アスベストとは皆さん良くご存知のように、1級発ガン物質です。そのアスベストが全国の学校の70%に用いられ、特に約300校はすぐに補修が必要なほど危険度が高い状態です。

1

ソウルのとある小学校、この学校の教室の天井材にアスベストが使われたことが確認されました。さらに廊下の天井には粉に浮遊するリスクが大きい吹付アスベストも使用されました。

ソウルの他の小学校も同じ状況で、それらの学校は昨年、このような調査結果を受けても、今までアスベスト成分が新しく出るのか、毎月空気質の測定だけしてきました。



2


しかし予算を最近受け夏休みに交換工事に入る予定です。

[グギジュ/韓国アスベスト環境協会技術審査委員長]
「吹付(プリントアスベスト)であれば、まずレベル1としても非常に危険です。私たちが除去作業する時もとても​​危険な分類に入ります。」

3

文部科学省が専門機関に依頼して、2年の間に調査した結果、全国の学校の建物70.7%にアスベスト材が使用されたものと明らかになった。

特に学校365所はアスベスト材料が晒される可能性があり、警告文を付け、必要に応じ閉鎖も考慮することがわかった。

4

過去保温断熱材として多く使用されたアスベストは、肺がんを引き起こす1級発ガン物質である。

[ソンジャンウォン/漢陽病院呼吸器内科教授]
「すぐに症状がなくても、アスベストに露出されると長い期間の後、いくつかの肺に関連する疾患を引き起こす可能性があります。 」

教育部は、リスクが高く出た学校の中で3ヶ所をべつの素材に変え、99校を部分交換するなど、まず保守作業に入ったと明らかにした。





この記事を読んだ韓国人の反応



そんな環境の学校で呼吸をしている学生や教師が気の毒



・情報公開してください



・全国的な全数調査が必要である



・古い学校にはこうした建材が使われていた事を認めて下さい



アスベスト学校公開と安全診断が必要です。政府まずいくつかの対処して下さい



・既にアスベストが含まれていない建材と交換する予算は出ているのだろ?



・365日危険な​​ように...



スモッグ都市に住み、小中高の学校でアスベスト粉を吸って生きているなら、60までしか生きられない



・大学病院も、その中級の病院の天井も殆どがアスベストである



・子供達が心も体も病気に成ってしまう



・政府は子供たちの為に予算に関係なく早く施工して欲しい



・これは本当に信じられない。折角子供を生んでも学校でアスベストを吸わされているなんて



アスベストは発がん物質である。粒子1個でも肺の中に入れば鋭く打ち込まれ、生涯アスベストは腐らずに継続的に炎症を誘発させて癌に発展



・教師も可哀想



・学校に通う息子が気管支炎で何時も咳きをしているから心配だ



古い建物の断熱材は全部アスベストです。除去作業が大変で外に漏れる危険性が高い、そして肺がんではなく、中皮腫が発生します



・古い学校の天井は皆アスベストであるが、古い基準の学校というのが2007年以前である・・



・私の卒業した学校もアスベストだったのに



小中高だけかい? 2009年以前の建物の中で、健康を考えもしなかった建物、大半がアスベストの使用である



・私たちの学校は開校から1年ばかりの新設学校で、新しい建物なのに壁にひびが入っていた



・アスベスト撤去費用が物凄くかかる。その予算をどこでカバーするか?



・アスベストを使った学校を公開してすぐに措置を取る様にする必要が有ると思います



引用元:http://goo.gl/vxllzB









follow us in feedly