konnamonkana_mini

「こんなもんかな。/あおきまさと」 実録『新入社員の呟き 下半期』より
箱の中の音楽 Mr.平凡の叫び 150円(配信ストアによります)
"Night Sky" from『A Newcomer's Reality (I am in the Box)

itunesrecochokuototoygoogle_playmysoundmusicjp_storemoratouch

itunesレコチョクototoygoogle playmysoundmusic.jpmora



俺はそろそろ帰らせて貰うよ。
別に疲れてなんかいないよ。
夜空を眺めることも出来るし、
多分、電車の中でみんなの憂い顔を見るのもノントリ。
遅い夕食へめがけて、急ぎ足の俺。
帰って、食って、風呂入って寝よう。
英会話も忘れずに。




幸せで声も出ない。空はまだ明るい。僕は酔っていない。
洗濯物をたたんだり。干したり。珈琲を飲んだり。それでもまだ小鳥たちは楽しそうに鳴いている。
昨晩の東京の喧騒が嘘のよう。部屋には心地好く風が入って来て。かかる音楽は70年代の洋楽、ボサノヴァ、ハワイアン、タンゴ、、、すっきりとした、でも、若干の重みを感じる白ワインを飲みたくなる。

二十年前の僕が想像もしていなかった今の僕だ。それでも僕自身はたいして変わってはいない。同じような体の形をしていて、同じような頭で物事を考えている。それでも、あの頃と違うのは、幸せを引き出す術を知ってしまった、ということかもしれない。

これからの僕。境遇はこれまでの延長上にあるだろう。それは人様から見たら、みすぼらしい生活かもしれない。それでも、僕は光り輝く。そう信じている。2018.6.9 13:17
*****************************
とっておきなことしたい、と思ってるのね。誰も真似できないし、真似しても本物にならないもの。別に意気込むのではなしに。ただそれが当たり前のように向かってしまう的なんだね。

【新入社員の呟き 下半期】はそんな「とっておきなこと」を形にできた作品。まず、こういう作品を誰が作る? って見渡した時に誰もいない。それだけならば単なるOnly Oneでともすれば自己満足。でも、作品を観たり聞いた人がね。後々になって感想を述べてくれる。そういうのってなかなかないと思うんです。「今夜のはっちゃけた青木さんのステージもいいけど、僕はあの水族館のステージがよかった。曲がいい。」と、とあるミュージシャンの方に言われた時は嬉しかったですね。あぁ、この人はちゃんと分かってる人だな、って。しっかりと聴いてくれた人だな、ってね。

作品そのものをまず聴いて欲しいですね。発売はしてないけど、「いくらでも出すから、作品聴かせてください!!!」っていう人がいてもいいかな、て思っています。



この音源の三曲目にあるのが、「こんなもんかな。」 歌詞にある「帰って食って風呂入って寝よう。英会話も忘れずに。」という無意味さがアートですね。

歌詞が無意味なのに、とても音楽的。よく「音楽的」という言葉があるじゃないですか。この言葉にピンと来ない人多いんです。故に「音楽的」と言葉を漏らす人がいると、ぞっとしますね。【from here on】とかで言われる分には純粋に嬉しいですよね。なんせ「音楽的」に創った作品だから。でもこのアルバム【新入社員の呟き 下半期】で言われちゃうと、その鋭さにぞっとするんです。このアルバムは「音楽的」な作品が好きな人には持って来いかと思っています。2014年5月5日夜記載