<ビル・ゲイツ氏>経営から完全引退 IT業界の変化象徴 米マイクロソフト(MS)の創業者、ビル・ゲイツ会長(52)が今月末で非常勤となり経営の一線から完全に退く。パソコンを家電並みに使いやすくした基本ソフト(OS)の「ウィンドウズ」を世界に普及させたゲイツ氏の「完全引退」は、IT(情報技術)業界の変化を象徴する。一方、創業以来の支柱を失うMSは、IT業界の盟主としての影響力をどう維持していくかという大きな課題を突きつけられている。(headlines.yahoo.co.jp)

[ブログ界の正論]

■今こうしてパソコンを開くと、「パッ!」窓が開くように画面があくのは、ビル・ゲイツのおかげなんですよね。ちなみに「パッ!」と窓が開くような感じから「ウィンドウズ」らしいですね。今ではあたり前のように使ってますが、その「あたりまえ」を作ってしまうのが凄いんですよね。 - マッキーの日々勉強ブログ
http://kigyoka.jugem.jp/?eid=18


■全世界の会社のパソコンを、趣味の悪い出来損ないOSに統一してくれてありがとう。独占的立場を利用して、優良なソフトウェアとそのメーカーを駆逐してくれてありがとう。JAVAの普及をあらゆる姑息な手段で邪魔してくれてありがとう。それでも貴方がIT界の巨星であったことに異論は無い。 - 真珠鼠は蒼い月の夢を見るか
http://patpatchung.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_ca85.html


■もっと良いアプリケーションは、たくさんあった。MSのすごいところは、普及に必要な要件を徹底的にリサーチし開発したこと。ワープロ、表計算でその要素を遺憾なく発揮した。 - 横隔膜のたわごと
http://blog.goo.ne.jp/song_you40/e/29939603b32e2bb0d01a16bf95819f0e


■マイクロソフトは元々ソフトを売ってナンボの商売です。人を集めて広告収入を得る、という仕組みの会社ではありませんでした。最近、Yahoo!の買収交渉が繰り返されているのは、まさにその点が大きなポイントになっているためです。マイクロソフトは6月末をターニングポイントに、つまり「過去の覇者」となってしまうか、それとも次世代の流れに乗り換えることに成功し、次の30年も覇者であり続けるか、丁度その重要なポイントに来ているのです。ビル・ゲイツがこのタイミングで引退するのは、もちろん前から決めていた事であるとは言え、きっと彼自身の最後の経営判断が働いていたと思うのです。 - ノイテックスWebサイト
http://n-techs.com/item/498


■時代は変わりました.
力でマーケットを支配できる時代は終ったのです. - 書く仕事
http://blog.goo.ne.jp/coollife/e/318673c0ab277095a2738466c0fe857e


■ビルゲイツ氏は ほとんどの資産を慈善事業に投資するそうです 子供に資産を遺しては 子供をダメにするという考えスタートラインを平等にするための 何よりの親心でしょう  - around40の院生Diary
http://ameblo.jp/hui-meir/entry-10111042779.html


■思うに成功者たちは、成功した結果として寄付をするのではなくて、本気で誰かの役に立ちたいと願い、徳を積んできた結果として成功したのではないでしょうか。 - セールストレーダー日記
http://blog.livedoor.jp/bassie_t/archives/51258289.html


■結果として、自分のために学んだことは、他人のためにも役立てることができるのだ。まず、自分のために、自分を鍛え、磨き、自分の足で立つ。それができなければ、だれをも支えることはできない。私はそう思う。 - Entrepreneurshipを探る旅
http://entre.exblog.jp/7256245/


■ただこういった事業が、単なるお金持ちの自己満足に陥らなければいいなと思います。1日1日を生きる事もまま成らなければ、なかなかそういった余裕は生まれないでしょうが、ある程度達成されたならば、魂の救いの部分にまで、こういった影響力の有る方が僅かでも働き掛けてくれれば、世界はより一層変わるのかも知れません。 - Ordinary Man
http://truth123.blog58.fc2.com/blog-entry-20.html


■ゲイツ氏の引退は確実に旧PC世界からネット世界へのバトンタッチの象徴でもあり、我々のようなネットサービスで世界を変えようとする企業には深い感慨もあります。ゲイツ氏に関しては沢山の人物評はありますが、いずれにせよ、少なくとも最も世界に変革を起こした人物の一人で、人類の大きな進歩に寄与された方です。 - 大企業から転進組の社長日記
http://yaslog.connecty.jp/archives/51258159.html

[引用ここまで]

当ブログは、「情報資源の有効活用と共有」を目的としています。著作者の論旨を理解するためには実際に著作者のサイトを訪れてください。記事の選定基準などに関してはこちらをご参照下さい。