国内造船業界がギリシャ債務不履行(デフォルト)の事態を大きく懸念している。ギリシャを筆頭に、欧州全域に第2の金融危機が来る場合は、ヨーロッパの船舶新規発注が失われる可能性が大きいからである。

現代重工業が過去2013年9月、ギリシャのネセル(ENESEL)社に引き渡した1万3千800TEU級の超大型コンテナ船の試運転姿/現代重工業提供

1

去る6月30日(現地時間)、ギリシャ政府は、国際通貨基金(IMF)の債務の返済期限をめぐりながら、15億ユーロ(約1兆9000億ウォン)の債務不履行が確定した。ギリシャは昨年基準で4252隻、約3億DWT(載貨重量トン数)規模の船舶を抱えている、世界最大の海運国である。



韓国造船海洋プラント協会によると、国内の船舶の新規発注量約20%がギリシャから来ている。その他60%程度は、フランス、ノルウェー、デンマークなど西欧地域からで、国内の造船業界のヨーロッパの依存度は高いほうだ。

現代重工業は197​​4年蔚山尾浦で造船所を竣工して以来、現在までに51カ国308の船主の中で、ギリシャが254隻と最も多く、ドイツ(238隻)、デンマーク(101隻)の取引量がある。大宇造船海洋もギリシャ最大の海運船会社アンジェリクシスグループと1994年以来、84隻の船舶契約を結ぶなど、ヨーロッパの船主との厚いパートナーシップを維持している。

造船業界の関係者は、ギリシャの債務不履行ではなく、ギリシャ発の危機が周辺EU加盟国の財政難に至るまでの場合、国内の造船会社が受けるダメージは思ったより大きくなると診断した。

韓国造船海洋プラント協会の関係者は、「船主は、通常、船舶の購入費用を自国の銀行から融資受ける(船舶金融)、この市場を主導してきた欧州系銀行は、過去2011年のヨーロッパの金融危機以降、リスクが大きい船舶金融ローンを減らし始めた」とし「ギリシャのデフォルトをきっかけに、欧州全域の経済萎縮度なるなら、欧州発の発注が大幅に減少懸念もある」と述べた。

現代重工業の関係者も「ギリシャの事態により、欧州景気が全般的に低迷したら、船舶金融方式が正常に機能していない、既に契約された件の代金支払いが押されたり、国内の造船業界の発注が途切れるなど、実質的な打撃につながることができ、注視しなければならない」と述べた。

ギリシャのデフォルトをはじめとヨーロッパ複数当局の銀行規制強化されると、ヨーロッパの船舶発注企業は社債や株式の発行など、独自の資金調達への依存度を高めることしかできない状況になる。このため、一部では、最悪の状況の場合、欧州船主も投資をしたいが資金を得られず(韓国に)新規発注をしにくくなる状況が生じる可能性がある予測が出ている。




この記事を読んだ韓国人の反応



・Welcome to IMF in korea



・ギリシャ危機はもう以前から起こっているのだから、今後の予測もされているだろうし、国家が貿易に頼っている限り海運業が無くなるという事は無い



・中国空売り調査に入ります韓国も空売り調査する必要があります。ですがどうして造船業だけが記事に成っているのですか?他の分野でも影響を受けている業種が有ると思います



・造船会社、現代重工業、大宇造船サムスン重工業...死ぬのか?



・船舶を発注する船主は銀行で金を借りて造船所で船を作って、運航収入や傭船料(用船料)などで借金を返していく構造なので、ほとんどのヨーロッパ銀行がこの金を貸します。

ギリシャの船主はヨーロッパ銀行で金を借りることができる海運大物ですね。 ところがギリシャのためにヨーロッパ全体が景気が悪くなれば、お金を借りる所がなくなって船が発注され無くなれば韓国造船所が打撃を受けることになりますね。 そうなると連鎖的に造船所に納品する各種装備業者も打撃受けますね



・私もこの様な理由から、今日の現代重工業の株式全量売却して、当分の間ポートフォリオから除外しました



・心配しなくても良い。ギリシャからの受注の20%が韓国なら、残りの80%が中国である。韓国朝鮮が打撃を受ける前に、中国がより打撃を受ける。ただし受注の減少に構造調整する必要が出てくるだろう



・船舶会社がギリシャでも、本部は別の国、企業は動くよ



引用元:http://goo.gl/egVwGL









follow us in feedly