感染経路が迷宮に陥ったマーズ確定患者が増えている。 監視カメラやクレジットカードの詳細まですべて確認してもまだいくつかの患者と接触して感染している五里霧中の患者である。地域社会で感染したという疑惑の指摘も後を絶たない。

1

専門家は、病院内で使用する車椅子やトイレ内トイレットペーパー、トイレなどを媒介に感染した可能性が大きいと分析した。また、平均潜伏期間の14日を超えた可能性も提起した。一方、地域内でのみの滞在でマーズに感染した事例はないということを根拠に、地域社会感染の可能性は低いと明らかにした。

26日、ソウル市によると、市力学調査班が調査したマーズ確定患者の内感染経路が不明な患者は、約10人である。ギムチャンボソウル市保健企画官は「監視カメラをいくら見てみても接点が無く、何処で感染したのか推測するのが難しい場合がある」とし「正確に把握できない事例が約10件程度」と述べた。



174番確定患者も感染経路が不明である。 174番の患者は、三星ソウル病院外来を訪れたことはあるが、正確にどの病棟を訪問したのかは知られていない。診療室への訪問者ではなく、どこで感染したのか関心が集まっている。

専門家は、病院内で感染した可能性が高いと分析した。 監視カメラなどを介して明らかにする事が出来ないトイレなどを介して感染したり、車椅子など媒介物を使用する過程で感染した可能性があると指摘している。

金企画官は、「例えば、14番目の患者は、車椅子に乗って歩き回ったが、この患者が乗った車椅子を次に使用した場合、感染した可能性もある」とし「またトイレの便器を介して感染した可能性も疑わしい」と述べた。

イムヒョンスル東国大学医学部教授は「患者がトイレに行くと痰まで吐くので、次に入った人に感染する可能性が大きい」とし「このような場合、患者がトイレに行った事を覚えて居なければ感染経路を把握出来ない」と述べた。

平均潜伏期間を例外的に外れている場合も感染経路を明らかにするのが困難であると指摘があった。東国大学医学部教授は「潜伏期間が非常に例外的に長い場合、最長60日まで可能性がある」とし「疫学調査というのは例外があり、接触者の家族などの感染環がされている場合もあるかもしれない」と述べた。

また、患者が正確に答えられなかったり、記憶力などの限界に不完全な疫学調査が行われた場合もありえるという指摘も出た。

しかし、専門家は、感染経路が不明でも。地域社会感染の可能性は低いと強調した。イム教授は「地域社会感染の可能性を完全に排除できないが、地域社会感染の明確な証拠が、現在までに出てきたことがない」とし、地域社会感染の可能性が低いと伝えた。





この記事を読んだ韓国人の反応



・いくら感染経路を知る事が出来ないとは言っても、サムスンソウル病院という共通点はあるみたいね



トイレで感染するなら、当分の間、公共の場トイレも注意しなければ成らないね



・家族感染、地域社会感染、病院外の感染症が無いと言えば国民が安心すると思っているのか?



・病院以外で感染した人は完全な調査がされてい無いのだから、病院外感染は無いとされて



・私は政府がミステリー...



・政府は毎日言い訳で夜を明し



・空気感染なのにしきりに無いと言うのは、安倍が放射能は安全だと言っているのと同じだ



ますますマーズに感染していても、肺炎の症状で死亡した事にされる人が増えるでしょう



・何故かは分からないか、サムスンソウル病院全体がマーズに感染したが、それで室内汚染が起こったのは三星ソウル病院だけでなく、マーズ患者出た病院全てのはずだが、どちらにせよ地域社会感染まで起こる警戒心を持たなければならない



地域社会感染を努めて否定する政府



・ティッシュで感染するのなら、紙幣から感染する可能性もありますね



・マーズは3週間咳、痰、悪寒、筋肉痛に悩まされた後に病院に行くのですよ、地域感染者は検査事体もしていないのに、無いと断定するのですか?



・感染経路が謎である理由の一つと推測してみる。最初の感染者が、実は最初ではなかったんだ...ただ、以前からあったものだが、高齢者を中心に感染している一般的なインフルエンザだと思ったが、今回の干ばつで湿気が無くなり、マーズが強力になって流行したのかもしれない



・2週間の潜伏機関と言われていたのが、60日?2週間程度経過すると、安心してくださいって言っていたのに、潜伏期間を4倍に伸ばしたの?この潜伏期間を長く取った根拠は何なのだろう?



・医療機器のために感染している可能性もある。感染病棟に全く行ったことがない場合は、医療機器の感染しかない



・専門家集団の自信が問題をより育てたのだろう?自分達の知っている学問の中では空気感染は起こらない、という自信が感染者を増やした



・患者は、常に自分が不利に成ら無い様に嘘をつく



・空気感染がないので迷宮です!



・そもそも感染者が100人を超えれば、彼らの動線や感染経路を把握するのは無理だと思っていた



・無症状感染者がどこかに存在していて、無症候性感染者から感染させられる可能性もあるのです



感染経路が分からないのに、地域社会感染では無いのか



・マーズの恐怖再起動~~



・エアコンによる風邪も7月中旬から、8,9月までが多い..6月に路上で咳をして歩き回った人々は以前よりも多いので疑わしい



政府が地域社会感染が低いと、しきりに強調しているのを見ると、より不安である。これまで政府や保健福祉部が話している事がずっと間違って居たので



・また、政治家の目隠しか?



・専門家?どの分野の専門家ですか?



引用元:http://goo.gl/OiCPQN









follow us in feedly