2016年06月15日

【Live to Love, Love to Live】四谷LiveInnMagic2016.05.11



おはようございます。あおきです。今日は防音環境強化のためお休みしました! と、その前に先月の会社イベントの模様をここ世界プルーンでも公開します。是非見てやってくださいまし。小曲を3つをノーカットでお届けしています。野暮なトークもそのままお届けです。鍵盤弾き語りの時と違って、ストイックさは全くなく、逆に聴きやすいかもしれません。

それから、この誌面でお知らせです。sekaiblue.comトップページに先ほど情報更新しましたが、2016.8.24(水)にひっさびさに新大久保の大久保水族館にてゆる~くプチ・ワンマン・イベントをやります。テーマは~あの夏は Ever Lasting Gone~。2,3ステージ軽く歌わせて貰おうかと思います。今回掲載しているこのギター弾き語りのステージもどなたかと一緒にコラボレートできたらな、と思っています。ゲストは決まりました! このところ旧交と新交が盛んになってきているので、このあたりで一度、みんなで楽しむ機会を設けるのもよいかな、と感じたんですね。是非、スケジュール予定に入れてくださいませ。詳細はまた後日~♪ では、段ボールを取りに行きます!(笑)2016.6.15朝


20160511_192659
〜「あおきにギターは似合わねーよ。」と親友は言う〜

ハロー・エブリバディー♪ お元気ですかぁ〜♪ 僕はひっさしぶりに熱出してまーす。鼻もすごいです。眼も辛い。風邪ですね。職場の大半の皆さんが四月から、すっごい咳していたので、会社では気を引き締めていたのですが、ライブ会場で油断しました。体が底冷えするくらいの冷房。普段ならマスクをするんですが、自分が出演する時はなるべくお客様や共演者に表情を伝えやすくするために、マスク外すよう心掛けてるんです。う〜ん。それからこの日はアロハシャツで半袖。さらに荷物が多くて汗が凄まじかった。反省点が多いな〜、と思います。でも、これ、活かしたいですね。「体力的に無理はするな。」といったところでしょうか。ギターにベースにCDに他の荷物を抱えながら、夜道を歩くのは、、、二十代の頃と同じことやってるとすぐ体にきますね。

二十代の頃はそういえば、ライブの後は、重いキーボード抱えて帰ってました。バックパックにキーボード入れてたんです(笑) 荻窪駅から自宅までの30分。あれはきつかったな〜。タクシーだけは決して使わない、というポリシーは今も守ってるし、そういう大人にならないでいるので、まだあの頃の熱い想いはちゃんとあるな、と今ほっとしました。

と、本題です。会社での音楽祭は盛り上がりましたねー。すべてにおいてバランスがよかった。お客さんも盛り上がる方もいらっしゃれば、じっくり聴く方もいたり。出演組も8、9組いらっしゃったんですが、決して消費的なステージではなくて、むしろ、一緒にステージやイベントを作っていく、音楽をアンサンブルを楽しんでいる、そんなよい雰囲気がどの出演者からも伝わって来て、素晴らしいものでした。

世の中歩いていれば、すさんでいたり、ふてくされている人々が多い中で、なんで周りにはよいエネルギーを持った人達が沢山いるんだろう、と不思議です。勿論、人それぞれにおいて僕も含めて、よい時ばかりではないけれど、人が集まった時によいエネルギーが結集する、そういう瞬間に立ち会えた、関わることができた、という喜びがあります。

今回僕は、この道?を歩んでからですと、初のギター弾き語りステージでした。冒頭の親友が言うように、ギター、似合いませんね(笑) でも、とっても心地好い音色。僕はミュージシャンではないという自負があるので、楽器演奏そのものにあまり重きを置いていない代わりに、生み出してきたメロディーを歌声でどう表すか、そこに集中しています。独特。世界観。不思議。癒し。鼓舞。エネルギー。色んな方々から感想を頂けて嬉しいです。

これまで生きて来て、これからも生きて行く中で、やっぱり世界ブルーという大きなメロディーの渦にのめりこみたい。そういう生きる糧があったよかった、と。そしてそのメロディー世界を多くの方々に共有していく使命感は時に重く、そこから抜け出したい時もあるのですが、やはり、メロディーで人の気持ちや生き方、考え方が変わる、しかもよい方向へ、という思いは常々あるのです。

20160511_192249


明後日月曜の早稲田つぶつぶカフェにおいても、ギター弾き語りに臨みます。みずき君とハモる予定。お楽しみに! まずは、ぐっすり眠ります。皆様も冷房には気を付けてくださいね〜。2016.5.14

sekai_prune at 10:15│Comments(0)Live to Love, Love to Live 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