2021年12月04日

下井草狂想曲2021.12.4

こんにちは。
穏やかな日差しを受けながら、これを書いています。

10月の自身の誕生日を境にして、生活もだいぶ変化して来ています。
僕にしては珍しく、よく外に出歩いています。
踊ったり、話したりして、家に着いたら、タンゴの復習をしている頃には、もう目が閉じ始めて、気付いたら朝。

なるだけ自身のメロディーにも耳を傾けつつ、作詞も自由に書いていたり。
働いて、家事して、、、と、月日が経つのが早くて、師走はさらに月の半分がタンゴのレッスンやミロンガの予定で埋まりました。とにかく踊ることが愉しくなって来ていて。

勿論、悦楽に耽るだけだと、生活のバランスが崩れたり、自身のアイデンティティにも支障が生じそうなのだけど、年内はこの感じでいきたいな、と感じます。自身の中での息吹や灯、勢いがあるところに集中、エネルギーを投入している感じがします。

そんな生活をしている毎日、僕にとっての憩いの時間が昼休みです。外に出て、新鮮な空気を吸いつつ、空の下でビニールシートを敷いて、持参の弁当をゆっくりと噛みしめるのです。

20211125_123917

こんなに幸せな時間ってあるだろうか。息を吸うことも、そして吐くことも幸せなのです。

そして、ふとこの地球上に生きていることに感謝してしまうし、僕を産んで育ててくれた両親に感謝するし、出会った方々が常に健康で幸せであって欲しいと願うのです。その上で、じゃあ、僕はこの星に生まれて何を発したいのか、放ちたいのか、と立ち返ってみると、やっぱり、これまで生み出して来たメロディーを空気に放つ、宇宙にお届けする、ということなのですね。

モーツァルトの作品はモーツァルト自身が演奏しなくても、とてつもない良質なエネルギーを放っています。何世紀も経っても人に伝わる。きっと人にだけでなくて、鳥や蜘蛛、植物にも伝わっていて、それだけでなくて、洗面台や壁、空気にも伝わっていることでしょう。

僕は何者であるか、ということよりも、僕は僕を知っている。その僕ができることってあるよな、と感じています。それが現在の世間や社会に貢献できるかどうかは別としても、僕という存在が何かしら周りの方々にとって役立っているという自覚はあって、そんな僕が拠り所としているエネルギーが僕のメロディーな訳だから、僕のメロディーを周りの方々にお届けすることも、何かしらよい方に向く、という自覚もあるんですね。

僕が生きている間に、お伝えできるかどうかは分かりませんが、僕が生きていたという証は、これからも残し続けようと思うのです。さて、喉もだいぶ休まりました。今から、また歌い始めます。読んでくれてありがとう。

あおきまさと 下井草にて

2021年11月14日

人生を。食欲の秋

【人生を歌う 人生を踊る 人生を語ろう】

おひさしぶりです。食欲の秋、アオキです。

今週は、ボジョレー・ヌーボー解禁日ではないかしら?
アオキは待ちきれず、昨晩、日本ワイン「月山ヌーヴォー(白)」を衝動飲みし、さらに(赤)を予約しちゃいました(^+^) プふふ。心躍ってしまいます。

学生時代にイタリアのジェノヴァから南仏に入り、ニースのユースホステルへ向かう途中。街は大盛り上がりで、所狭しとワインが山積みに置かれていました。子供達もキャッキャと飛び跳ねています。どの店先でも七面鳥???の丸焼きが暖かいライトに照らされていて。

s-20211114_082817

宿に戻って、この日がボジョレー・ヌーボー解禁日であることを知りました。鶏肉をガブリして、チーズとそれぞれの旅話をさかなに赤ワインを飲み干します。僕の脳内は、デュフィ―の「ニース、馬車の通る遊歩道のカジノ」の色合いに。

s-20211114_082702

心地好い味覚や色彩は蘇ります。体も知覚も覚えているのですね。このところ、タンゴも初々しい気持ちで、幸せな気持ちで踊らせて頂いています。それもこれも踊る相手が、踊る場所が存在してくれるから。ありがとうございます。

