ブログネタ
やっぱり、おやじロッカーが好き♪ に参加中!
昨日は朝から曇ってて寒かったですね〜。
夜半から雨脚が強くなり、なお寒さが増した感じでした。

それなんで、お風呂タイムはのんびり湯につかりながらじっくりとCircus Maximus(サーカスマキシマス)の2nd Album 「Isolate」(アイソレイト)を聞き込んでおりました。
アイソレイト
アイソレイト

せっかくご紹介いただいたこのCircus Maximus、1stを聞いて2nd聞かない訳にはいかないもんね。
まして私の音楽嗜好にもハマってるときちゃえばなおさらのこと、聴かない訳にはいきませぬ〜。(笑)

この「Isolate」という2ndは約一年前に日本でもリリースされていたアルバムなんだけど、1stのEurope(ヨーロッパ)Followerからかなり脱却し、独自のスタイルを築きつつある感じで非常に好感のもてるアルバムになってます。

(⌒∇⌒)

最初はEuropeからDream TheaterのFollowerに鞍替えかいっ?!なんておもっちゃったんだけど、二度・三度と聞き込むうちにこの抒情性の高さと旋律の美しさはRenaissanceに近いものを感じるようになった。
Renaissanceよりももちろんハードだし、U.K.っぽい部分もあるし、1stと同様に多様性のある仕上がりになってますが、より一層深みがましてるの。

だから聞きごたえ十分なんだわ。

( ̄ー ̄)ニヤリッ

しかしこのバンドのVocalistマイケル・エリクセンは歌うまいわ。うん。
ちょっとFair WarningのTommy Heartを彷彿とさせる声量たっぷりのクリアなハイトーンはこのバンドの財産ともいえるわね。

Dream TheaterのFollowerなんていわせないぞ!という意気込みがこのアルバムにはみなぎっているように思えてならない。

1. Darkened Mind
2. Abyss
3. Wither
4. Sane No More [Instrumental]
5. Arrival of Love
6. Zero
7. Mouth of Madness
8. From Childhood's Hour...
9. Ultimate Sacrifice

#5. Arrival of Love なんてメロディアスで日本人受けしそうな楽曲なんだわ。
Vocalのマイケル・エリクセンの本領発揮ですよ〜。

ここまで聞かせてくれるのなら、あとはライヴですっ。

はやく来日して〜とひたすら祈るしかない今の私なのでした。

やれやれ ┐(´д`)┌