20090627_2030onlylyrics

20:30
1番
ここまでの巡りでよかったのかと
辿り着く箇所はいつも通過点だ
喜びの量も悲しみの量も計ることはできない
ただ鐘の音が聞こえる 子供達の声が聞こえる

2番
いつも遠くを眺めてしまうんだ
それは過去でもあるし未来かもしれない
流れて来る風を頼りに、今をもっと遠くへ
鳥達が飛び回る 旅が色を帯びてなびく

サビ
僕の目に映る街は
今ここに在る街さ
昨日も百年前も昔からあった街さ
街は今日も生きてる