Sekaiblue Airlines

あおきまさと(世界ブルー)の作詞作曲集です。
歌詞、音声、ライブ動画を公開しています。
すべてオリジナルです。

旅先で眺めた風景、夢の中のメロディー、あのひとへ向けた恋慕、少女になりきっての妄想等を発表しています。楽曲提供・ライブ出演のご依頼承ります。連絡先:aokimasato@live.jp(あおき宛)

img522



メロディーに合う風景を探している。
メロディーに合う映像。
メロディーに合う言葉。

膨れ上がってしまったメロディーの数々は、ともすれば散漫となる。
でも、せっかく生まれてきたのだから、大切にしたい。
せめて形にして彼らに日の目を見せてあげたいのだ。

メロディー一つとってみても、形にするのは多大なエネルギーと時間を要する。
それに加えて、メロディーに合う写真や絵画、映像といった視覚的なものを探すのは、創り出すのは、果たして自分の本分なのだろうか? 途方に暮れる。

そんな時に気付いたのだ。
視覚的なものからメロディーを生み出すのは自然とやってきたのだから、
その逆、つまり、メロディーに合う風景も自然に出会えるはずである、と。
しかも、時間軸を超えて。
過去に出会ってきた風景が結びつくこともあるのだ、と。

ルクセンブルク 秋
秋が深まる。木漏れ日。
ちょうど今の季節、ルクセンブルクを思い出す。
ちょこっと冷んやりとしつつも穏やかな光。

一方で僕の脳内では、十代後半に生まれたメロディーが鳴っている。

時間軸からしたら、
ルクセンブルクは1997年10月だし、
今回公開する音源を録音したのは2022年秋。
生曲は1993年3月〜5月の間(参照:TAPE015B_0000)。と結びつかない。

でも、僕の感覚で「ルクセンブルク 秋」というイメージを中心にすれば、
1997年のルクセンブルクの空気、
2022年の今自分の穏やかな心が
1993年の、このメロディーと結びついたのだ。

ここに「ルクセンブルク 秋」4点を公開します。

28枚の写真は加工なし。僕がルクセンブルクで撮った写真のすべて。

音源は、エレクトリック・ピアノ、インスタルメンタル作品。
Early Morning、Midmorning、Afternoon、Evening。
同じメロディーなのに、空気や温度が異なるため、
絵画のように連作として並べたら面白いんじゃないかと感じました。

タイトルは、「ルクセンブルク 秋」ですが、
旅という非日常の時間というよりも、
むしろ日常の中でちょこっと冷えた空気を吸い込んでみたり、
穏やかな光を感じたり、
そんな心象風景をメロディーに重ねてみました。


世界ブルー あおきまさと

2022年11月12日 昼

浮かぶ月

<opening>
容赦ないこの世界で オレはどうして? 生きてゆこう(「こぉーぅ)と歌う)
ひっそりと 浮かぶ月 オレは さぁ、一曲唄おうぞ

<Body1>
押し寄せる 時代の波 オレはくらいついていこうぞ
希望を前に 散らしてく 前のめりで倒れてゆこう
でも でも 先へ先へ 急ぐ足 もう 追いついていけないよ
冷たい雨 あったかい口 「大船に乗ったつもりでいたらどう?」

<間奏>

<Body2>
「いっちょ前に 見てる夢 それを壊してみたらどう?」
生意気な あなたをとらえた 細く白い背中をこねて回そうぞ
今一瞬 歓ぶ手前の あなたを試したくなってきたんだ どう?

<Body3>
オレの声は届いてるか? 届いてる? なら どう?
今はもう 見失った 誰もいない この道で 夜空に向かって 駆け抜けてゆこう
甘ったれた こんなオレでも 人並みに 夜の灯に包まれていたい

