これからこれから

https://youtu.be/_qHtri_3Fso
誰も真似できないスーパーゴール

お疲れ様です。
いつもありがとうございます。
なかなか、指導(コーチ)に行けない立場(せんせーは幼稚園に来るなって言ってんのにサッカー行ってんの?と。)におり、申し訳ありませんが、新年度の皆さんの活躍と躍進を他の指導者同様祈っております。
閉ざされたチームでの練習、対外との試合。
この間(かん)にできること
この間にできないこと
この間にやらないこと
この間にやれないこと
この間に極めること
この間にサボること
この間に伸びること
この間に考えること
色々とありますが、
縛られた時間がないだけ、あなた(晴嵐の子どもたち)が「自分で決断する(きめる)」時間や事柄が増えました。
上手くなりたい奴だけが、上手くなれるチャンスが来たのかな。
キック力極めるのもよし、
持久力高めるのもよし、
戦術学ぶために動画を見るのもよし、
ディフェンスのために足腰の筋力上げるのも、
限られた友達と、安全なコミュニケーション取るのも良いと思います。
まだ、晴嵐もスポ少も死んだわけじゃない!
これからこれから。

We will win!(from White River)


面白いやないか。

手洗いうがいも消毒も、サッカーも。
image

サッカーと学校生活は同じだ③

サッカーと学校生活は同じだ③
今、身についたことはずっと忘れないはず。
あいさつ

小学校の頃、青山コーチに言われました。
グラウンドでは見た大人全てにあいさつをしろと言われた。
一回あいさつをしても、もう一回顔を合わせたらもう一回あいさつをしろと言われた。
数年前、卒団式で廣澤コーチも言ってました。あいさつをして「なんじゃこら!」と怒ってくる大人はいないと。
晴嵐のメンバーは、試合の時、
帽子、ネックウォーマー、手袋を外して本部へあいさつをしているか?
礼儀と、誰かに教えられるほどでないとならない。
試合前にあいさつする時、手袋を外して握手をしているか?
相手の目を見ているか?
そのあいさつの言葉に気持ちはこもっているのか?
グラウンドに入る前、グラウンドにあいさつしているか?
試合前にするのか、練習前にするのか?
そもそも、練習にやってきた時、階段を下りた時に、グラウンドを目の前にした時にするのか。
窮屈になりすぎるのも面白くないですが、
形になったあいさつも必要、それ以外の場面に応じたあいさつもできればなおよい、と思います。
今、身についたことは、ずっと忘れないはず。

審判を信用するな、疑え。

審判を信用するな、疑え。

これは、吹かれた審判のジャッジが間違っているじゃないかと、異論を唱えろ、文句を言え、ということではないことをあらかじめ念頭においてほしい。

すぐタッチラインを割った(出た)と、手をあげるやつ。
すぐオフサイドだと、FWを追いかけるのをやめるDF陣。
すぐファウルだと審判にアピールするやつ。
すぐゴールだと叫び、ライン側のボールやこぼれ球を追いかけないやつ。
よくある光景です。
そんなことしても何も変わらない。
意味がない。
続けなければならない。
笛が鳴るまで、自分の続けたプレーが止(と)められるまで、やめてはいけない。
「出てないはず」「きっとオフサイドだけれど、オフサイドでないかもしれない」と審判が「吹かないかもしれない」と疑うことが大切だと、思います。
自分の思った通りには試合は運ばれないのだと、審判は不利な状態で試合を進めるはずだと疑わなければ、結果、もったいないことになると、思います。
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