ブログネタ
やっぱり、おやじロッカーが好き♪ に参加中!
先ほど他のブロガーさんのところでこのニュースを知りました。

livedoor ニュース・LOUDNESSのリーダーでドラムスの樋口宗孝、逝去


いやぁ、私、今の今まで彼が「肝細胞がん」だったんて全然知らなくて。

私にはLazyだった時の方が印象深いんです。
LOUDNESSはほとんど聞かなかったので

しかし三回にも及ぶ化学療法に肝臓摘出Opeでしょう、よく耐えて頑張ってきたと思う。
憶測だけど抗がん剤使用で体力も削がれ、状態良くなくて、Meta(転移)もあったんでしょうね。きっと。

肝細胞がん(HCC)ってことだけでどんなに大変な闘病だったか推測できるもの。

本当にお疲れ様でした。

ご冥福をお祈りいたします。。。( ̄人 ̄)合掌

しかし12月は私の誕生日があり、Uliの誕生日があり、Paul Rodgersの誕生日がありとそれなりにうきうきする月なんだけれど、なぜか好きなアーティストの命日も多かったりするのよね。

12月4日は私の誕生日でもあるんだけど、好きなGuitaristのTommy Bolin(トミー・ボーリン)の命日でもあるわけ。
だから毎年ちょっと複雑な思いで自分の誕生日を迎えるの

日本ではあまり、というか評価の低いGuitaristなんだよね、Tommy Bolinって。
確かに日本公演ではドラッグ(ヘロイン)の副作用のせいで指がマヒしてうまくギターを弾くことができなかったのだから評価が低くても当たり前なんだけどね。。。

そしてTommy BolinがGuitaristとして参加したDeepPurleのCome Taste The Band(カム・テイスト・ザ・バンド)はFunk色が強くてリリース当時日本での受けも悪かったしね。

Come Taste the Band
Come Taste the Band

Ritchie Blackmoreの後任というプレッシャーがドラックに彼をより深く引き込んでしまったのかもしれないけれど、このアルバムがそんなに悪い出来だとは思えない。
私は逆にDavid CoverdaleとGlenn Hughesのツインボーカルにはよく合った新しいDeepPurpleのサウンドだと思うんだけれどね。

DeepPurple解散後、リリースしたこのTeaser(ティーザー)というアルバムは彼のVocalとしての才能や作曲のセンスなどが証明されたアルバムだと思うね。うん。
ティーザー
ティーザー


今日は訃報からBlogのEntryとなったけれど、アーティストであれ青春の一ページをともに過ごしたわけで、大切な思い出としていつまでも心の中に生き続けていくでしょう。

天国で安らかに・・・

そして先に天国にたどり着いたみんなで楽しくJamってちょうだいね〜

しかし、そうなると地上より何倍も凄いセッションができそうね