寿司や刺身は新鮮な魚で作るほどより美味しいでしょう。ところが、米国ニューヨークでは来月から、生きている魚で刺身寿司を作るのが禁止されます。代わりに、冷凍魚を義務的に仕様する様に指導しています。

2

米国ニューヨークの有名和食レストランです。日本人調理師が生きている新鮮な活魚で直接作る寿司が最大の人気です。

この様に寿司と刺身は生きている新鮮な魚で作ることが一番と思われます。しかし、ニューヨーク市は来月から活魚で作った寿司と刺身を禁止します。



1

ニューヨーク市保健当局は、火を通さなかったり、軽く煮る魚料理は冷凍魚のみを使用するように関連規定を改正しました。

温度に応じて15時間で一週間冷凍保存された魚を使用しなくては成らない。貝類や養殖された魚、マグロの特定の部位は除外されます。

魚を冷凍して魚の中に居る可能性のある寄生虫を殺すための措置です。

[観光外食調理科教授:(食品の)安全性・衛生・栄養・経済性・嗜好性この中から、保健当局は当然、衛生的に問題が起こらない様にしなければ成らない。当局はここに重点を置いたのでしょう。]

冷凍魚は寿司や刺身のユニークな食感を低下させるかもしれないが、食中毒などの病気を予防し、価格を下げることができるというメリットもあります。

米国外食業界は、ほとんどのレストランはすでに冷凍魚を使用しています。冷凍も熱を加えるのと同様、細菌や寄生虫を除去することができるもう一つのレシピだと主張しています。





この記事を読んだ韓国人の反応



魚には寄生虫が付いている。魚の食べ方を知っているのは欧米人の方だ



日本は伝統的に魚の肉を食べているのに、寄生虫の殺し方も知らない様だな



・活魚は小さな水槽の中でストレスが有ったり、動きが悪く成ったりして、決して美味しい訳ではない



米国のこのような決定的な法改正が本当に羨ましい。科学的根拠を伝統よりも重んじなければ衛生を保てない



日本の人たちは、寿司をたくさん食べて頭がおかしくなった。寄生虫が脳に湧いているのだろう



生肉を食べる行為自体が不衛生だろ、日本人はキッチンを綺麗に洗っていると言っているが



寿司は生肉以前に、素手で作る



・活魚販売禁止法案、放射能活魚も輸入禁止しなくては成らない



・良い法案だ。韓国でも適応させるべき



・日本で寿司と刺身が大好きなおばあちゃんが居て、その人の認知症の進行が酷くなり、彼女の死後彼女の頭を解剖したら、脳に沢山寄生虫が住み着いていたそうだ



・味より安全に一票



・私は寿司も刺身も絶対に食べない。野菜も熱く沸騰したお湯に20秒に処暑食べる。今の世界は、ありとあらゆる細菌やウイルスが動き回っている。寿司を食べるのは、手術室で胸を開き手術患者の血を飲んでいるよりも危険だ。魚は必ず焼いて食べ、自分だけでなく、家族の健康も守ることだ



国民の心配をする米国!やはり先進国



・冷凍魚は寿司や刺身のユニークな食感を低下させるかもしれないが、食中毒などの病気を予防し、価格を下げることができるというメリットもあります



・霊長類も肉食をします。しかし、霊長類と人間の最大の違いは、火を使用するという点です。火を使用すると、より安全にそして多くの食品を摂取することができます。それだけ生存確率も高くなり、人間の脳もさらに大きくなったんです。それが猿と人間の差なのです



・寄生虫を殺す確実な方法は、冷凍である



これでオバマが来日したときに寿司を残した理由が分かる



細菌や寄生中塗れで、食中毒の危険があり、少量しか食べられない生魚と比べ、人類は火を通した肉や安全で良質なタンパク質を大量に食べた為、猿と人類に知能や体格に差が出たのだろう



・寿司刺身よりもはるかに安全したのがピザだ。 300度の温度で焼かれたピザが安全である



・クジラ回虫アニサキスを検索すれば、生で魚を食べる事自体嫌に成るだろう。魚を熟成させて食べる人も居る様ですが、何と言っても食べ過ぎない事です。自分自身の体を虐待しない様にしましょう



生のまま食べる行為は、それ自体がかなり未開な行為です



私は寿司、刺身を絶対食べない。寄生虫、細菌の塊だと思う



・冷凍魚食べると、少なくともクジラ回虫はかからない.....冷凍状態では、鯨回虫は多死んでしまうだから....結論は天然活魚は食べてはいけない



引用元:http://goo.gl/Pzhi5P









follow us in feedly