2017年01月21日

出産のビジネス化

子供が欲しいけれども、子供が持てないと判った人々の間に、生殖ビジネスが国境を越えてドンドン浸透しているという。


昔から、子供を持てなかった人々は存在していたけれども、医療技術の確立によって、何とかすれば子供が得られる可能性が生まれ、その技術を利用すれば、自分では不可能でも他人に依頼する事によって、子供が得られるという可能性が出来た。

そうなれば、金銭によって、不可能を可能にしたいという人々も増加する。

日本では不可能なコトも、外国に行けば可能になるとなれば、外国に活路を見出す人々も増え、当然、トラブルも増える。

ともあれ、以前、代理出産を依頼した夫婦が離婚したタメにインドから子供が出国出来ないというニュースを聞いたコトがあったけれども、その背景とどう決着したのかというのは、あまりキチンと報道されなかったのか、忘れてしまったのかだけれど、今回上記の本を読んで、ベストとは言えるかどうかは判らないが、それなりの決着を見たのだと判って、少しホッとした。

ともあれ。自分達夫婦の血を分けた子供が存在したとしても、離婚するコトがある現在の状況で、自分達が本当の親ではナイという子供を得る選択をすれば、当然、そうした結果も生まれる可能性は高い。

無理して、子供を持たないという選択も、もっと認められてしかるべきだとも思うのだが、「無い物ねだり」という言葉もある様に、どうしても子供を欲しいという気持ちになる人も多いのだろう。

ともあれ、独身であっても、同性愛であっても、代理出産などの方法を使えば、自分の子供を持てる時代になっているというコトを改めてしっかりと認識させられた一冊。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:04Comments(0)TrackBack(0)親と子を考える

2017年01月20日

我々が為すべきコト

再びの加賀乙彦さんの本なのですが、彼の人生を振り返って書かれています。

「フランドルの冬」から読んで来ているので、ある程度は知っていましたが、それにしても個人的に犯罪を起こすと裁かれるのに、会社などだと日本は責任の明確化がナイと、改めて思った一冊。


死刑囚と未決囚と無期懲役の人達の違いにも、驚きましたが、それにしても原発事故だと、誰も責任を取ってナイ。

それで許されてしまうのでは、故郷を奪われた人に対して気の毒です。

それだけでナク、福島原発事故前であったら、放射線管理区域なのに、平気でまだ汚染している場所に、人々を戻そうとして、報道統制を行っている。

正に、著者の体験した戦前そのものが、今の日本になりつつあるのかもしれません。

そう考えると、歴史の証人である、戦前に生まれた人々がこの世の中に減少しているからこその現代なのかもしれませんが‥‥

実に、色々なコトを考えさせられる一冊ですので、出来ればこちらも読んで頂きたいものです。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:49Comments(2)TrackBack(0)犯罪を考える

2017年01月19日

少し前の本を読んでみると

我々が、かなり前に深刻だと捉えていたコトを忘れつつあるというのに、気付かされます。

というのも、その後に類似のスゴイ問題が起きてしまうと、そればかりに気を取られてしまうのだけれど、実はそれが前段階であったのだなという様に。

ちなみに、そう気付かされた少々前の本はこちら。


著者の本は、とても感銘を受けるというよりも、なるほどそういう考え方もあるか的な感じになってしまうのだが、何となく読んでみたくなって手にする。

ちなみに、奥付を確かめて借りるとは限らないので、結構、前の本だなと思ったら、十五年以上も前の本だった。

しかし、中に東海村で臨界事故が起きていたという話題があり、原料であるウラン化合物の粉末を溶解する工程で本来の手順を裏マニュアルによって、バケツを用いるという杜撰な事故があったコトを思い出した。

思えば、福島原発の事故があまりにスゴ過ぎて、全く忘れていたワケではナイけれども、意識の下に沈んでしまっていたのだが、結局、そうした杜撰さが福島原発の全電源消失という事態を招いたのであろうと感じた。

ほんの少しのコスト軽減の為に、結果としてみれば多大な損失を招いたという馬鹿げた話なのだが、もう少し前に、こうした原子力に対する安易な考え方を改めていれば良かったのではないかと思った。

それ以外にも、バスジャツク事件とか、ドクターキリコ事件とか、あの時は真底驚いたコトを思い出して、その時の反省を今に繋げる努力を我々はしているのかというコトに、改めて思い至った。

ニュースの異常さに反応するだけでナク、問題の本格的な解決にまで目をしっかり光らせる気持ちを我々はチャンと持たなくてはナラナイと改めて認識した。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:49Comments(2)TrackBack(0)日々の雑記

