2020年11月18日

足の裏から光がでる。

本日は朗人さんの日記より、坂村真民先生から「足の裏から光がでる」をお届け致します。


「足の裏から光がでる」

尊いのは頭ではなく

手でなく、足の裏である

一生人に知られず

一生汚いところと接し

黙々として

その務めを果たしてゆく

足の裏の教えるもの

足の裏的な仕事をし

足の裏的な人間になれ


頭から光が出る

まだまだだめ

額から光が出る

まだまだいかん

足の裏から光が出る

そのような方こそ

本当に偉い人である





以上です。如何でしょうか。

その人は一介の凡夫の中に人知れずおられる。

あまりにも淡々と御勤めをされているので、気付かれる方は殆どいない。

おこがましいとは思いますが、そんな人間になれる様、日々の生活を大切に丁寧に送りたいものです。

足の裏から光が出るように。

Posted by seitai227 at 16:38│Comments(0) 痛みの拠り所 よもやま話 

コメントする

名前
 
  絵文字