらい言い訳?理由?が続いたので、半分聞いて、とりあえずすぐに温かいお湯を浴びさせ着替えさせました。

後日、この時も「目撃者情報」があり、「雨の中、二人でずぶ濡れになって公園で遊んでたよ〜」と言われ、赤面の母でした。

そんなこんなの先日。

夕方4時半くらいから、また「遊びに行っていい?」と長男、次男が言うので、もう時間が遅いので、近くの公園ならいいよ…と言うと、近所の「ブランコ公園に行ってくる」…と二人で出掛けました。

しかし、小学校で決められている帰宅時間の5時半になっても帰ってこないので、ブランコ公園を三男コウチャンと見に行くと、ブランコ公園の近所の方が、

「さっきまでいたけど、二人であっちに行ったよ。」

と…。とりあえず指された方に行ってみましたが、大通りから見回しても、らしき人影はありません。一旦帰ってみると、旦那様が「保育園から電話があって今、保育園に来たけど帰るように言いましただって〜。」とのこと。ブランコ公園からはかなり逆方向だし、けっこう距離のある保育園にまで行ってたなんて…と、旦那様に車で迎えに行ってもらいました。

しかし、「帰ってきた??」と一人で帰ってきた旦那様…。子供たちは見掛けなかったとのこと…。時間はもう6時前。

「まったくもう〜」の気持ちから段々…、

「どこかで二人で泣いてるかも。」とか、小さな橋があって川が流れているのですが、「そこに落ちたんじゃないだろうか?」とか、「人目に付かないところに迷い込んだのでは?」

など、不安な気持ちがよぎりました。

時間は6時を過ぎ、まだ帰ってこないので、コウチャンを抱っこして、近所を探しました。

すると、遠くに、今日着ていた赤色の服の長男と、白色の服の次男らしき二人が歩いている姿が…!!

ホッとして、コウチャンを抱きしめ、二人に向けてピョンピョン飛んで手を振り、

「おぉぉーーーい!!!」

と、叫び、走りました。夕焼けも手伝って、センチメンタルさも増し、人目もはばからず、走り近寄る母!!


すると、奴ら………………………………………………………………………………………………。


走り近寄る心配した母の姿を見つけた途端、一目散に逆方向に走りだした!!

しかも、

「キャ〜!!!!お〜に〜ば〜ば〜!!!!!」

と言いながら!!

はあ〜???ちょっとぉ〜!!!

約束の5時半を約1時間も過ぎて、心配させたけど、無事に二人で歩いて帰ってくる姿を見て、怒るつもりなんてサラサラなかった!!感動の対面を頭に描き、母と息子3人、夕焼けこやけでも歌いながら「心配したんだよ〜」なんて話しながら帰る図がピッタリのはずのその光景を見事に打ち破り、帰宅時間が遅くなった馬鹿息子を乳飲み子を抱えて追い掛け回す「オニババ」の図に!!!

あぁ〜、日頃から相変わらず「オニガワラゴンゾウ」と称して、コブシを挙げて家中を追い掛けまわしてるのがアダとなったな〜と、少し反省。

最近は、「こんなに散らかして、足の踏み場がない〜!!」と怒ると、「忍者になってピョンピョンすりぬけろ」と指導(?!)される始末の母…。
それもこれも、子供の成長の証として、よい夏の思い出として綴じておこう〜。

朝晩は随分涼しくなってきました。皆様お風邪など召されぬよう、お気をつけて〜

せーのっ!seinorika  at 20:49  | コメント(6)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 子供たち  

お詫び!!

お久しぶりです、こんにちは〜!!

実は前記事「珍客?!」のツルピカくん・・・。

「本名」だったことがわかりました〜!!ビックリ!!



・・・なので、記事を削除しました。ごめんなさい。
ご本人のプライバシーの問題を考えて・・・(ちょっと遅すぎますが)。

コメントくださった方、個別のお返事できなくてスミマセン・・・。
仕事の方も夏の稼ぎ時を迎え、バタバタとしております。
また落ち着いたら夏休みの思い出を綴っていきたいと思います。

各地で事件、災害等々・・・相次いでいますね〜。
明日はわが身・・・くれぐれも皆様気を付けてくださいね。
あっ、もちろん私も気をつけま〜す!!