<Last>
夜明け前 浮かぶ月 あなたと眺めていたいんだ


作詞作曲:あおきまさと 20091205_1646、20101218整理、20170717歌い回し



「浮かぶ月」フルサイズのmp3音源を無料で視聴・ダウンロード可能
<ライブ:宇宙巡り
あおきまさとピアノ弾き語り 新宿LIVEたかのや

101005_212409

宇宙の彼方まで

宇宙の彼方まで 飛んでしまっても 誰も気付かない
なら どこまで ゆけるのか 飛んでゆけ 飛んでゆけ

宇宙の彼方まで 飛んでしまったあなたを 憎めない
どうせ 僕にしか見せない 形で 飛んでゆけ

飛んでゆけ 飛んでゆけ


宇宙の彼方まで 飛んでしまったあなたを 離さない
どうせ 僕にしか見せない 姿して 飛んでゆけ

宇宙の彼方まで 飛んでしまっても 誰も気付かない
なら どこまで ゆけるのか 飛んでゆけ 飛んでゆけ

飛んでゆけ 飛んでゆけ


作詞作曲:あおきまさと
20111014_081300Uchunokanatamade、20120528整理


「宇宙の彼方まで」フルサイズのmp3音源を無料で視聴・ダウンロード可能
<ライブ:人生を歌う 人生を踊る 人生を語る
あおきまさとピアノ弾き語り 四谷シンルンボ



今月は「羊の油」でずっとテンションが上がりっぱなしでした(笑) というのも、この作品、、、チープなサウンドな割には、力入れて創ったものなのでございます。2008年に働いていた職場の女子達のトークに僕もよく参加していたのですが、「今朝さぁ〜、満員電車でおじさんが羊の油臭くって(笑)」みたいな話題が繰り広げられていて、女子達みんな「羊の油」話に花が咲いていたのでした。

そういった発想、というか話題って僕には持ち合わせていないので、もう早速曲が浮かんで歌詞がピピッと浮かんだのでした。折角ならば、純然たるハッピー・ソングにしてしまえ!とばかりに、最後は世界平和を訴える強力なメッセージ・ソングに仕立てたつ、も、り、で、す。

2009年にバッキング・トラックはほぼ完成したものの、女声ボーカルが見つかりませんでした。やなてぃー(YANATY)と出会って、気合い入れて集会所で歌入れしてくれたテイクが本作です。確か2015年だったかな。でも、まだ間奏部分のコーラスとサビのボーカルが埋まっておらず。2019年にお一人、トミー(TOMY)さんにお越し頂き歌入れして貰いました。なんと結婚式の直前に、防音室(=密室)に入って、ボーカル録音初体験(大概、僕と出会う女声ボーカリストは、ボーカル録音初体験なので、これをお読みの貴女もいつか体験している可能性大です)。

サビの高音ボーカルのキーは高くって、子供じゃないと歌えない音域ということが判明。結局、2009年当時の僕の仮歌ボーカルを採用し、加工しました。

僕の作品の全体的に言えることですが、ヘッドフォンでじっくり聴くことをお薦めします。きっと、僕自身の音楽の聴き方が、少年の頃からそうだったためかもしれません。BGMとして心地好く聞いて貰えるものではないのです。「聞く」音楽ではなく「聴く」音楽。

FforZJwaMAA1qCH

「羊のワルツ」視聴ページへ
https://drive.google.com/file/d/1ou2yrdRUVf6seIesoEFb0F_H8GFWQXJb/

と、ここまで「羊の油」への思い入れの一部を書きましたが、、、今回お届けするのは、「羊のワルツ」です♪ 折角、正式リリースしたので、そこから派生する別バージョンをゆる〜く発表したいな〜、と感じました。ギャグのそのまたギャグ、という具合で。

ちょうどアルゼンチン・タンゴの影響なのか、ワルツいいな!と感じて、制作に取り組む前段階で、どんな曲構成にしようかな〜、とデッサンのように気儘に録音したものが本作です。結果的に「羊の油」とは真逆で、三拍子、男声ボーカル、シンプルにエレクトリック・ピアノ弾き語りで、さらに弛め、といい感じになりました。

画像は、ふみふみさんによるイラスト♪ 「羊の油」のジャケットを描いて貰おうと、一つ送ってくださったイラスト。デッサンのような感じで、むしろ今回の「羊のワルツ」にしっくり来ていると感じています。

どこか「爪跡」原曲にも似ているような、メランコリックな、でも、親しみさえ持てて。是非、「羊の油」と合わせて、聴き比べて貰えたら嬉しいです。なお、「羊のワルツ」はあくまでもデッサン音源と書きました。打ち込みによる三拍子作品が完成した暁には、「羊のアブラッソ」として、改めて皆様に聴いて貰えたらな!と自身に期待しています。それさえも、また創っていく過程で、色々巡って、変わってゆくのでしょう。きっと、あおきのことだから、インスタルメント曲という形で、また一つ、色合いを変えてくることを予想しています。期待しましょう。

あおきまさと

2022年10月22日夜 談

未来都市

真夜中の街を歩く(<=眺め)
未来を考える どうしようもない程の
あやふやな 想いを抱きしめる

空からはTwinkle Bright Stars
いくつもの光が 無数に流れおちて
僕ら〔達〕の心にも 宿ってきた

Sky blue―――――
深いときめきもみんな空色
世界(は)blue――――
吸い込まれていくよな感覚
飛んでみたくなるよな感覚

地下鉄に 棲みついた
見えないPassionが Coupleを踊らせる
僕ら〔達〕もいつかは 恋を交わす

Kissの味 甘いなんて
ふと呟き その中に 喜びとはかなさと
未来への拡がり(ひろがり)を感じてみようか!!

