世界の憂鬱

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > 2017年04月

    2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    写真家のナタリアさんが、ロシアの才能あるフィギュアスケーターであり、明るい女の子であるリプニツカヤさんの写真を撮影して下さいました。ナタリアさんの撮影によるリプニツカヤさんの画像アルバムはhttps://vk.com/album-31036833_243957575で見ることが出来ます。

    (以前のリプ子さん)
    リプニツカヤ

    【【画像あり】ロシア人「リプニツカヤ(リプ子)選手の最近の姿‥体重が42kgに激痩せ、身長は160cmに伸びスレンダーに」 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    【ニューシース】日本政府は朝鮮半島有事の際、北朝鮮で大量に避難民が日本に流入することに備え、本格的な対策作りに入ったと毎日新聞が28日報道した。

    朝鮮半島有事

    新聞によると、日本政府は、朝鮮半島で戦争など、事態が勃発する場合、北朝鮮から3万人~5万人が船に乗って東海を渡ってくるものと見て、列島の西側に数ヵ所の拠点の港を選定して、一時収容を準備するつもりだ。

    今まで検討した方策としては韓半島有事の際、海上保安庁の巡視船が日本海沿岸警備を強化する。小型木造船などはレーダーで観測しにくいため、漁船と沿岸住民の申告などの協力を求め拠点港に加えて、避難民が上陸することを防ぐ。

    【韓国人「日本は本当に主敵だ‥」日本政府が朝鮮半島有事の際、北朝鮮避難民収容対策の本格準備‥3万~5万人推定  韓国反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    [アジア経済]駐韓米軍が26日未明、サードを韓国に奇襲配置したことに対し、中国が「韓国は傲慢さの対価を支払わなければならない」と、追加の報復を示唆した。

    サードミサイル

    中国官営の人民日報の姉妹紙環球時報とグローバルタイムズは27日「重要な瞬間に、サードがまた、中国に刀を刺した」という題名で、「米国と韓国が危急な時期に中国を刺したことに非常に憤慨している」、「韓国の保守勢力と北朝鮮内の強硬派が皆理性を失った」と批判した。

    韓国の保守勢力がサドの配置を、北朝鮮の核・ミサイル挑発の抑止手段として見ず、戦略的に米国に期待しながら、中国と対立するてこにしているというのが環球時報の主張だ。また「韓国は北朝鮮と一緒に韓半島を火薬庫に作りながら、火遊びをしている」とし「韓半島の緊張を緩和しようとする中国の努力に対する打破行為に、中国も絶対じっとしていない」と警告した。

    【韓国人「韓国の不意打ちに中国が激怒!サードの奇襲配置に“韓国は傲慢さの対価を支払わなければならない”と追加報復を示唆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    世界フィギュアスケート国別対抗戦2017の大会後に行われたパーティーで、羽生選手とメドベージェワ選手が一緒に並んで撮影した写真が、メドベージェワ選手のインスタグラムにUPされ、それがメドベージェワ選手のファンサイトで話題に成って居たので紹介します。

    羽生選手とメドベージェワ選手のツーショット画像

    【【画像あり】ロシア人「羽生結弦選手がメドベージェワ選手の腰に手を回して、一緒に記念撮影‥フィギュア国別対抗戦の大会後のパーティーで」 海外の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    「7~8世紀以前、日本に新羅移住民の流入…古代東アジア文化交流証拠」

    「日本で最も古い石碑は、新羅の技術で作られた。」

    新羅の技術で作られた石碑

    今、日本では7~8世紀の古代石碑3点をまとめてユネスコ世界記録遺産に登録しようとする動きが活発だ。 日本に現存する最古の碑石山ノ上碑(681年)をはじめ、多胡碑(711年ごろ)と金井沢碑(726年)がその主人公だ。

    いずれも群馬県高崎市にあって、「上野三碑」と呼ばれる。 これまで日本では3点いずれも古代朝鮮半島の碑石文化から影響を受けたとだけ漠然として知られていた。

    【韓国人「日本人には朝鮮半島の血が流れ、兄弟国である‥」日本最古の石碑は新羅の技術で作られていた 韓国反応】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング