世界の憂鬱 海外・韓国の反応

  • Twitter
  • RSS
> 2013年05月

    2013年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    この画像は、世界一危険な通学路を通う中国の「山の上の村」の子供達の通学風景です。物凄い絶景でありながらも、物凄く危険な通学路で毎日学校に通う子供達の姿を見て行きましょう。


    1
    china_02
      【毎日命がけで学校に通う中国の小学生の通学路が危険過ぎるとロシアのサイトで話題に・・画像あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


    これは中国の児童労働の姿を納めた画像集です。中国では12歳にして自動車整備工として働く少年がいます。彼以外でも児童が労働者として働いている例は一般化しています。


    1
    work_child_01
      【12歳にして三輪車を運転し、自動車整備工として働く中国の少年や児童労働者が偉いとロシアのサイトで話題に・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


    これはインド炭鉱で撮影された、児童労働の実態です。インドでは児童による労働は禁止されていますが、貧しい家庭の子供達が家庭を養う為に炭鉱で働く子供達が後を絶えません。インドの炭鉱で働く子供達の姿を見て行きましょう。


    1
    mines_02

    【【まさに世紀末・・】インド炭鉱で働く「児童労働の実態」がロシアのサイトで話題に・・画像あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


    これは真冬のオイミャコンに旅行に行ったロシア人ツーリストによって撮影された画像です。窓の外は-50度の世界、この町は世界一寒い町として知られ最低気温-71度を記録した事もあります。

    オイミャコン(ロシア語:Оймякон;サハ語Өймөкөөн, ウイムクーン, Oymokoon)はロシア・サハ共和国の北東、インディギルカ川の約2km西、北極圏のわずかに南(北緯63度15分0秒東経143度9分0秒)に位置する村。「世界で最も寒い定住地」とされ、一年の半分以上が冬である。人口約800人。標高740m。周囲にはインディギルカ川の準平原が広がり、川自体の流路も網の目状に迷走している。川から数km離れると浸食が進み老年期に達したなだらかな山地(丘陵地帯)が広がる。 ウィキペディア

    1
    143574

    【世界一寒い町外気温-57度!極寒のオイミャコンに旅行に行ったロシア人が撮影した画像と反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


    中国で起きた橋崩落事故の画像集です。


    1
    226875
      【中国の橋崩壊事故画像が危険すぎるとロシアのサイトで話題に・・画像あり】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング