伊豆烏賊人☆せいやのBlog

こんにちは、伊豆烏賊人せいやです。  このブログは、伊豆のアオリイカの釣果、テクニックを楽しくわかりやすく紹介しているブログです。

東伊豆を、ホームにエギングをしています、伊豆烏賊人せいやです。 1年中ストロングスタイルで伊豆を駆け回っています。 よろしくお願いします。

読み通り!

伊豆烏賊人 せいやです
夜勤明け自宅で出撃準備をしていると、一本の電話が

何処行くーと笛木さんから

風も西っけですし彼処にしますかー
そーしよー

いざ出撃

ポイントへ到着し海面を見ると、大量のトウゴロウイワシ
image

海鵜も絶賛捕食中
期待できますねーなんて話をしていると、ボコボコっとボイル発生シーバスだ
烏賊は警戒心が強いから、回遊してくるのはシーバスが居なくなってからですねー

風が横から吹く為、ラインは風を考慮し、比重が重いArmaored F+pro0.6号をチョイス
main_eging1














夕マズメローライトの時間帯
まずは、EZ-Q CAST ケイムラゴールドピンク3.5号やケイムラレッドオレンジ3.5号などの派手目なカラー選択
image
image

で攻めるも反応がないリアルカラーにチェンジリアルイソスジエビ3.5号
image
しかし今日のパターンがなかなか掴めないままナイトゲームへ
月明かりに照らされながら、そのままケイムラもいいけど、金テープ、銀テープも使ってみよう
エギの種類を変え、EZ-Q マグキャストで遠投し横の動きのキレキレダートで活性の高いアオリイカを狙う事に
金テープのゴールドオレンジで月の光でフラッシングしている事をイメージし狙うも
image














それなら、リアルアカトラギス3.5号月は微量の紫外線を放出しているのでケイムラ系のカラーもオススメです
image













沖へ向けフルキャスト着水後20カウント位で潮のいい重みを感じたいい潮が効いている
チョンチョンチョンチョンと4回軽くシャクリをいれる

そしてテンションフォールさせると、すぐ答えが返ってきたドン潮の重みではなく重量感のあるエギが押さえられる感覚が手元に伝わる
緩めのドラグ設定の為、スプールを押さえながらアワセを入れるとヒット

ジージードラグが逆回転し沖へ走り出す慌てず慎重にドラグ調整をしながら寄せてくる
岸付近まで寄せるとナイスサイズのアオリイカ

ギャフ掛けしGET
2017-02-02-20-25-02


胴長29cm1100gをGET
image

2017-02-02-20-28-40

横にいた笛木さんにもヒット良型のアオリイカをGET地合いだ地合いだ
2人のテンションがアゲアゲに
ここで空を見ると、月が雲に覆われ始めたエギの種類は変えず、夜光系カラーにチェンジ
絶好調カラーのリアルアヤメエビス3.5号
image













先ほどと同じレンジをキープしながら、4回シャクリ5秒テンションフォールで狙ってくるとツーっとエギが持って行かれるとともに合わせるとヒット
2017-02-02-19-35-27




大満足で終了帰り道に反省会2017-02-02-22-04-32


ガッツリ肉をいただきました

3月発売の、EZ-Q ダートマスターとパタパタQスロー楽しみですね
2017-02-11-04-45-28

                   画像をクリック

image




2016-04-22-11-50-24




2015-05-24-23-29-40



2015-09-07-22-43-18











ゴールデンタイム

こんにちは、伊豆烏賊人せいやです
暖かい潮が入ってきました
ドキドキしてしまいますね
tokai












さて、先日も南西爆風の中出撃して参りました
予報の雨も、さほど降らず気温は暖かかったです

ポイントへ到着し周囲の状況を確認岸から離れた位置で海鵜が5羽捕食を繰り返している
しかも同じラインで捕食を繰り返す
ベイトが溜まっているのかな

水温を計測すると17度
安定してる
しかし、風が回している状況

エギの選択は、飛距離重視でEZ-Q マグキャストを選択

image




600_magcast














夕マズメのゴールデンタイムに突入しているため、ローライトの為、紫外線発光カラーでアピール重視のカラーから
ケイムラマーブルピンク3.5号
image














しかし、烏賊からの反応はなくカラーチェンジ
リアルなカラーにチェンジし狙う事に
リアルイソスジエビ3.5号
image














カチーンとタングステンの移動するいい音と共に沖へぶっ飛ぶ

着水後15カウントし4回軽くしゃくる
テンションフォール(5カウント)を繰り返していると、テンションフォール中にエギに違和感を感じる

よし来た
合わせを入れるとグイグイいい引き
追い合わせを入れ巻いてくる浮き上がった烏賊を見てびっくり横抱きじゃん

追い合わせの竿の方向逆だったか
カンナにも掛かってない

すかさずギャフ掛け
がっつり横抱き陸に上げてもガジガジ餌木を噛んでるww釣られたのわかってない
image

あははは
でも高活性ですねー
胴長28cmの♂
16265627_884432334992627_8364306413058404505_n
お決まりの自撮りで
16174889_884432424992618_2464591027174132610_n
最後は烏賊〆で一撃
16298652_884432384992622_8800213626247489249_n



































エギはこんなになりました入院ですw
16174967_884432468325947_948177266547889032_n 



















その後は、爆風になり撤収
今後もまだまだ行けると思いますので頑張ります

ロッド/セフィアCI4+806MH
リール/SHIMANO ヴァンキッシュC3000SDH
ハンドル/ZPI          ソルティーバ83
ライン/DUEL     アーマードF+PRO 0.6号 
リーダー/DUEL  TB CARBONエギリーダー2,5号
エギ/DUEL EZ-Q マグキャスト リアルイソスジエビ3.5号
 
2016-04-22-11-50-24


2015-05-24-23-29-40


2015-09-07-22-43-18


 10365962_624344474319940_2100741252099750455_n

回遊待ち

こんにちは、伊豆烏賊人せいやです
元気に真夜中から出撃して参りました

上げ始めから上げ止まりまでとある地磯で、回遊待ちをするも、水温は14.5度と低水温
潮位は上がっていくも潮流の変化はなく時間だけが過ぎ、終了


夕方の部にかけるため、帰宅し 爆睡

水戸黄門を最後まで見ていざ出撃

日が落ちた状況でポイントに到着 ウネリが微妙に入る中実釣スタート
マズは水温チェック 17度
こんなに差があるとは
満潮からの下げに移行する時間帯、ワンチャンスを期待

しかし、無反応

辺りは、暗くなり水面を見ると夜光虫が出始める
こんな時、自分の的にブルー夜光が効くんだよなー
image














パタパタQブルー夜光リアルクルマエビ3.5号を選択

まずは中層付近から狙う事に、20カウントしこの辺が中層付近かなと
(初めて行くポイントは、始めにボトム着底させ、何カウントか調査します)

シャクリは、軽く4回ダートしている事をイメージしながらシャクル
フォールは、テンションフォール(水温が低下し、イカの動きも鈍くなっていると思うので長めのフォール)

この流れを3セット繰り返していると、テンションフォール中にツーっとエギが持って行かれる
ウネリの引きとは違う

すかさず合わせを入れると、ジッジィーーーーーージィと緩めのドラグ音と共に逆回転し始める
キロは行ったなーと思いながら、ドラグを1/4締めるもまだ出る
えっ デケー もう1/4締め巻き始める

ズル ズルズルとエギがズレる感覚が伝わってくる
横抱き 竿を横にし追い合わせ
ジィィーーまたしても走り出す カンナに掛かったな

しかし遥か沖で掛かっている為なかなか海面に浮いてこない
焦らず慎重に 無理に浮かせたらダメだ トランキーロ

ゆっくり巻いてくる とやっと浮いた
デッデケー 一人テンションが最高潮に

ギャフ あっオレ一人だ
ギャフ掛けしやすい位置まで誘導しGET
デカイ 11月に釣り上げたサイズと同じくらい
計測開始
メジャーズレましたが、自宅計測で胴長36cm 1800g 冬シーズン胴長自己ベスト更新しました

そしてお決まりの自撮り
興奮して鼻おっ広げ
この時期に伊豆でこのサイズ ロマンがありますね
来週も天気は良さそうなので水温は上昇し始めると考えています。コンスタントに出るのでは?と考えております。

ロッド/セフィアCI4+S806MH
リール/SHIMANO ヴァンキッシュC3000SDH
ハンドル/ZPI ソルティーバ83
ライン/DUEL アーマードF+PRO 0.6号 
リーダー/DUEL TB CARBONエギリーダー2,5号
エギ/YO-ZURI パタパタQブルー夜光リアルクルマエビ3.5号

ギャラリー
  • 読み通り!
  • 読み通り!
  • 読み通り!
  • 読み通り!
  • 読み通り!
  • 読み通り!
  • 読み通り!
  • 読み通り!
  • 読み通り!