前回中国で行われている「豚肉から偽牛肉を作る方法」を紹介しましたが、今回はその「偽牛肉」を使って中華料理を作るとどの様になるのか紹介します。

中国では牛肉は豚肉より2倍高く販売されています。そこで中国人は闇市で販売されている「特殊な粉」を用いて「変造牛肉」を作っています。その「特殊な粉」は一袋で50キロの変造牛肉を作る事が出来ます。聞く所によるとその「偽牛肉」は臭い、味共に本物に劣らず、偽牛肉を制作後直ぐに本物の牛肉と見分けがつかなくなく成るそうです。

1
1



2
2
3
3
4
4
5
5
6
6
7
7
8
8
9
9
10
10

 



この記事を読んだロシア人のコメント



・これは中国流マリネなんじゃないの?



・牛肉だろうと豚肉であろうと醤油で炒めるから黒くなる



・中国人はアホか?見れば何の肉か分かるだろ?



・中国人はこの肉を見て本当に牛肉だと信じるのか?


・お前ら中華料理に欠かせない「醤油」を知っているか?日本の醤油がキッコーマンで、トルコ?のがジェデンタグ、で中国の醤油は色々あるが日本やトルコの醤油よりも色が数倍濃くて最初から色々な調味料が含まれている。中国の醤油で炒めれば何でも美味しくなるが、肉の種類が分からなくなるほど肉の色が黒くなって強い味になる。中国人は味よりも「牛肉を食べているという安心感を楽しみたいのではないだろうか?



・中国では羊の肉と称してネコの串焼きが売られているらしい



・中国でスパイスを沢山掛けられた串焼きを食べた事があるけど、辛すぎて何の肉か分からなかった



・こんな毒々しい料理は初めて見た




・ロシア人から見ると毒々しいが、中国人からみれば「醤油炒め肉」に見えるのだと思う



・中国人は健康を害してでも牛肉が食べたいのか?



・中国人が食べたいのなら中国人が食べれば良い、でも外国に偽肉を売ったりするな



・すごいな、その内ウンコで飴を作ったり、お菓子を作ったりし始めるんじゃないか?



・どうして中国はこんな偽物だらけなんだ?そして危険な薬品や油を使って平気で他人に売ったり食べさせる気が知れない


関連 中国名産品「地溝油」のおぞまし過ぎる製造過程がロシアのサイトで紹介される



・中華料理がとても美味しいのは認めるが、豚肉やその他動物の肉を薬品で牛肉に変え、それをレストラン等で出されている可能性がある。これは恐ろしい事だ。でも中国人はどんなに空気が汚れても、水が汚れても、食品が薬物だらけでも、皆ピンピンしている。これは地球上で中国人以外は生き延びれないという証なのではないだろうか



・もし中国人以外がこの偽牛肉を食べたら死んでしまうだろうな




・もしかすると中国の牛肉は我々が考えている牛肉と違うのかもしれない





中国「猛毒食品」に殺される (扶桑社新書)
奥窪 優木
扶桑社
売り上げランキング: 6,927



follow us in feedly