2015年11月29日

【第二百八十四話】CON TON TON(新宿)1128(いちいちにはち:ゆるセッションナイト)

20151128SunagasanA
ここは どこでもないどこかである。
20151128NakanishisanA
僕たちはみんな日本人なんだけど、それを超えた瞬間。
20151128_213401
僕は思いを馳せるのだけど、もうすでに東京にそれはある。
20151128_181741
昨晩の宴があったからこそ、すがすがしい日曜の青い空を歩くことができる今。
20151128_205354
「すがすがしい朝。昨晩の宴があってこそ。東京って世界だな、と。」
20151128_203041
とんとんとんとん。こんこんとん。かっかっか。
20151128_183009
音が鳴り、体に塗料が施される。
20151128_221943
歌とも言えない歌が空間を舞い、
20151128_205600
混沌と。
20151128_174124_HDR
そうここは。CON TON TON。


20151128SunagasanB
1128(いちいちにはち)に参加してきた。「ゆるセッションナイトやるよ。」そう書かれた文字と絵からは何かわくわくさせるものがあって。「楽器や画材を持ちよって自由にセッションしましょう。音を鳴らし、絵を描き、おどり、あみ物をしたり、詩をよんだり、好きな事をして、1つの時間を創りましょう。」
20151128_183941
主催の須永さんのやさしい呼び掛け。まだ出会ったことのない人達との可能性。どきどき。わくわく。はらはら。そしてそれは、中西さんから誘われた。思えば、2010年秋。中西さんと「いい男関係」をやりたいと思った。ふたりで集会室でゆるいセッションをして。マラカスとやかんと(鍋か?)。結局、震災後僕はなんだかライブというものとは距離を置いてしまって。【いい男関係】という形容のできないライブイベントや集いはやっていない。

でもね。振り返れば、『東京ブラックホール』も


下北沢mona recordsにおけるオールナイトイベントも


いい男関係】のイベントではないけれど、そこには中西さんがいて、僕がいて。そうか。集いの中で【バールに立ち寄る感覚で】たまたま一緒にいて、そして、楽しむ。セッションする。それが【いい男関係】なんだ。まさに【いい男関係】のページhttp://sekaiblue.com/iiotoko.phpに2010年秋当時、書いているではないか!
さかのぼること2003年、すでに二人は同じようなことをやっていた(笑)

「今夜はてんこもりなイベント。凄まじく楽しい宴であった。しかも、参加者の感覚が同期していた。今夜集まったメンバーでまた会いたい。」 そう言わしめた言葉は嘘とか本当という次元のものではなくて、その想いが新しい世界に通じるもので。

「ずっと続けばいいのに」by 長崎さん
「厚みなんて関係ない。厚みって何?」by 中西さん
「絵は過程が見えるから。音は逃げてしまうことがあるし。」by あおき

今度は、いい男盛りとか。男達がステージ上がって。須永さん達がどんどんボディーペインティングしていく。男達は奏で歌い踊る。トークなんかもやっちゃう。どこからどこまでがステージで。どこからどこまでが本番で。そういう際限のない時空間。

僕達は。これから世界を描き続ける。この「1128」という夜は。まだまだ続くのです。

最後にボーナスショットをお届けします。
20151128_221936
紹介してくれた中西さん、CON TON TONのマスター、そして、企画してくださった須永さん。みなさん、ありがとう。また会いたい。コーンコーントーン♪

つづく。

sekai_prune at 23:34│Comments(0)【Party】〜バールに立ち寄る感覚で〜 | Live to Love, Love to Live

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