政府の教育再生懇談会(座長・安西祐一郎慶応義塾塾長)が26日に福田康夫首相に提出する第1次報告が25日、明らかになった。日本の国際競争力を高める観点から英語教育の「抜本的強化」を強調、小学3年から英語を必修化させるほか、毎年10万人の高校生を英語圏に留学させることなどを提言した。
 …懇談会が英語教育についてアジア諸国と比較したところ、日本で中学校までに教える単語や語句の数は中国や韓国、台湾の小学校終了時と同程度でしかないことや、教科書の分量も日本が各国の半分以下で中国とは6倍も開きがあることなどが分かった。このため、新学習指導要領で決まった平成23年度から始まる小学5年からの完全必修化よりさらに強化していくべきだとの意見で一致した。

英語 小3から必修 教育再生懇 「抜本見直し」提言 -
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000050-san-soci

参照記事数:72

賛成派は積極的に早期教育を志向しており、むしろ小学校からでは遅いという意見も見られた。消極派の視点は「現場」に向けられ、早期教育の是非以前に人材や専門教育の不足など現実的な課題を提起。明確な反対派は、早期教育によって「日本人」の思考や情操の基礎である国語(言葉)が疎かになる危険性を主張。幼児や子供が英語に慣れ親しむ環境はあってもいいという中立的な意見もある。

Blogクリップは「情報資源の有効活用と共有」を目的とした企画です。著作者の論旨を理解するためには、実際に著作者のサイトを訪れてください。

 

- blogクリップ(ベータ)


■いったん英語への「壁」を6年生が作ってしまうと、教える側としては大変です。 - 子どもと楽しむ小学校英語
http://pub.ne.jp/tatchan/?entry_id=1443335

 

■国が早期の英語教育を推進するといったって、国語があってのこと。国語を軽視する人などいるはずがない。 - 太田市長とれたて日記
http://blog.goo.ne.jp/shimizu_ota/e/7c8880c01722f289a0097ed5b0f66a55

 

■しかし、もっと急務なのは国語力。国語のできる子は英語もできる。国語の苦手な子はすべての教科が下がってくる。実際多くの生徒をみていると、そう感じます。なぜ、最近の中学生は、言葉の意味をこんなにも知らないのか - オンラインで学ぶ英会話
http://blog.goo.ne.jp/tomatomom/e/efdfef98adb7b1fa714c579419bdaec3

 

■小学校では国語など基礎学力向上が急務だ。小学校の英語を進めるには利点や弊害を踏まえ、教えるねらいを明確にしたうえで、指導法を工夫し、中学以降の英語教育の充実につなげることが必要でしょう。 - 英語から見える日本
http://eigotte.seesaa.net/article/98147869.html

 

■母国語と外国語の大きな違い。それは、母国語とは『思考の基本言語である』ということなんです。外国語とはどこまでいっても『道具』なんです。 - 農家の後継者のブログ『土の上から』
http://kweker.blog4.fc2.com/blog-entry-15.html

 

■僕の業界では技術文書は英語で書かれていることもあるけど、ある程度単語が分かれば読める。LとRの違いなんて分かる必要がない。「ある程度分かれば良い」というのが僕の考えです。 - Chrysanth Ground
http://shintaness.blog69.fc2.com/blog-entry-1254.html

 

■次のふたつのうち、どちらが日本に広く海外からの英語の情報を行き渡らせるのに有効だろうか?
・日本人がそれぞれ英語でその情報を読む。
・誰かがその情報を日本語に翻訳し、他の人はその日本語を読む。 - DMZ: 非武装地帯
http://d.hatena.ne.jp/bogenbauer/20080527/1211816428

 

■今、小学校の英語活動とやらの中に入って見させてもらっているけど、子どもの英語教育に携わってもう10年以上になる私から見たら、はっきり言って彼等のやってることは(申し訳ないけど)全くお粗末。 - ルティア
http://lutea.jugem.jp/?eid=262

 

■特にL・R・Nは重点的にやっています。自分の中学時代の英語教育を振り返ると、よくもまあ、あんなメチャクチャな発音を教師は教えていたもんだと憤慨します。そのためにどれだけ回り道をしてきたことかと。 - 必読:携帯電話裏々事情
http://blog.goo.ne.jp/googoomobile/e/de71333c960ceccfc0f0f84e5767b127

 

■英語を話せない教師がリンゴの絵を見せて"apple"と言わせるような授業では、単なる語彙を増やすだけで、それほど英語力向上に効果はないということである。 - 日々雑感
http://blog.livedoor.jp/bardshun/archives/51418314.html

 

■国語教師に日本語教師は勤まらない。英語でも同じことが言えることだろう。 - 生きてるって素晴らしい
http://blog.livedoor.jp/kacchan1238/archives/51335632.html

 

■喋れる英語が必要なら、国語より演劇を学んで表現力豊かにすること。恥ずかしいという日本人独特の感情を取り除くこと。多分こっちのほうが重要だと思います。 - DIARY Side−B
http://kochirou.blog65.fc2.com/blog-entry-481.html

 

■ロクに学校にも通ったことがない外国人労働者は、私の知っているだけでも一ヶ月半〜三ヶ月で日本語の会話ができるようになっていました。それはなぜか?彼らは日本語がわからなければ働けず、生きていけないからです。 - 栄興進学セミナー
http://ameblo.jp/ei-ko/entry-10102746756.html

 

■もしも、国として国民の英語力を高め、国際競争力を高めたいと考えるのなら、小学校の教育では無く、保育園やもっとその前から聴く、喋らせる、会話させる環境を構築する事です。 - 黎明の空の下 〜大地を強く踏みしめて〜
http://tatehito.iza.ne.jp/blog/entry/594384

 

■そんなことするより、国立大学を中心に英語の入試スタイルをTOEFL形式に変えるだけでものすごい効果が出るのに。 - 山根のTOEIC
http://blog.livedoor.jp/yeswithyou/archives/51148890.html

 

■要するに『英語教育』推進派の人間は「合理化」「効率化」の見地から物事を考えているということ。 - 日和見人
http://chikiso.blog73.fc2.com/blog-entry-40.html

 

■英語が話せるようになるかどうかはさして重要ではありません。我々大人が子供たちに対してすべきことは、しっかりと学べる環境を整え、彼らの興味、関心を伸ばしてあげることなのです。 - 緑進便り
http://ryokushing.blog119.fc2.com/blog-entry-28.html

 

■私が理想とする幼児教育とは、思考の過程を尊重するものです。今はとにかく、考えること・学ぶことは楽しい!!と思うだけでいいんです。 - ちょこっと幼児教育♪おこちゃま実験室ブログ
http://ameblo.jp/nabi21/entry-10100340610.html

 

[参考]

教育再生懇談会 - 首相官邸
教育再生懇談会 - Wikipedia