ブログネタ
やっと観た、観そびれてた映画。 に参加中!
Gyaoも放送が今日までなんだけれど、この映画も劇場公開の時に見に行かなくてちょっと後悔した映画だった。

ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション


運良くGyaoで放映していてぎりぎり間に合ったので昨日は午前中はこの映画に見入っていて、夜ももう一度「吹き替え」版で楽しんだ。

戦後60年近くたってやっとヒトラーの最後の様子がぽつぽつと語られてこんな見事な映画となったのには正直感動すら覚えた。

崩壊していくナチ第3帝国と陥落間近のベルリンで荒廃していくヒトラーを中心としたナチ中央部。

それに必死で抵抗しつつ、首都や市民を守ろうとする軍医や将軍たち。

最後までヒトラーに忠誠を尽くそうとする側近たち。

首都も政府もヒトラー総統も見捨てて逃亡する昨日までの寵臣たち。

ドイツは敗戦の時、なんと惨めだったのだろう。

日本も東京を焼け野原にされ、沖縄で数多くの市民の命を犠牲にし、原爆を二発も打ち込まれ、悲惨ではあったけれどここまで無秩序ではなかったと思うんだけど・・・。

この映画をみているとなぜドイツにヒトラーのような人物が台頭したのか良くわかる。

第一次世界大戦の敗戦がドイツにヒトラー総統を台頭させた。

そしてユダヤ人の排斥は宗教上の理由も絡むだろう。

一神教同士の対立と争いは今でも中東などで熾烈な戦いをしているのを見れば明らかだ。
もともとが多神教の日本人には実感しがたいんだけどね

最後にヒトラーは敗戦の責任を負う事もせず、自決し、さらし者になるのを恐れ貴重なガソリンで妻エヴァとともに荼毘に付される。

日本の昭和天皇裕仁は敗戦時も逃げることも自決をすることもせず、戦争の責任を生涯感じながらその命を全うした。

為政者なら自決してはならないと思う。

最後まで責任を負うべきである。(と確信している。)

どこかの故郷に逃げ帰った横綱のような責任感のないヒトラーには腹立たしいものしか覚えない。

話題の横綱同様にヒトラーも所詮気の小さい男だったのだ。

そのヒトラーをブルーノ・ガンツが好演している。
 
2時間35分とやや長い映画だけど見る価値は十分!

敗戦という極限状態における人間模様を見事に描いた映画といえるからね。

この記事をクリップ!

※クリックお願いします。
(^人^) オ・ネ・ガ・イ♪




人気ブログ検索 - ブログフリーク

にほんブログ村 映画ブログへ


やっと観た、観そびれてた映画。 - livedoor Blog 共通テーマ