急落していた中国の株式市場が当局の浮揚策に支えられ、反発に成功したが、不安は相変わらずです。ただでさえ景気鈍化を見せる中、中国当局の市場統制力に対する信頼が減っており、ややもすると「チャイナリスク」が現実のものとなるのではないかという懸念があります。

1

中国証券監督機関の建物にいきなり公安車両が入ってきます。最近の株式市場の暴落のプロセスにいくつかの個人や機関の悪意のある空売りがあったという疑惑を共同調査するためです。



[公安局経済犯罪チーム局長]
「違法行為を根絶して、市場の健全な秩序をつくります。 」

中国当局は、地方政府と国有企業などの機関に株式購入指示を下したのに続き、45兆ウォン規模の緊急資金投入、クレジットローン満期延長、さらには公安部署まで投入しました。

9千万人個人投資家の不満が社会問題に飛び火する可能性があるという危機感から、中国当局が急いで緊急対策を打ち出したものです。

しかし、株価暴落で取引停止を申請した1,400以上の上場企業のほとんど取引再開をまだ躊躇しています。

また、株価暴落で家を買うお金を飛ばしたり、初めから家まで売ったという報道まで出てくるなど、あちこちで損失を被った投資家が増えています。

最近一ヶ月証券市場暴落過程で、政府の政策の信頼性が打撃を受け習近指導部の市場統制力が試される上がったという分析です。

[証券市場の専門家]
「中国政府が適切な対策を出すならば、状況が良くなるかもしれないが、そうとは思えません。」

証券市場の暴落は、企業と消費者の心理を萎縮させ、投資と消費を減らし、ただでさえ良くない実体経済に深刻な影響を与えることができます。

[個人投資家、北京市民]
「最近、中国経済が良くないのは紛れもない事実です。 」

ギリシャの債務危機でユーロ圏が揺れるのに続いて、中国の株式市場まで揺動しながら、世界経済の不安感が高まっています。





この記事を読んだ韓国人の反応



・韓国も空売り無くさなければならない。本当に



中国がぐらつくと、、韓国をはじめ、開発途上国と新興国の経済は破綻してしまう。中国頑張ってね



・私は賃貸をしていたマンションを売った。2年間で25%上がった。株はするな



・中国の現状は近い将来の韓国の様だ



中国が潰れれば、韓国も道連れになる



・中国の次は韓国なのに



・中国やギリシャの問題というより、米国に操られているのかも



・金正日:中国を信じるな



・ジョージ・フリードマンは一人だけ中国は、負傷ではなく崩壊を心配しなければならない国だとした。 彼の予言はそのまま的中した



・AIIB、これも心配だ



・★★★ユダヤ人資本が世界を支配する★★★



中国が潰れればどうなるか・・世界恐慌が来るだろう



・経済を台無しにして、中国の野蛮人達よ



・中国の現状を見ると、証券市場崩壊でバブル的利益を受けていた中国個人投資家らが打撃を受ければ、それが政治的分裂に行く



・空売りの乱発は、市場を錯乱させる危険性がある。 空売りは廃止は妥当さ



・★★★中国混乱=韓半島統一★★★



・空売りが問題だね、それに地方政府が株式を買うって・・・ このような発想自体が共産党が資本主義を理解出来ていなと言う事であること。企業実績さえ良ければ市場はいつでも評価してくれるよ。 問題は、中国市場が今まで最高であり、暴落した後にも市場PERが45倍にもなるという点だ。 中国は人件費が上がって、以前の様な投資魅力がない国に成った。一言で言えば高速成長は終わったということ



信用(借金)、株式、不動産、トリプル崩壊の終着駅は、不動産の崩壊、経済崩壊を意味する



・中国は大きく見えるものとは違い、実際はあまりにも違う。貧富の格差は我が国と比較もならず、産業基盤も下請工場が大半。また、国防力も投資だけたくさんして、実際には、投資に比べて強くない



中国は市場を統制するほど、経済は萎縮され、結局には日本の様にもっと奈落の底に落ちるだろう



中国企業の負債125%で1位、総負債282%である中国内部経済は最悪だ



・今回のグローバル危機は、ギリシャではなく、中国から...



引用元:http://goo.gl/Bb2oDg









follow us in feedly