五感を至福に。アオキマサト

img816
翌日、ニースから近いエゾ村へ




参考作品「カスタネット」:http://sekaiblue.com/song_detail.php?id=1204・・・この作品はニースで生まれたものと記憶しているので、作詞作曲年月日は1997.11.20ですね〜。

sekai_prune at 08:34|PermalinkComments(0)人生を。 

2021年11月06日

私的随喜:20211105昼

20211105昼

何故、美味しいと感じられる食べ物がこの世にあるのだろう。しかも、甘いもの、塩気のあるもの、みずみずしいもの、多種多様だ。味わっているという至福に浸る。この地球に。ありがとう。

20211029_123930


sekai_prune at 11:39|PermalinkComments(0)私的随喜 

2021年10月29日

人生を。アルゼンチン・タンゴを楽しむ

【人生を歌う 人生を踊る 人生を語ろう】

s-20211029_123953s-20211029_123958s-20211029_124010s-20211029_124015s-20211029_124027s-20211029_124038s-20211029_124046s-20211029_124101s-20211029_124128s-20211029_124135s-20211029_124217

こんばんは。
餃子とワインでメロメロのあおきです。金曜の夜、イエイ!

今日もとってもプリーザントな日中でした。
この地球に住んでいて、有難いな〜と感じるのは、光、そして、風。
お昼休みなんかは、晴れた空の下、巨大な建物と雲の流れを眺めながら、ふと溜息をついてしまいます。そこに風が葉を揺らし、その音を心地好く聞きながら、光を浴びる。そんなランチタイム。

一体、いつまでこの地球を満喫できるのだろう。
そう感じると、ついつい感慨じみてしまって。
泣きそうな顔。笑みで綻んでしまう顔。それらが同居した顔で自身の作った弁当を食べる。これがまた格別に美味しく感じられて、感謝してしまいます。

今月に入ってから、さらに急激に。アルゼンチン・タンゴを踊るのが愉しくなってきています。
え? こんなに楽しいのだっけ? しかも、幸せだ。
習い始めてから3年? 4年? モチベーションだとか忍耐だとかそういった言葉を当てはめながら、タンゴと関わって来たのだけど、今は、純粋に踊ることが楽しい。こういった状態、状況に至ることが出来たことが幸福だ。

僕の踊りのテクニックがどうとか、知識も思いも、すべてにおいて稚拙だということは自覚しつつも、人として何十年生きてきて、人生を味わい深く噛みしめてきた者として、「この星に生まれ、育ってよかった」「僕と踊ってくれてありがとう」「一瞬でも噛み合ってくれてありがとう」「時間を空間を共有してくれてありがとう」そういう想いでいっぱいなのだ。そういう想いを相手に伝えたいのだけど、言葉にすると野暮になるし、踊りで伝わっていないという自覚もあって、であるならば、僕の想いがすんなりとそのまま伝わるくらいに踊れるようになれたら。

BeautifulでWonderfulなライフを。これからもご一緒しましょう。
よろしくお願いいたします。

2021.10.29 21:18



sekai_prune at 21:46|PermalinkComments(0)人生を。 

2021年10月20日

人生を。アルゼンチン・タンゴを習う

【人生を歌う 人生を踊る 人生を語ろう】

このところ、急にアルゼンチン・タンゴを踊ることに喜びを感じ始めています。習い立ての頃の新鮮な気持ち。色んな物事や関係性を踏まえて、多様な魅力・引き出しを擁したタンゴ・バーで楽しませて頂いてきました。

ただ僕にとっては、タンゴはどちらかというと人生の1%、ご褒美という感覚だったんですね。勿論、踊るということは体に直接、入って来ますよね。感受性(触覚、知覚、その他の五感)がそれぞれメロディーにも言葉にも絡んできます。なので、タンゴは1%といっても、実際は生活の中に身体の中に浸透しているんですよね。

