中国、タイと「アジア版パナマ運河」の推進、「一対一で連携」    

1


(台北・上海=連合ニュース)ノヘラン通信員ハンスンホ特派員=中国とタイが「アジア版パナマ運河」といわれるクラ運河建設のための覚書(MOU)を締結した。

19日、台湾ワンボ(旺報)などによると、両国は15日、中国広州で会合を開きタイ南部マレー半島を貫通して、太平洋とインド洋を結ぶ人工大運河の建設を共同で推進することで合意した。

このプロジェクトは、長さ102㎞、幅400mの新しい海路を出す工程で280億ドルの費用が投入されて、10年にわたる工事で完成する予定である。核エネルギーを活用した特殊な工法を使用する場合は、工期を7年に短縮することもできると伝えられた。





インド洋と太平洋を結ぶ短縮航路のクラ運河を利用すれば、既存の航路であるマラッカ海峡を通過するよりも、航路は1200㎞、航海期間は2~5日減らすことができる。10万トン級タンカーの場合、輸送費を35万ドル削減効果を出すことができると推測された。

クラ運河が完成した場合、中東産原油の輸入の割合が高い韓国や日本などの国も恩恵を見ることができ東南アジア諸国連合(ASEAN・アセアン)諸国もマラッカ海峡に変わる輸送路を確保することになると、台湾のメディアは分析した。

現在マラッカ海峡は毎年8万隻の船舶が行き来しており、総取扱量も5000億ドルにのぼる。クラ運河建設計画は、過去にも数回推進されたが、コストなどの問題でいつも失敗に終わっていた。

クラ運河は1600年代後半に初めて構想された後、2004年タクシン元タイ首相がタイをアジアのエネルギー貿易のハブにするという方針を明らかにしながら注目受けても、進展なしに漂流してきた。

この過程で、海上石油輸送に安全確保のためのクラ運河に持続的な関心​​を見せた中国が新経済構想である「一帶一路:陸上・海上シルクロード)の建設に乗り出し、急速に計画が進む事になる。

中国が大きく運河建設に積極的に取り組んだ理由は経済効果とともに、米国と日本を牽制するための外交的布石も敷かれているという分析が出てくる。

中国が輸入する石油の80%が米国とシンガポールの軍事協定の下で管理されているマラッカ海峡経過する。クラ運河を建設することにより、有事の際に発生する可能性のある米国の海峡封鎖に備えという意図と解釈される。

また、中国は、日本がベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーを結ぶ「東西経済回廊」を基盤とした東南アジア経済圏掌握を牽制しようとする目的であるという分析も提起されている。

台湾のメディアは中国がタイに大運河の建設に基づいて、中国雲南省、タイ、マレーシアなど、南北を結ぶ経済ブロック化を構築するという意図をみせたと観測した。






この記事を読んだ韓国人の反応




・シンガポールの反中感情も爆発しそうだね



・どうして運河ができるとシンガポール経済崩壊に繋がるの?



・↑説明すると、シンガポールは鼻水だけの都市国家でありながら、コンテナ取扱量世界2位の貿易大国だ。世界最大の仲介貿易のハブ港で。中国の様に製造強国でもないのに量だけは上海に次ぐ。シンガポールの金融が発達したのも取引で発生する為替取引などの金融取引から始まっていて、残りは類推することができるだろう?



・ほぼ全ての船舶は、シンガポールで積み替えをする。定期船がシンガポールを起点に、物流をやりとりして行ったり来たりする構造であれ、運河が開通すればシンガポールには、災害レベルである



・運河が開通するとタイ人は大金持ちになれるのかな?



・エジプト、パナマがよく肥えたんじゃないの(笑)



・シンガポールが税金を安くして外資を誘致していたが・・



・タイから中国に続く鉄道建設するのに、タイ運河から電車ですぐに中国入。るだから運河が開通した場合、中国は運河でタイ、ラオス経て中国入り西部開発も出来るだろうし。日本と韓国はほぼクラ運河使用する可能性が高い、しかもあれは経済的目的ではなく、政治的な目的で赤字黒字関係なく進行すると仮定すれば、シンガポールの崩壊は確定



・パナマだって運河があるのに、韓国より生活水準は低いだろ、運河があっても国民皆が良い暮らしが出来る訳ではない



・シンガポールが中継貿易で暮らす国だった?



・中国はニカラグアに運河を作って、今度はタイか



・マラッカ海峡は米国に中国が封鎖される可能性があるから、ミャンマーから中国にパイプラインを引いたのもこれが理由だろう



・法則によってシンガポールは韓国を追い抜くだろう・・



・↑一人あたりなら既に韓国を上回っています



・マラッカ海峡には海賊も多くなかった?



・シンガポール輸入の半分崩壊



・ヨーロッパまで行くのに3~4日程度短縮しても膨大な相乗効果。燃料節約、時間の短縮



・タイの利点だね



・シンガポールの一人当たりのGDPは高くても、国全体のGDPは小さくて、こうした影響で直ぐに経済が揺れる



・これでシンガポール1人当たりの所得は、少なくとも1万ドル以上低下するだろうな、シンガポール経済の3分の1程度は中継貿易、石油精製業と関連サービス業だから



・海上物流の時間の短縮は、多くの利益を他の国に齎す



・シンガポールの人口の70%が華僑



・パナマ運河の時と違って色々な重機が発達しているから7年程度で完成するだろう


引用元:http://goo.gl/c6Yhw4





follow us in feedly