せーのっ!seinorika  at 12:00  | コメント(6)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑感  

テーマソング

いやいやいやいや………またまたお久しぶりです。

何とか生きております。相変わらず、忙しい毎日を過ごしております。

長男が起きる30分前に起きてから始まる私の一日。長男を送り出し、ホッとする間もなく、次男と旦那様を起こし、送り出す…その間3時間、すでに一日の全勢力を使い果たしてます。

唯一の癒し系だったコウチャンも、スタスタ歩くようになり、荒らす、漁る、脱走、落書き、破損、破壊…と、寝ている時は天使のようなんですけど〜。すっかり目が離せなくなりました。

そして、3時過ぎに長男が帰ってくるまでに洗濯物をしまい、晩御飯の下準備を済ませ、宿題の監督に備えます。

最近、宿題の名前の後に「○○○○(←長男の名前)2」と…書いていた長男。

疑問に思い、この「2」は何か?と尋ねると、

「ボク、ターミネーターみたいでしょう

あ〜、キミもシリーズ化したのね〜?

って、違いますから…。真面目に書きなさい…とすぐに消させました。

国語で「お」と「を」、「は」と「わ」の違いを学ぶ問題では…。

《問》かぶ「お」ぬく→間違いを正しなさい。

《長男の答え》
→ぬいた

あら、過去形だったのね…って、違うだろーっ!!

《問》はは「わ」やさしい→間違いを正しなさい。

《長男の答え》
→×

なんなの?「×」って…?

問題の趣旨が全くわかってないのか…ふざけてるのか…翌日名前の後ろが「3」に「進化」していたが、早くホントに宿題の(勉強の)出来る我が子に進化してくれ。

そんな毎日…。

次男と保育園までの道のり、天気のよい日は自転車でニケツで行く。二人で歌を歌いながら…。だいたい次男が「今日はこれ!」と決めて歌いだすのに私が合わせることが多いのですが、その歌が、そのまま一日のテーマソングになることもしばしば。

キンニクマンの歌とかポニョとか、そんなのなんですけどね。そしてそのテーマソングがコウチャンの子守歌になっちゃう…。

そんな中、先日はなぜか、私の高校の校歌がテーマソングに…?!
なぜに今更思い出したのか、自分でも不思議なんですが、歌ってみれば、けっこう覚えているもので、いけるいける!と調子よく歌っていると、自転車の後ろの次男から、「なにそれ?」と…。

「お母さんの高校の頃の校歌だよ。ケイもお母さんと同じ高校に行く?」

な〜んて話していて、ふと、

(そういや旦那様も同じ高校だったよな〜)

と思い出した。旦那様とは高校の同級生ですが、当時はほとんど関わりはありませんでした。私は真面目な女学生。旦那様はギリギリ卒業できたくち…。

そういや、テストの時に、工藤静香の

♪わ〜から〜な〜い〜、わ〜から〜な〜い〜、どうなるのか〜

(題名ワスレマシタ)

が、まさにその日のテーマソングで頭をグルグルまわり、ホントにわからなくなった…ってこともあったな〜。

な〜んて、懐かしい思い出まで思い出しながら、帰って旦那様の前で、声高らかに校歌を歌い、

「ねえねえ、この歌、懐かしいでしょ〜。覚えてる??」

と自慢げに聞くと、

「しらん」

と自慢げに返ってきた。

てっきり、「お〜懐かしい〜」と一緒に歌い出すシチュエーションを想像していた私は、目が点。

あ…、あ〜、あんま学校来てなかったから…ね…。「しらん」か…。

ホントに卒業したのかな〜旦那。

長男は旦那の血を引いてるな…と感じる今日この頃。

今月初めの長男の参観日。またまた先生に「何でもいいからまず誉めて下さい」と言われていたので、今回も授業態度では誉めるところがあまり見つからなかった私は、後ろの掲示板に貼ってあった絵が、みんな「横書き」だったのに長男だけ「縦書き」で、貼り付ける先生をかなり悩ませたのが伺える「横書き」集団と「横書き」集団の間の真ん中に貼ってあったことを誉めようかな〜と旦那様に話すと、「さすが俺の息子じゃ」と痛く感激していた…。

あ〜、そこはそんなに感激するところじゃありませんから…。やっと見つけた「誉める」箇所…。

しかも、他の子たちが「ブランコに乗っているところ」とか「恐竜がたくさんいるところ」など、画用紙にコマゴマと書いてある中で、長男の「縦書き」の画用紙には1個の「はんばぁがあ」がいっぱいいっぱい書かれてあった。

なぜに?ハンバーガー?
腹減ってたのか?