歌うと踊りたくなり。踊ると歌いたくなります。それは僕の演目、完全即興の【妄想壁画】や仲間達との【As You Know, Weekend】で見て取れます。歌うだけでは収まらなくなる。逆に踊るだけでは収まらない、という方も多いのではないでしょうか? それでも、個々のエッセンスを踊る方ならば踊りだけに、歌う者としては歌だけに込める訳です。僕の場合は、歌というよりもメロディーに込める訳です。

と、世界ブルー発言は控えることとして。。アルゼンチン・タンゴ。そう。ようやく? でしょうか。タンゴを踊る、ということに興味を持ち始めて来ました。これまでは、あまり上達したいとか、上手くなりたいという欲がなくって。ただ続けることに意義があるかな、とか。健康のためにもいいよな、とか。人生勉強さ。。そういった気持ちで関わって来たんですね。

タンゴだけにとどまらず。人それぞれ何かと対峙する時、関係する時、関わり合い方、どこに興味を持つかって、それぞれ異なるかと思います。なので、今までも今もこれからも、変容する気持ちを持ちつつ、タンゴという人類が編み出した妙、結晶を僕は味わっていきます。かなうならば、ご一緒に踊る方と共有したい。そしてフロア全体で共有できたら最高ですよね。この感覚って、実は、アルゼンチン・タンゴを習い立ての頃に感じた宇宙観なのですね。アポロ感。自転し、公転する。ただ回っているだけでなくて。

昆虫も小鳥達も、それぞれに美しい。そして、僕たち人類も美しい。この世界は美しい。そんなことを感じるのです。2021.10.20夕刻

sekai_prune at 16:51|PermalinkComments(0)人生を。 

おうちで「ぶどうヶ丘」誕生会編

【ぶどうヶ丘で会いましょう】2021年誕生会編

こんにちは。秋晴れの下、これを書いています。
先日、三回に分けて催された、おうちで「ぶどうヶ丘」。
すべての画像をここに公開します。

感想は言うまでもありません。
また、味覚を言葉で表すのは難しいものですね。
一緒に食べ飲みした人にしか伝わらないような気がします。
それは食事というものが、料理だけでなく、会話であったり、場の雰囲気を伴うからです。

という訳で。今回は、珍しく。画像のみを公開します。メニューを添えて。
また、ぶどうヶ丘で。会いましょう。

あおきまさと

1633754612010
会食 その1

1633754606222
1633754624676
バターライス
1633754618745
海老が入った赤いソース1633754628070
鶏手羽焼き1633754632471
チョコ・ケーキ

1633956847292
会食 その2

1633956833260
1633956826145
田舎風テリーヌ1633956830832
鶏肉のバスク風煮込み

1633956847292
会食 その3

1633956839448
バロティーヌ1633956842523
ポテ

s-20211012_144920
チョコケーキ
1634345295241
すもものシャーベット

s-20211009_084855
おうちでぶどうヶ丘特別テイクアウト

s-20211008_191406
サラダ・メリメロ

s-20211008_195932
サンドイッチ

2021年10月02日

宇宙があって 地球があって お袋だよね

下井草狂想曲:2021.10.2朝

20211002_091622


おはようございます。あおきです。
今週から新しいスケジュール帳を用いての生活、というところで、万全な態勢で臨もう!と気持ちが昂り過ぎたのか(笑)、早朝3時台に起きてしまったり、お誘いがあったり、新しく興味を持ったことがあったり、それでいて酔った勢いでレコーディングしたり、で、もう計画を飛び越えて過ごしていました。

10月。穏やかに過ごそうと思ってはいます。が、僕の人生の1%、ご褒美であるアルゼンチン・タンゴ。予定調和を崩すかのように、衝動的に既に予定を埋め始めています。何があったのでしょう(笑)

それでいて、家族との時間も欲しいし。世界ブルーでたっぷりメロディーに浸っていたい。もう、こうなってくると、衝動のままに過ごして、それも自然に落ち着くだろう、と楽観視することにします。計画も立てつつも、そこを超えた衝動があるのなら、まぁ、進もう、と。

何が正解、ということではなく、人それぞれの感性や価値観があって、勿論、自分自身で大切に培って来たものもある。それらを繋げてみたり、絡めてみたり、一方で切り分けてみたり、順序を変えてみたり。色々です。

