KonoyonoGenjo_miniZetsubou_mini
この世の現状絶望(Live Mix)

このところ「生きる喜び」について考える。考えるというよりも、お酒を飲んでも誰かと語らっても買い物していても沸々と「生きる喜び」を「誰かと共有したい」という気持ちが沸き上がるのだ。これはもうどうしようもないのだ。

もう一つ。人と会うと「生きててよかった」という感情が湧き起こる。これもどうしようもない程の質量だ。その質量は、言葉で言ってもハグしても伝わらないかもしれない。だから僕はメロディーを口ずさむ。そういう生き物だ。

昨晩。約二十年前に出会った音楽仲間達と再会した。この十年間僕は自分からはあまり外に出てライブには出演していない。そんな出不精な僕を外の世界に引っ張ってくれる仲間達。場所はあのお店。このお店も2001年だったか2002年だったか。当時自主企画できるお店を探していて地下に降りてドアを開けるとそこは、、、。懐かしい。以来、ホームとなったお店。そのお店とも三年ぶり。再会する仲間達とも一年ぶり、三年ぶり、十二年ぶり、、、。

これを書いている今、、、ちょっと体調を崩している。喉が痛い。扁桃腺の手術をして以降は特に、気を付けているんだけど、ついつい気が緩んで、冷たい飲み物、アルコール、冷房、煙草の臭い、大音量での会話、声帯に負担をかけるメロディー・フレーズ歌い、さらに喉全体に負担をかける大声での歌い、遅寝、、、普段から妖精のようなピュアな心身の生活を心掛けている僕にとっては、やはり外の世界に出ると体調を崩してしまう。後悔。。。

でもね。なんだろう。この解放感は。気分は。インスピレーションは。

あぁ、そうか。これだ。「生きる喜び」 それをみんなと共有できたんだ。だから「生きててよかった」んだ。

この度、新たに「この世の現状」がSekai Blueのシングル・リリースのカタログに仲間入りした。Sekai Blueシングル・リリース特集 この作品は、僕の生曲(せいきょく)人生の中で、現存する最も古いメロディー・フレーズが盛り込まれている。小学校四年生の休み時間にカンペン(筆箱)の裏に鉛筆で書いた音符フレーズが間奏部分。Aメロとサビは中学一年生にカセットテープに忍ばせたメロディー・フレーズ。さらに作詞は初の共同作業。高校一年生の夏に「いい奴」こと「あだつ」とペンを舐めながら作詞したのだ。当時は、時代を風刺したつもりだったけど、、、可愛い。

ジャケット写真は1989年8月21日。中学三年生の夏休みだ。きっと家族旅行だろう。とすれば、うちの父親が撮影したものだろう。この写真について「なかなかいいじゃないか」と30年前に父親が言っていたのを思い出して引っ張り出してみた。少年ながらにも「この世」を憂いている姿が、今では微笑ましい。しかも大自然の中で。

人もメロディーも言葉も代えがたい。時を経て醸し出される懐かしみが喜びに変わったりする。そして、新鮮な気運に触れてそれが喜びになったりする。いずれにせよ。「生きる喜び」というのは、自らが作り出そうという意識がどこかにあって。さらに一人では成り立たなくて、家族や友人、共通の目的意識や趣味、思考を持った仲間と享受するもの。

みんな。「生きる喜び」を、ありがとう。2019年6月17日 10:32

世界はすべて青い空の下にある
世界ブルー あおきまさと
http://sekaiblue.com
sekaiblue@hotmail.com (あおきまさと宛)



<試聴・ダウンロード・ストリーミング再生について>
レーベルSekai Blueより、常時50曲ほど楽曲配信中です。当ページでは販売しているシングル楽曲すべてを公開しています。パソコンやスマートフォンから、試聴の上、「ダウンロード購入(100〜250円)」や「ストリーミング再生(無料)」できます。

1、気になる作品のジャケット画面を押してみてください。
2、各配信ストア一覧と作品紹介文が表示されます。
3、配信ストアを選んで試聴してみてください。試聴時間は30〜90秒。配信ストアによって異なります。
4、試聴して気に入って頂けたら、ダウンロード購入できます。楽曲や配信ストアによって価格は異なります。音質も配信ストアによって異なります。

♪♪大半の作品は(定額制音楽配信サービス等にご加入の方であれば)無料でストリーミング再生できます。随時曲を入れ替えていきますので、この機会に聴いてみてください♪♪
♪♪歌詞・紹介文をご覧になりたい方のために、当ページの作品タイトル(テキスト表示)を押すと詳細ページへ飛べるようにリンクを張りました♪♪

作品を気に入って下さった方は、是非、ご感想ください! ご友人・知人の皆様へもシェア大歓迎です。さらにもっと高音質で楽しみたい方のために、アルバムCDをご用意しています。今後ともご愛顧の程よろしくお願いします。



●アーティスト名:世界ブルー アルバム『from here on
アルバムCDはライブ会場のみで販売しています。
白熱灯と君君が空を泳いでゆくEver LastingYou'reMine空が青いのはMake Me Happy!Your Love is Over, Your Game is OverLove Me Yes!
白熱灯と君君が空を泳いでゆくEver Lastingクリーム&シロップ空が青いのはMake Me Happy!Your Love is Over, Your Game is OverLove Me Yes!