まあ、他人に流されず「ワガミチ」を行くところが、短所にならず、長所として伸びることを願うばかりです。


さあ、今日も一日ガンバンベ〜(←次男の大好きなキンニクマンの歌)

せーのっ!seinorika  at 01:38  | コメント(6)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑感  

定位置

6b5e0bfa.jpg先日、某大型ショッピングセンターに行った時のこと…。

車型のカートを出してきたところ、長男・次男・三男がそれぞれ自発的にカートへ乗り込んだ(写真参照)。あこんな乗り方良い子は真似しないでね…。ちなみにこの写真ブレてます。決してアナタの目が悪くなった訳ではありませぬ。

まるで、話し合ったかのように、それぞれの場所に乗り込んで行く息子たちを見て、思わず笑ってしまった…。

そんな休日、そのお店のフードコートでお食事を。
うどん、ラーメン、ファストフード…何でも好きなものを…と野に放った。

長男・次男はお子様ランチをチョイス。私はケンタッキーでセットを。コウチャンにタコ焼とケンタッキーのボンレスチキンを。旦那はマックのバリューセットに生ビール。

それぞれを持ってテーブルへ。

ボンレスチキンを見た長男・次男が、

「あっ、ぼくもたべた〜い」

と言うので、ボンレスチキンを二つ追加。

飲むからつまみ程度でいいと言っていた旦那が、二杯目の生ビールとペッパーステーキを追加。

そして長男・次男がサーティワンのアイスで締め。

よく食う親子だ…と周りの方々は思ったことでしょう。えぇ、もちろん完食でございます。
さあ、また頑張って働くぞ〜?

そんな我が家の近況…。

「1たす1はきりん」

な長男…。(前記事参照)

「6ひく4は?」

の問いに、6本だした指を1本ずつ折り、4つ引いた。残った親指と人差し指を見て、

「ピストル

と元気よく答えた…。

みのもんたのごとく睨みをきかせたのち、

「せいかい

…にした。もういい、そんな答えもあっていい!!国語的数学な考え方だったら、答えは一つじゃなくてもいい!!……と思う。

9月の誕生日までに補助輪ナシで自転車に乗れるようになったら自転車を買ってあげる…と提案したところ、2回の練習で乗れるようになった4歳の次男…エライ!
あっ9月は自転車だな…。約束は守らないとね。

酔っ払いが手土産持って歩いてるかのようにヨタヨタと歩き始めたコウチャン。
でもまだオッパイ大好き〜。
長男の時は次男の妊娠のため1歳2ヶ月で断乳、次男の時は私がインフルエンザになりタミフルを飲むため1歳4ヶ月で断乳。

さて、そろそろ1歳2ヶ月のコウチャンは何をきっかけに断乳しようかな?

今日、長男のクラスの懇親会があり、ノンアルコールだった私…。
次回、懇親会には断乳して、アルコールで乾杯を約束してきました?!

こんな不純な動機でよいのか?

しかし、夢にまで見るキンキンに冷えた生ビール…。

オシャレな店だろうが、カクテルの店だろうが、ビール党だった私…。

さて…、今年の夏は飲むか〜!!


せーのっ!seinorika  at 00:21  | コメント(6)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 家族  

殿様宿題と参観日

長男が小学校に入学して、二ヶ月が経とうとしています。

帰ってきたら、「手洗い・ウガイ・まず宿題」が合言葉で、それが終わらないと、オヤツも遊びもオアズケ…。

そして、毎日の宿題の監督が、私の日課に加わりました。
「こんなのもわからないのか…?!」とショックを受けたり、子供目線でなかったことに反省したり…。長男もわからなくて悔し涙を流したり、その涙をバネに「今日は先生の話しをちゃ〜んと聞いてきたからわかったよ」とスラスラ解く姿にジーンときたり、宿題一つで毎日いろんなドラマ(ちょっとオーバーかな〜?)があります。

しかし、ひとつ気になるのが、父親譲りの「自信過剰」が宿題にしばしば顔をだすこと…。

先日の算数の宿題で、サイコロの目が上下に描いてあり、「あわせたら7になるように点を線で結びましょう」と言う問題がありました。

「できた〜」

と得意げに見せるその宿題用紙を見てびっくり

長男は上手に「同じ目」のサイコロの点と点を結び、上に「3」、下に「4」がそれぞれ余っていたのですが、その点に

「×」

と、書いていた。
そして…、

「これ、ねぇし〜、もんだいまちがってるやろう、ばかやし〜!」

と怒っていた…。


ばかはオマエだ…。


また、国語のひらがなの書き取りでは、

「できた〜、ちょーうめ〜」

と自画自賛…。

今日、免許証の更新に使うから…と証明写真を撮ってきて、

「俺ってこんなにかっこよかったっけ?」

と言って帰ってきた旦那…。血筋だな…

しかも、12枚くらい連写されたその写真を私に見せ、

「1枚しか使わないから、あとはやるよ」

だと

いらねぇ〜!!!!!