そんな「色々」な毎日を過ごしている時に、ふと。
「宇宙があって 地球があって お袋だよね」

根本的には、僕らはみな宇宙空間に浮かんでいる地球に生息していて、お袋から生まれているのです。そんな当たり前のことをしっかりと認識し始めると、じわ〜っと来ます。

あと何十年間。この地球に棲み続ける僕。僕ら。何をしようか。どう過ごしていこうか。今日、何をしようか。今日、どう過ごそうか。

よい週末を過ごしましょう。

下井草狂想曲 あおきまさと
2021.10.2 9:55

2021年09月20日

下井草狂想曲:2021.9.20 もう人生これ以上、幸せな日はないのではないか?

s-1632091208294

朝ヨガの前に予めご飯と炊こうと炊飯器を開けると、既に玄米が水に浸かっていた。鼻を衝く強い臭い。驚きながらも冷静さを取り戻して、何度もすすぐ。玄米は嘲笑うかのように臭いを放ち続ける。そんな時に感じるのは、生命力。生きてるんだよな〜、ということ。一粒一粒が生きてるんだ。

いっそのことリゾットにしてみた。チーズにバターにちりめんじゃこに、玉ねぎの酢漬けときゅうりの酢漬け、目玉焼き、最後に黒胡椒を二振り。美味しいではないか!!!

新鮮な風を受けながら。昨晩の一日の出来事を。題して「もう人生これ以上、幸せな日はないのではないか?」です。

s-1632091201285


0、洗濯物を干す。大きな雲が流れ、旅に来たようだ。

1、ヨガレッスンへ行こうとドアを開けると、トンボのつがいが目の前をゆっくりと飛ぶ。

2、帰りはのんびり飛んでいたヒコーキ。数秒目をそらした間、消えてなくなっている。

3、叔母から電話がある。従姉が「まちゃくんのとこなら、収納いっぱいあるよ。一人暮らしで2LDKなんだから!(実際は2Kです)」と、、、せっかくならば誕生日プレゼントとして有難く掛け布団を頂くことに。

4、両親と鰻を食べて、おふくろ手製の寒天登場。美味しい。至福。昼寝しよう。

5、目の前を緑色のトンボが飛んでビックリ。よく見たらカマキリだった。カマキリって、あんな飛距離飛ぶんだ。これも人生初なもんで、何かのサイン?とばかりに「自分にしかできないことに力を注ぎ、真っ直ぐに進むことで道は開ける」 うわ〜。ドンピシャで来たぁ〜! ちみみにこの日も、可愛いクマンバチに、黄色い蝶ちょに、アゲハ蝶も所々で(三羽)頭上を舞ってくれる。2021年は鳥も虫も面白いように頭上を舞ってくれます。

6、もう人生これ以上、幸せな日はないのではないか? とネクタイを締めて出掛ける。

7、ミロンガに参加。人間としての不器用さ。男としての野暮さをさらけ出しつつも、優しい女性達のお陰で楽しめた。ありがとう。

8、家に着いて、母から貰ったばかりの甘酒を沢山飲みながら、8月9月の生曲鼻唄のデータ整理。鼻唄だけで終わらないように、形にしていく。メロディー人生をまっとうする。

9、お風呂に入って十時前に眠れそう。嬉しい。おやすみなさい。


下井草狂想曲 あおきまさと 2021.9.20朝

2021年09月05日

人生を。味わってみて初めて堪能できる(四谷シンルンボblog原文)

【人生を歌う 人生を踊る 人生を語ろう】

突然ですが、一番好きな果物は何ですか?
こんにちは、アオキです。

果物が美味しい季節ですよね。僕は桃が一番好きです。加えて、梨、葡萄。
食後に果物を口にするだけで、豊かさを感じます。親から受け継いだこの習慣は今でも続いています。会社のランチタイムの果物はバナナ。空の下、皮を剥いて匂いを嗅ぎ、口に含んで噛む時の僕の恍惚の顔っていったら。「最もバナナを美味しそうに食べる男」かもしれません。通りがかりの方々に笑われることもしばしば。

