大気汚染が深刻な北京で中身が普通では無い缶詰が発売され市民を驚かせています。缶ジュースにも見えますが、中身はジュースではありません、中には普通の「綺麗な空気」が入っているだけです。この空気の缶詰販売を考案したのは「ゴミのリサイクル」で莫大な富を成した大富豪Guanbyao Chenさんです。彼はこの空気の缶詰で出た売り上げを全てチャリティーに寄付すると語っています。


1
fresh_air_for_sale_in_china_01

2
fresh_air_for_sale_in_china_02
3
fresh_air_for_sale_in_china_03
4
fresh_air_for_sale_in_china_04
5
fresh_air_for_sale_in_china_05
6
fresh_air_for_sale_in_china_06
7
fresh_air_for_sale_in_china_07
8
fresh_air_for_sale_in_china_08
9
fresh_air_for_sale_in_china_09
10
fresh_air_for_sale_in_china_10
11
fresh_air_for_sale_in_china_11
12
fresh_air_for_sale_in_china_12
13
fresh_air_for_sale_in_china_13
14
fresh_air_for_sale_in_china_14
15
fresh_air_for_sale_in_china_15





ソース記事:http://trinixy.ru/82046-v-pekine-nachali-prodavat-na-ulicah-banochki-s-neobychnym-soderzhaniem-15-foto.html




この記事を読んだロシア人の反応




・私はこれについてニュースで見た。北京の大気汚染を軽減する為に北京周辺の工場を操業停止にするらしい



・そのまま綺麗な空気を売れば良いのに、どうして「おみやげ」みたいに空気を売るんだろ?



・モスクワで綺麗な空気を売っても悪い商売じゃないかも



・でもこの空気の缶詰はゴミになるだけだろ、リサイクルされるなら良いけど・・



・中国ではもうマスクでは役に立たないみたいだ、ガスマスク被って歩かないと



・中国は既に呼吸する為の空気も足りていないみたいだ



・やっと中国で新鮮な空気を売り出したのか



・ロシアでも新鮮な空気を売る商売でも誰か始めれば良いのに



・別に空気を売る商売は中国だけではなく、かなり以前から別の国でも行われている商売



・この新鮮な空気が入っている缶は空気を「飲むの」?「吸うの」?



・何て中国の空気は汚いのだろうか・・・



・中国ではそのまま物を燃やすから汚い煙が垂れ流されている