そして今日は参観日。教科は「算数」。
なんかいやな予感はしていました。

今日は「9」は「いくつといくつ?」でした。二つの枠が描いてあるプリントが配られ、数図ブロックをその上に置き、左右の枠の中に「1」と「8」…ってな具合に入れて「9」を作って行く…という授業。

ふと我が子を見ると、みんなが熱心に枠の中にブロックを入れて、何と何で「9」になるか作って別紙プリントに書き込んでいる中、長男は熱心にそのブロックを積み上げていた…全体を見回したら、ホントのホントに我が子だけだった…そういうことしてるの…。

そして幸か不幸か、長男は1番後ろの席だったので、長男のプリントを覗き込んで見ると、

「9」は「○」と「○」

…と「○」を埋めるプリントに、

「9」は「10」と「100」

と書いてあった…。

そして、見回り始めた先生に察知した長男は、慌てて消しゴムで消し、まるで漫画の「落ちこぼれキャラ」のように、隣の席の女の子のプリントをカンニングして、写し始めた!!

隣に立っていた、保育園の時からの知り合いのお母さんが、

「ヒロくん、長男っぽくないね。次男がしそうなことするね。」

と小声で言われた…。
多分、三男でもしないな…。
あ〜、穴があったら入りたい〜。

私は小学生の頃は、けっこう真面目で優等生だったんだけどな〜。(オマエの血筋じゃね?)

参観日だと言うのに、ちっとも緊張感がないし、「お母さんが見に来てるからイイトコみせなきゃ」なんて素振りもない。

最近、「いくつといくつ?」や「パンダは上から何番目?」などの宿題にテンバッて、この前なんて、

「1たす1は?」

と聞いたら、

「きりん」

と、答えたしな。

大丈夫かな、アイツ。
なんか心配になった参観日でした。

でもその後の懇談会で、「骨のある魚が食べれない子がいる」とか「傘が巻けない子がいる」とか…いろいろ「えっ?!」って話しを聞いて、

「勉強より、そういうことの方が大事だな。」

と感じた、ノンキな母…。

そして、「今日の参観日で帰ったら必ず何か誉めてあげて下さい。」

と先生に言われ、

「ヒロ、みんな数図ブロックを並べてる時に、一人だけ、積み上げてたね。お母さん、みんなを見回したけど、そんなことしてるのヒロだけだった。誰もしないことをする勇気、すごいよ。」

と誉めた私は、今はやりのモンスターペアレントだろうか??





せーのっ!seinorika  at 21:33  | コメント(8)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 長男  

びっくり箱

雑草や花、砂の中に混じっている小さな貝殻…などを拾うのが趣味(?)の次男…。

前記事にも書きましたが、つくしを摘んで来た日には、アスパラを…、水仙の葉みたいな雑草を摘んできた日には、ニラを買ってきて代わりに見立てて「美味しいね〜、ありがと〜」と褒めちぎっていました

すると、子供って単純…というか、かわいいもので、いろいろ拾ってきたり、摘んできたりしてくれるんです…。

1ヶ月くらい前のこと…。お菓子が入っていた紙の箱に近所の庭に落ちているウメの実をたくさん拾ってきていました。

「これタキタキ(炊き)してね。」

とお願いされていたので、今度は何の代用品で見立てようか?梅干しでも買ってくるか〜!なんて考えていましたが、次男がその箱をしまい込み、しばらく忘れていました。

そして、今日。次男が見覚えのある箱を持ってテーブルへ…。

まさに、あの時のウメが入った箱!!

私はいや〜な予感がしました。熟れ頃をちぎったわけではなく、落ちていたウメ…。きっとムシクイや腐れだったはず…。

箱を開けようとする次男に、あわてて、

「ちょ〜っと、まった〜

とストップをかけました。

しかし、時すでに遅し…「なんで?」顔の次男が、その箱を少し開けると…………………………………………………………w(゚o゚)w

箱の隙間から酸素を求めて「ブト」のような虫が数匹飛び出して行きました〜!!