今日、八百屋へ出掛けたら「今が旬、無花果(イチジク)」。騙されたように買ってみました。先程食べたら、、、なに? この絶妙な控えめな甘さは。水分を含んだ柔らかさ。美味しい。。。食べてみないと分からないよさ、ってありますよね。

なんでもそうかもしれません。味わってみて初めて堪能できるもの、ありますよね。味覚だけでなくて、場所の持つ雰囲気、初対面の異性と踊った時の感覚、その瞬間、その角度、その歪み。それらから喜びを覚えることもしばしば。

喜びに順序なんてものはなく。ただ尊い。あったとしても、歳を重ねていくうちに好みも変わったり。であるならば。ただただ幸せで在り続ければいいんだ、と。2021年の秋も満喫しよう、と。そんな答えにもならないような答えを携えて、シンルンボで過ごさせて頂きます。

また、お会いしましょう。

アオキマサト

E9jjDYDVcAImXsSf66e233c


sekai_prune at 20:56|PermalinkComments(0)人生を。 

2021年08月22日

バールに立ち寄る感覚で:現実編(メモ書きです)

(世界ブルーのWeb発信やsekaiblue lounge、リアルな喜び、パーティーの在り方、遊びの要素、交友などについて。)

友へ

おはようございます。
今なお、そして、これからも世の中は大変な時代を迎えています。
できる限りのことをしていきたいですよね。
Aokiにできることは? => まぁ、いつも通りやっていきます。

今なお『共に生きている』感覚を受け止めている訳ですが、「Hearing:ヒトにideaをもらう」ことで気付きがあるなぁ〜、という発見。また魅力が増すな〜という喜び。さらに、「今のAokiに出来ること、この環境で何ができる?」と考えてみて、今回メモ書きをお届けします。

世界ブルーの活動のことや、人が心地好く集まるヒント、一週間をどう計画して過ごすか等。「なるほどぉ〜」と感じたメモ書きから、自分本位に置き換えて記載してみます。あくまでもおしゃべりの共通素材として。下記の内容から、人様によっては、慈善活動であったり、職場のマネジメントであったり、お子様の教育方針だったり。

それぞれで感じたことを。それぞれの自己本位を心地好くシェアし合っていけたらいいですね。また、会って話しましょう。

E9WcUj4VgAAPR_d


Human貢献→成長・計画:
安心(Happy)、繋がり・成長(Collaboration、協画)、技術・知見(Audio環境、発信・情報共有のツール)、???(量、作品数)、サービス(音楽配信、ブログ等)

予算&フレームワークの再構築―見える化―Check
多様性の受容/世界ブルーからの発信が世界ブルーのIdentityに成り得るか?のコネクト/DigitalとRealの組み合わせ
集まる人達が求めているものとは? に合わせて空間設計(ヒト起点)=>交流、成長
目標へ向けて実践する中で、使い方を変えていく(循環、方向転換、改善)

集まる・参加する人の幸せが重要
人が集まる→情報・知恵が集まる空間
リアルとバーチャルの融合
ゆるやかに仲間が生まれる
戻ってきたくなる場

時間と場所にとらわれない集まり方
自身の感覚で決まっていくライフ・スタイルへ
環境の変化+快適な環境=>idea up、創造力up
その日の遊び方、心身のCondition、Communicationへの欲求度
→多くのvariationから選び、行動・実践・活動する

頭を柔らかく、自然や植物:モチベーションup、パフォーマンスup

Sustainability:未来がずっと続いていく
アンバサダー、コンシェルジュ
自分の生き方を自分で選ぶ時代
食事を介してコミュニケーションする
Communication、Innovation、Motivation

様々な人と意見交換をして、いろいろな価値観に触れる場の必要性
健康への配慮、過ごしやすい環境、SDGsへの対応
Gameを通して学ぶ→Lesson(座学等)
美術鑑賞、読書、散歩
誰でもいつでも立ち寄れる、みんなが集まる憩いの場
綺麗で心地好いエネルギー / 心身ともに健康 / 安心できる福祉・衛生管理