・・・「正統派でもなく、異端でもない。まったく新しい”ゆるいポップス”の誕生だ!」音楽評論家 富澤一誠
・・・夕暮れ時のような独特の焦燥感を感じさせる“あおきまさと”のソロユニット「世界ブルー」。数々のオーディションでリスナーのみならずプロからも高い評価を得て来た楽曲の集大成『from here on』。
・・・彼独特の鼻にかかったような少しネバった歌声。淡々と語られる恋人へのストレートな言葉。口ずさみ易いメロディー。漂うようなサウンド。すべてが心地よく絡み合い癖になる。「優しい」「あったかい」だけでは終わらない存在感のあるポップスの登場です。



●アーティスト名:世界ブルー アルバム『繊細』より全曲配信中
アルバムCDはライブ会場のみで販売しています。
年の瀬木枯らし表参道買い物袋禁煙な仲片言空飛ぶ回転木馬あのコサヨナラはいつも雨爪跡
年の瀬木枯らし表参道買い物袋禁煙な仲片言空飛ぶ回転木馬あのコサヨナラはいつも雨、爪跡(販売終了)

・・・二十歳前後のうぶな心模様を綴った10コの恋の物語集。
・・・生活感漂うピアノ・フォーク・サウンド。
「窓から差し込む木洩れ日を背に受けながら、ほろにがい青春の一ページに思いをめぐらしたくなるようなアルバムだ。老いも若きも。父より」



●アーティスト名:世界ブルー アルバム『青い街』より
青い街土曜の朝のドライブカモンオキナワ
青い街土曜の朝のドライブC'mon Okinawa!

・・・沖縄作曲旅行で生まれた旅曲集。
・・・アコースティック・サウンドを通して、遠くに聳えるであろう海や太陽の光を。頬にそよぐ風を。



●アーティスト名:世界ブルー アルバム『はいから三寸気分』より全曲配信中
お入りよ琴の音を聞く春風色町金色夢枕禁色の人枝垂れ柳ろまんちずむ
お入りよ琴の音を聞く春風色町金色夢枕禁色の人枝垂れ柳ろまんちずむ

・・・ネオジャパネスク!!! 高橋幸宏氏と高橋信之氏に番組中「ネオジャパ」と形容された原風景絵巻物。



●アルバム『Taste One』より
X'mas Judgementもうこれ以上雨遊び 〜組曲〜成功物語Challengerこもれびタッチ色恋沙汰サティスファクション
X'mas Judgementもうこれ以上雨遊び 〜組曲〜成功物語Challengerこもれびタッチ色恋沙汰サティスファクション

・・・「もっと娯楽を もっと感動を」「素晴らしい友情は朽ちても果ててもあの世まで」 作詞:よしだたかおみ、作曲:あおきまさと コンビネーションから生まれたポップスを7曲お届け。



●アーティスト名:世界ピンク アルバム『おしっこのわな』より
Sume-PaHug?!ParkGuell
貴族カットHappy Street
Sume-PaHug?!グエル公園貴族カットHappy Street

・・・YUKIHIRO TAKAHASHI@MUSIC DATA LABにて全国@NIFTY会員一般投票第1位獲得曲「Sume-Pa」収録。・・・不可思議な遊園地。行ってみたいと思ったことがある。それならそんな世界を創ってしまえばいい。それで実体験できる。 「君君、これが君の言う不可思議な遊園地かい?」 そうさ。これが僕らなりの不可思議な遊園地なのさ。分かってくれないなら、おしっこ攻撃だい!!



●アーティスト名:あおきまさと アルバム『新入社員の呟き 下半期』より全曲配信中
トキメキカラフルため息風味こんなもんかな。
エライ、エライと言ってくれ!!唱える。どっかディサピアー
トキメキカラフルため息風味こんなもんかな。エライ、エライと言ってくれ!!唱える。どっかディサピアー

・・・ゆるすぎる自虐ポップス。箱の中の音楽。Mr.平凡の叫び。



●アーティスト名:あおきまさと アルバム『下井草カラス』より
Misery 〜失われた旋律〜僕はドローン再見(またな)品川カオス
Misery 〜失われた旋律〜僕はドロ〜ン再見(またな)、品川カオス(販売終了)

・・・理由なき初期衝動・・・「下井草って都会ね。」「君は、下井草カラスの存在を知らないから、、、そんなこと言えるのさ。」  都会の闇に棲みついた生き物。決して誰も近づこうとはしない。 「あっ、下井草カラス。」 また一羽、僕の心に棲みついてきた。