Sky blue―――――
何もかもが溶けてしまうよな
深いblue―――――
吸い込まれていくよな感覚
飛んでみたくなるよな感覚


title & lyrics 19971017
music 19971013 (same as 「カンヴァス」)
20010303添削


「未来都市」フルサイズのmp3音源を無料で視聴・ダウンロード可能
<ライブにて初お披露目:人生を歌う 人生を踊る 人生を語る
あおきまさとピアノ弾き語り 四谷シンルンボ


<生曲当時の写真:1997年10月パリ>
img346
img308
img331
img309


嘘か真か、、、「ヘビメタ界の重鎮」の方にライナーノーツを書いて頂きました。匿名ですが、使用許諾を得ましたので、こちらに転載させて頂きます。なお、ご本人からは後程、「あとから見ると"玄人好み"という単語が気に入らないけどね。」というお言葉も頂いていることを申し添えます。



彼は初期の頃から玄人好みする空気を創っていた。
コードやスケールもおぼつかない頃から独自の世界観で青い糸を編上げ、絡まり、引き伸ばし、丸め込んでは、また編み上げる。
時に、リスナーを置きざりに突っ走っていったかと思いきや、急にハグして頬ずりする。
その一音一音に葛藤と諦念と楽観を込めて、のたうち回りながら、突き抜けながら、その空間を拡げてきた。今や、その広さを計れるものはいない。
でも変わらないのは、その空間に漂う匂い、空気感。
清々しさと甘酸っぱさと息を飲む凛

青い糸が紡ぎ上げた世界の広さとむせ返るような珠玉の空気をこのアルバムに閉じ込めた。
多くの玄人に新たな空気を感じてほしい。

CLEAR




CLEAR_snap


「CLEAR」(album) by sekaiblue is available on various platforms.

Piano pieces, created through mutual inspiration
- between photography and melody.

Photography and art direction by Louise Claire Wagner
Melody and sound production by Masato Aoki

Far Away
20181202BeeGeesLikeGood20200102b

Music 20181202
Lyrics 20200102、20211002、20220212加筆、20220824朝、20221018、20

Aメロ
Listen/絶対 喋らないで 喋らないで 頷くだけでいいから Please
めったに 出逢えないぜ/見られないぜ
まだ誰も知らない声

Bメロ
Far Away やさしくえぐった痛み もっと
Far Away あらゆる 時空を超えて 今
Far Away あなたの胸に抱かれてたい
Far Away あらぶるやさしさに君と
Far Away 記憶の奥 時空超えて
放り出された体で 愛し合お?(う)
〜気持ち、記憶

サビ
いっそ Far Away
奈落の底まで 一気に落ちても/一生 ずっと
お付き合いしてよ/付き合ってくれるでしょ?
もっと果て 宇宙の先まで私を突き飛ばしてよ!

体中(が)鳴り響く歓びが(全世界に)伝わりますように
香りにまみれて何も感じられなくなるくらい To You

この星が鳴いている在り処を突き止めることができるように/て・たらどうするの?
Don’t go far away 魂からの声から脱(抜)け出しても もう二度と会えないなんて


作詞作曲:あおきまさと

CLEAR_snap


「CLEAR」(album) by sekaiblue is available on various platforms.

Piano pieces, created through mutual inspiration - between photography and melody.

Photography and art direction by Louise Claire Wagner
Melody and sound production by Masato Aoki


この度、アルバム『CLEAR』を音楽配信という形でリリースさせて頂きました。初めに申し上げておきたいことは、収録曲9曲すべてフルサイズを無料で聴ける、ということです。リンク先のYouTubeMusicを選ぶことでそれが可能です。

今年の8月から代官山bross内のギャラリーcoinにて、ambient photography installation by Louise Claire Wagner 『LOUISE CLAIRE WAGNER

WHITENESS, THE WORLD AND SOMEWHERE THE SKY』が催されました。

そこでは、多くの方々がヘッドフォンを耳にあて、MELODY BY MASATO AOKI --- SEKAIBLUEを聴きながら、ルイーズの写真を眺める体験をされました。「音楽があることでより写真に没入できる」「写真にピッタリの音楽だ」という感想を頂きました。

また、スイスでは “Kulturort Hofli 7” in Herblingen - Schaffhausen (Switzerland).というエキシビション(グループ展)に作品参加させて頂く運びとなりました。そこでは、開催前の準備中に各アーティスト達の気持ちを和らげるために、私のメロディーがずっと流れていたそうです。