慌てた私は本性丸出しで、次男に即、

「しめろ〜?!!!!!そして、すぐに捨ててこ〜い!!!」

と怒鳴りました!!

次男は、そんな私に恐れをなしたか、それとも変わり果てたウメの姿にびっくりしたのか、まるで時限爆弾でも持つかのように、両手を伸ばして箱を持ち、そろ〜そろ〜と私の指示通り、外に置いているごみ箱に捨てに行きました。

後で、箱の中のウメがどうなっていたか、次男に聞いてみると(少し開けた時、私の方からは飛び出した虫しか見えなかったので)、

「マッシロになってた」

とのこと。




カビだな…きっと


せーのっ!seinorika  at 23:19  | コメント(6)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 次男  

祝・祝!!

いやいやいやいや………………。

お久しぶりです〜。

超多忙につき、当ブログ、だいぶさぼっておりました。

その間、長男は無事、入学式を終え、黒いランドセルを背負って、元気に小学校に通っております。入学3日目くらいに、校内で迷子になり、涙が出た日があったそうで(連絡帳先生談)、

「がっこう、たのしくない」

と大きな目をウルウルさせて言い、その晩はかなりうなされて寝ていました(笑)。

登校拒否でもなったらどうしよう〜と思いましたが、翌日「楽しい日もあれば、楽しくない日もあるさっ」と元気よく送り出し、トボトボ頼りなげに歩いて行く後ろ姿に

「頑張れよ」

と、祈るように見守ったものです。

それからは、

「きょうはまあまあ」
「きょうはたのしかった」
「きょうはきゅうしょくぜんぶたべたよ」
「あたらしいおともだちのなまえおぼえたよ」

と、楽しそうに通っている様子で、ホッとしています。




そして今日(これを書いている26日)は、三男コウチャンの1歳の誕生日でした。

早いものです〜。

ムチムチして、抱いているだけで、心穏やかな気持ちにさせてくれるヌイグルミのような「癒し」をくれるラブリーコウチャン〜

…と、思ったのも最初の半年くらいまで…。

今や、つかむわ、たたくわ、つまむわ、かむわ………兄二人を、

「んっ、んっ!」

と、従えて、一番威張っています。

あ〜ゴロンゴロンしてた頃のコウチャンが懐かしい〜。

今日は誕生ケーキの写真でもアップしようと思っていたのに、

「こら、なめるな!」
「こら、さわるな!」
「だれか、コウチャンつかまえとけ〜!!」

とケーキを箱から出すだけで、てんやわんや…。
写真を撮る間もなく、ケーキの上の飾りはなくなり、一本のろうそくが短くなるまで、

「こんどはボクがふーっする〜」
「こんどはボク〜」

と、かわるがわる兄貴たちの儀式があり、当のコウチャンは目を白黒。

賑やかな誕生会でした。

明日は、長男の入学祝いとコウチャンの1歳の記念写真と家族写真をスタジオに撮りに行く予定です。

今年は年中さんに進級しただけで、とくに祝い事のない次男も、扁桃腺の手術以来、とても元気で、熱を出しても一日で下がるようになり、前のように高熱が一週間も続いていたのがウソのようです。毎日、よく食べ、よく寝、よく遊び、よくしゃべり、元気いっぱいです。毎日、どうしたらそんなに真っ黒になるの?というくらい、汚れて帰って、頭から砂が出てきたり、パンツからホコリが出てきたり、毎日ビックリさせてくれます。つくしや雑草を摘んできては、

「おか〜さ〜ん、このおやさいでごはんつくって〜」

と、持って帰ってきてくれるので、ハハは翌日アスパラやニラを買ってきては、

「これはケイが摘んできてくれたお野菜だよ〜。ありがとね〜。美味しいね〜。」

と、かわゆい(?)ウソをついています。

そんなこんなの近況です。
長男の入学に合わせて、私の起床時間も今までより早くなり、当然、夜も「眠る」というより「気を失う」と言う感じの寝付きのよさ

親も子も一生懸命の4月でした。

また生活のリズムが板に着いてきたら、バンバン更新頑張ります〜。

せーのっ!seinorika  at 00:38  | コメント(8)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 家族