韓国人女性の癌の発生率1位は甲状腺がんです。しかし、実際の1位は2位を占めている乳癌です。甲状腺がんは、過剰診断議論を経ているが、乳がんは、実際の発生が増えています。過去2012年の新規乳癌患者は16,521人で、10年間の間に二倍以上急増し、世界最高の増加傾向を示しています。その後、その原因は何でしょう?

1
 
動物性脂肪の摂取量の増加と肥満人口が増えたことが原因で占めています。特に、閉経後に急激な肉の摂取が乳癌のリスクが増加します。体脂肪の女性ホルモンが合成されるからです。女性ホルモンの分泌が多ければ多いほど、露出されている期間が長いほど、乳がんの発生リスクが増加することが知られています。
 


2
 

女性ホルモンは乳腺組織を増殖させる、この過程で突然変異するのが乳がんです。妊娠をして出産をすると、女性ホルモンの分泌が停止します。授乳中の女性ホルモン活性が減少します。したがって、出産が遅れたり、出産が少なかった場合、母乳授乳をしなかった場合に、乳癌発生のリスクが増加します。昨年の婚姻率が歴代最低を記録しました。女性の平均初婚年齢も29.8歳、30歳に達しています。 10年前に比べると2.3歳遅くなりました。女性の社会参加が増え、結婚年齢が遅くなって出産が減少することが、我が国の乳癌患者の急増に影響を及ぼしています。

韓国の乳癌患者の46%は3-40代の比較的若い女性です。乳がんにかかる女性は若い年齢であるほど危険です。三星ソウル病院の調査の結果、四十歳未満の若い乳癌患者は、早期死亡リスクと再発率が約2倍に高いことがわかった。若い女性ではより攻撃的な性向を持つ乳癌がより多い上に、油断して病院を遅く探している場合が多いためです。

痛みを伴わず、リンパ腺が腫れ触れられる場合、乳癌を疑う必要があります。の為に30歳以上の女性は、毎月の自己検診をする必要がありますが、60%以上の女性がこれを怠っています。また、35歳以上から2年ごとに医師の診察を、40歳以降からは、毎年乳房撮影を受けることがあります。乳がんの家族歴がある場合は発生のリスクが4倍に増加するため、25歳から検診を受けることをお勧め。専門医は、若い女性の場合、乳房組織が緻密なほど乳房撮影と一緒に超音波検査を並行することをお勧めします。

 




この記事を読んだ韓国人の反応



結婚も少なく成っているのに、どうしてこういうニュースの様に我々の世代を苦しめるのだろうね?



乳がんは女性にとって残酷な病気だ



苦労したくないから結婚を止めるのに、結婚しないと乳がんにかかるなんてね

 

・乳がんは胸の大きさは関係無いよ、胸が小さな人でも乳がんにかかる



胸の小さい人が30過ぎてから胸が大きくなって、医者に「成長期ですか」って聞いたら、医者に「それは乳がんです」って言われた人が居たとか

 

男性だって乳がんにかかる人が居るから安心はしていられない




出産年齢の高齢化が問題



・韓国人女性が一番乳がん率が高いなんてね



韓国人のヒトパピローマウイルス感染率は上位に入って居ないのか?



・女性が脂肪質になって家事もしなくなったからだろ



・乳がんも発生位置によって原因が違うと言っていた。脇に近い部分に発生する乳がんは、制汗剤や消臭剤である。デオドラントと呼ばれるそれにアルミニウム成分が入っているそうだ。似たような例として胃がんが発生する理由の一つは、胃酸抑制剤にアルミニウム成分が入っているから、それが癌の原因になっているのだそうだ



・韓国人女性の胸をX線写真で撮影しても、脂肪分がなくて黒い点にしか見えないのにどうして癌にかかるんだろうね



・胸の大きさとガンに相関関係は無い



女性は出来るだけ結婚を早くした方が女性にも子供にも良い



韓国人女性は妊娠して中絶する数も世界一なのに乳がんにまでかかるのか

 

・キムチ食べるとがん治る



母乳授乳をしなければガンにかかるから、妊娠して中絶すれば意味が無い