サムライソードで有名な日本の包丁製作過程を撮影した画像集です。日本の包丁の品質と切れ味は世界でも最も優れた刃物の一つとして知られています。そしてその美しさは芸術品と言っても間違いはありません。


1
001 (1)



2
001
3
003
4
004
5
005
6
007
7
008
8
010
 9
011
10
012
11
013
12
014
13
015
14
016
15
017
16
018
 17
019
18
020
19
021
20
022
21
023
22
024
23
026
 24
027
25
029
26
030
27
031
28
032
29
033
30
034
31
035
32
036





この記事を読んだロシア人のコメント



・手作りなのか



・素晴らしい



・俺これ昔ディスカバリーチャンネルでみたぞ、この包丁は主に寿司職人が使うらしく、この包丁も魚の身を切るのに適しているらしい



・日本ではこうして用途によって特別に繰られた道具が多い、でもロシアでは魚より骨の付いた肉や、パンを切る包丁の方が求められているだろう



・俺はこういう画像を見てナイフの切れ味を想像するのが好き



・家ではスーパーで買った中国製の包丁を10年以上使っているが切れ味には問題は無い



・切れ味は物凄く良いのだろうな



・でもテレビショッピングの包丁とこの包丁のどちらが切れ味が良いのだ?



・イタリア製、フランス製、ドイツ製のナイフセット、買うならどれ?



・一般家庭なら中国製のナイフで十分だろ



・こういう包丁を買う人は一生使うつもりで買うのだろうね



・値段は幾らなんだ?物凄く高いんだろ?



・包丁は切れ味が良い方が良いに決まっている。切れ味が良いと料理が楽しくなる



・包丁はしっかり研げば安いナイフでも切れ味は良くなるぞ



・俺は高いナイフも安いナイフも切れ味に大差は無いと聞いたのだが



・この包丁は寿司を作る為に魚の身を薄く切るのに適した包丁で、お前らがジャガイモやニンジンを切るのには向いていない



・ヨーロッパ製の、肉と野菜専用のナイフを数種類用途に合わせて買った方が我々の食生活には合っている








follow us in feedly