2017年01月18日

素晴らしい一冊

今の今まで、しっかり読んでいた本がこちら。



大好きな加賀 乙彦さんの人生訓みたいなお話ですが。

今も、「永遠の都」の続編を書き続けていらっしゃるかと思うと、ワクワクします。

若い頃から、長編小説を愛読していたので‥‥

日本という国が、個人を大切にしない国であったとしても、「市民」として変革して行こうという強い意思を持たない限りは、我々の責任であるというコト。

そして、自分自身の考え方を変化させ、生きるというコトに対して、単なるポジティブ・スィンキングでなく、本質的に粘り強くしっかり前を向いて生きるという考え方をしなければダメであるというコトを、諄々と説いています。

本当に良い本なので、お暇があったら是非とも読んで頂きたいものです。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:39Comments(2)TrackBack(0)超おすすめ本

2017年01月17日

もしかしたら傑作かも

春日武彦という精神科医の本は、結構、何冊も読んでいる。

どうも、腑に落ちるとか、感服するという気がしないのに、読んでしまうのだが、この作品は別。


アドラー心理学を提唱したアドラーは、人は自分が克服したいと思う分野に進みたがるが、克服出来れば素晴らしく達成感のある人生を送れるという趣旨のコトを述べていて、数ある心理学の中でアドラー心理学を一番気に入っている者としては、おそらく著者もそういう部分があってこそ、精神科医への道を進んだのであろうと感じていた。

そして、今回、そうしたバックグランドを公表したコトで、今までの本とはかなり違って、心に響いて来る。

連日の複数回の雪かきが、まだ続いているので、まだ最後まで読み終えてナイのは残念だが、ともあれ、読み終わって全てを簡略化して書くという行為は、本を読みたくなる方々を減らすので、以前から控えている。

というのも、何冊もアットランダムに結構速いスピードで読む為に、本代も馬鹿にナラナイのと、繰り返し読みたいと思う本は、本当に少ないというコトで、図書館で大半を借りる者として、そんな行為をしていたら、読みたいと思う本が、決して世の中に出回らなくなるコトは自明の理だからである。

良い本をなるべく褒めて、出来れば入手したいと誰かに思って貰いたいし、でナクとも借りてでも読んで欲しいというのが、このブログの最大の使命と思っている。

なればこそ、至福の読書が可能になるからではあるのだが‥‥

ともあれ、この著書の本の中では、現在までに於いて、最大の素晴らしい本であると思っているので、精神科医の内実に興味の在る方は是非。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:29Comments(2)TrackBack(0)オススメ本

2017年01月16日

シュレディンガーの猫

連日、何度もする雪かきで疲れて、寝てしまったので、更新が遅れました。

降っても降っても積もる雪というのは、精神的にも肉体的にも疲れます‥‥

それでも、雪国の暮らしというのは、それに耐えて生きれるかどうかだったりするので仕方ありませんが。

ともあれ、そんな時に読むには、あまり長文は向かないので、短い文章の方が向いてます。

で、オススメはこちら。


若い人には、あまり共鳴されてナイみたいですが、そういう時代があったのだなとか、今はそういう時代なのだなとか、色々な感想があります。

ともあれ、誰もが自分だけの人生を生きているという意味では、他者とは完全に交わらない。

そういう意味でも、確率論で世の中や人生は計れず、現実は空想とは必ずしも一致するとは限らないという趣旨に同感します。

現実は、それなりに厳しいですが、厳しいからこその生きがいが生まれるコトもありますしね。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:36Comments(2)TrackBack(0)オススメ本

2017年01月15日

過剰に潔癖はダメ

゛アレルギー体質の人が増えているのは、日本の清潔志向の結果であると、警鐘を鳴らすのがこちらの本。


確かに、そうかもと思い当たる部分もあるのですが。

加えて、ソルビン酸などの物質の食物を通しての取り込み。

そもそも、ソルビン酸は食品中の腐敗菌を死滅させる効果がありますが、そうしたモノを摂取すると、腸内の細菌が少なくなるという悪影響を及ぼしている可能性を指摘しています。

抗生物質などもしかり。

一方、摂取を推奨しているのが、乳酸菌。

腸内の善玉菌を増やすと、アレルギー体質も変わるというので、しばらく試して見たいと思います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:53Comments(4)TrackBack(0)医学系知識

2017年01月14日

塩枕を愛用しています

連日の雪かきで疲れております‥‥

何を書こうかと迷ってましたが、どうにも眠くて仕方がありません。

ちなみに、今日はお手製の塩枕を一つ作ってみました。

材料は、最近シーツは四隅にゴムを付いたものにしているので、更のシーツが余ってたので、それを分割しました。

無論、シーツ以外でも、塩が出なさそうな材質なら大丈夫だと思います。

塩を一堝る位の大きさに枕状にして、その中に塩を炒ってから入れました。

チャンとした塩枕で無くても、ビニール入りの塩でも大丈夫なのですが、何となくビニールだと触った感じが悪いので、暇があったら作ろうとしていて、やっと作れました。

何個も作って、使用後は天日干しにして、出来れば何日か干したモノを循環して使うつもりです。

ちなみに、今は寒いので、使う前にレンジで温めてから使うと気持ちが良いです。

というコトで、とりあえず一つだけ完成して、レンジで温めて、疲れて凝り固まった場所に当てていたら、思わず寝入ってしまいました。

皆様も、良かったら作ってみて頂くと良いかと。

ちなみに、袋状に縫う時には、なるべくミシンの目を細かくして、何度か縫うと安心して使えます。

しっかり寝る時には、汗を防ぐタメにもタオルなどで巻くと、汚れたら洗濯がしやすいと思います。

塩はなるべく荒いものを使った方が、枕から飛び出る心配はナイでしょう。

起きている時には、温湿布としてレンジで何度も加熱して繰り返して使えますし、薬の湿布と違って副作用がナイので安心かと。

とりあえず、思い付か無かったので、現在、自分でハマっている健康法をお教えしました。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:12Comments(0)TrackBack(0)日々の雑記

2017年01月13日

雪かきの日々

今年は雪が少なくて楽だったが、今朝はみっちり二時間雪かきに追われた。

今も雪が降っているみたいだから、明日も雪かき決定だろう。

結局、今日のお昼は多少暖かくなったので、ホボ雪が消えてしまったけれど‥‥

でも、だからと言って、雪を放置して融かすと、次の雪の時に地熱が奪われているので、より雪が積もる。

なので、仕方ナイけど、日々、雪をかいた方が後々楽になると思って、退かすしかナイというのが雪国だ。

暖かい場所なら、雪国みたいに大変ではナイだろうとは思うけど、それでも、雪景色は綺麗なので、そんなに嫌ではナイ。

融け残った雪が、ドロドロになるのは、汚いけれど。

融けてしまえば、水になるだけの雪。

ホトンド不毛な感じもするが、明日もしっかりかかねばならぬと思えば、早く休むしかナイ。

今年も、センター試験に被せて雪降りなので、受験生には気の毒だが‥‥

より多くの学生さんが、頑張った成果が出せるコトを祈っている。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:08Comments(2)TrackBack(0)日々の雑記

2017年01月12日

歯の自然再生が可能になるか?

アルツハイマー治療薬を、歯に適用した場合、象牙質を修復する自然なプロセスを促進する作用も認められるという論文を英ロンドン大学キングス・カレッジの研究者らが発表したという。

それにしても、コレが実用化されれば画期的だが、インターネットの普及で世界各国の話題がスグに駆け巡る事の素晴らしさを改めて感じたのが、こちらの本。


薬と毒は、表裏一体の関係にあるというコトを教えてくれるのだが、エピソードの中で、とても衝撃的だったのが、消毒の方法を最初に考えたゼンメルワイスと消毒法を確立したリスターの人生の明暗。

産褥熱は敗血症であるとゼンメルワイスが発表しても、産婦人科医が自分の過失を認めたくナイと無視したタメに、精神状態が不安定になって、精神病院に入院して、失意の内に亡くなったというのに、片やリスターは外科手術の死亡率を激減させたとして、大学教授になり、男爵となり、上院議員までなったとのコト。

二人の生まれた年の差は、九年。

一人は早死にして40代半ばで、一方は順風満帆の人生を歩んで80代半ばまで生きたという。

今から、約200年前に生まれた二人の人生を分けたのは、研究を幅広く伝えられたか否かにポイントがある。

そう考えると、色々と問題もあるけれども、世紀の発見みたいなモノを即座に世界に伝えて、誰かに横取りされずに済み、良い研究が封印されナイというコトが、どんなに素晴らしいか。

ともあれ、教会が薬物を独占管理したが故に、薬草を摘んだり煎じて治してした女性達が魔女として裁かれた過去があり、その流れにジャンヌ・ダルクも存在したとも知りませんでした。

人間は、毒と薬を様々に使い分け、進化して来たのだなと教えられた名著です。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。