PhotographyからMelodyというアプローチをしてくれたルイーズへの返礼として、逆にMelodyからPhotographyという視点に立って、今回の『CLEAR』の発表です。敢えて、同じデザイン(個展のフライヤー)をジャケットに使うことで、例えば、一度、代官山でお越しの方々にとっては、あの時の体験を思い起こし、Melodyを聴くことでルイーズの写真インスタレーションの世界を想起する、記憶を呼び起こす、という感覚を持って頂けるのではないか、と感じたのです。

実は、このMelodyそのものが、彼女の写真を見て、すぐに浮かんだPiano Pieces9曲なのです。出会った当初に彼女にプレゼントして差し上げたもの。ですから、数多くの方々が「写真にピッタリの音楽だ」というご感想を下さったことも、自然のことかと感じます。

また、もう一つ。アルバム・タイトルの『CLEAR』。これは、ルイーズのミドル・ネームのCLAIREを想起するものでして、後から聞くところによると、CLEARとCLAIREは同義なのだそうです。

偶然の出会いを繰り返しつつも、丸一年間は私が勝手にインスピレーションを感じて、作品創りをしていた訳ですが、、、

突如、今年の5月にWatermelon3.1プロジェクトが発足し、シングル「Pour Toujours」をリリースして、この勢い、どうなっちゃうんだろう、と感じたのもつかの間、まったく音沙汰がない感じになってしまっていました。だからこそ、ここにきて、一つ形に仕上げて公開できたこと、嬉しく思います。

初めて出会った時の穏やかな気持ち、気候、ゆっくりと光の道を歩く、そんな僕がいました。その時の穏やかでありつつも、デリケートな心と体。そんな個体が写真と結びついた即興演奏だからこそ、今聴いても素直に風景が見えます。

当時の穏やかな光景の写真と『CLEAR』全曲は、sekaiblue.comのギャラリー〜Clear 光を感じて〜でも聴くことができます。

心を落ち着かせたい時、喧騒の中であっても、すっきりとした透明な気持ちになれます。是非、ゆっくりと静かな世界に浸って頂けたなら、幸いです。

Piano Pieces are inspired from Louise Claire Wagner
Special Thanks to Lady Bug, Big Hornet, Mon & Dad
Happiness to all of You come here


世界ブルー あおきまさと
2022年10月19日 夜

lamb'soil_snap


<<<配信ストア一覧>>>
お好みの配信ストアを選んで「羊の油」のダウンロード購入ができます。


皆さまの運が開けますようにと精製しました。聴くと元気になって運気が上がります。エネルギーがあなたの体に直接作用します。効果てき面!!

〇成分:イッちゃってYANATY、ヤギめいてTOMY、メツレツにAOKY

〇用量:4分間の干支ソング(未生まれの方以外も服用可)

〇用法:ヘッドフォンで1日12回まで

〇効能:倦怠感、孤独感、ブルーマンデー、無気力、鬱症状、老い、疑心暗鬼、カテゴライズされた人生に対する諦め

〇効果:
・チャレンジ精神が宿る
・マイノリティーになるのも悪くないと思える
・学校、会社に行きたくなる
・信頼できる友の存在に気付いて感謝したくなる
・こっそり笑って口角アップ!

〇注意:
・公共の場では音量控えめに服用してください。
・独りでヘッドフォンで味わってください。
・常用しても、美肌効果はありません。
・小児の耳の届かないところに保管してください。
・妄想加減については、ご自身の良識の範囲内でお願いします。


Vocal by やなてぃー
Chorus by トミー
Chorus by あおきぃ〜

Art Direction by Masato Aoki
English Translation by Mimina
Sound Production by Masato Aoki

lamb'soil_snap


<<<配信ストア一覧>>>
”Lamb's Oil” by Sekai Pink is available on various platforms.


We have produced this medicine (supplement) to bring you good luck. Your luck will come around when you listen to it. The positive energy will pour into your body and will work wonders!

--- Active Ingredients
Icchatte YANATY
Yagi-meite TOMY
Metsuretsu AOKY

--- Dosage
4 minutes of this ETO song (It may also be taken by those who are not born in the year of the Sheep)

--- Suggested Usage
Can be listened to up to 12 times a day

--- Efficacy
Fatigue, loneliness, Blue Monday, helplessness, depression, aging, skepticism, sickness of being categorized in daily life

--- Effect
Makes you want to challenge new things
Makes you feel like it ain't too bad to be a minority
Makes you want to go to school or work
Makes you realize that you've got a real good friend and want to thank him/her
Makes you want to grin secretly

--- Warnings
Watch your volume when in public
To be taken alone, with headphones
Don't expect it to soften or smoothen your skin
Keep out of reach of children
Keep your wealth of imagination to yourself


Vocal by YANATY
Chorus by TOMY
Chorus by AOKY

Art Direction by Masato Aoki
English Translation by Mimina
Sound Production by Masato Aoki

このページのトップヘ