新型スマートフォンS6シリーズ販売不振の影響

1

(ソウル=連合ニュース)三星(サムスン)電子の新型スマートフォン「ギャラクシーS6」の販売が全世界的に振るわず、三星電子と取り引きする部品や設備業者にもその余波が広がっていると日経ビジネスの最新号が報道した。

13日付日経ビジネスによると、日本の関連企業は、主要取引先の三星電子の「ギャラクシーS6」の売り上げが低迷したことによって、昨年S5シリーズ発売後に行われた「三星ショック」が再燃することを懸念している。



日経ビジネスは今年4月10日に発売されたS6シリーズは失敗を繰り返す可能性がないという覚悟で力を入れた新作だが、現段階では業界の予想を下回る結果を見せていると指摘した。

三星電子にスマートフォンの部品材料を供給している日本企業の営業担当者は、日経ビジネスに「最初はよく売れたが、すぐ予想の受注量を下回った」と話した。

香港リサーチ会社によると、S6シリーズが発売された後、20日間、販売台数は約600万台でS5シリーズを超えているが、発売三日目に1千万台を突破した米アップルの「アイフォン6」シリーズほどの勢いはないということだ。

世界最大のスマートフォン製造会社である三星の不振は、関連会社の業績にも影を落としている。

日本工作機械産業協会が発表したベトナムの受注の統計で春先から以上が出始めていたのだ。 ベトナムは、三星電子の生産拠点が形成されており、受注の内訳も大半がスマートフォンの金属ケースを加工する機械が占める。

今年4月のS6の発売を控え、昨年10月頃からベトナムから毎月100億円を超える規模の受注が日本機械製造会社に到来したが、発売直後から受注規模が下落し始めた。 3月に72億円を記録した受注額は4月に53億円、5月には1.4億円まで急激に落ちた。

日経ビジネスは電子部品の世界売上統計は前年同月比二桁増加傾向を続けており、S6の不振の影響はまだ顕在化していないが、「三星への依存度が高い企業の実績は2四半期以降影響を受けるだろう」と見通した。

昨年10月のスマートフォン専用のリチウムイオンバッテリーを供給する日立マクセルは、三星電子の業績不振を理由に自社の実績見通しを下方修正して早期退職を実施することにした。





この記事を読んだ韓国人の反応



少なくとも三星電子は、近日中に滅びますので、準備をしておいて下さい



・後に泣かない様に今危機に備えましょう



S6はよく売れていない。バッテリー交換も出来ないし、メモリーの拡張も出来ないし、アイフォンの方が良い



日本は嫌韓記事で何時もサムスンを無くそうかばかり考えている



・現代よりサムスンの心配をした方が良いみたいだな



最強の強みであるバッテリーとメモリーの交換が出来なく成ったのが販売不振の原因だろ



・30歳の大卒失業者だ未来が漠然としている



内鮮一体が再び証明された



・バッテリーが交換出来ないからS6を諦めた人が多いみたいだ



・グーグルやアップルが恐ろしいのは、その儲けた膨大なお金を今まで無かった事に投資しようとしている事だ。将来的には車は自動運転になって、その車も全てネットワークで繋がれる事になる



・危機とは、サムスンにとって製品の技術革新、新たな変化、最高に向けた挑戦の足場である。新たに発売することになるギャラクシー7はデザイン、バッテリー技術、ディスプレイ、カメラ、ユーザインタフェースのアップグレード、割引価格などの高度な技術でしっかりと武装して総攻撃しなければならない



・今全般的に韓国経済が最悪だ。円安とあいまって現代は墜落し、三星も厳しい状態。本当に想像以上に経済が大変。。



・日本の部品企業は三星なくてもアップルや他のスマートフォン製造会社に売ったらいいのに・・何が問題? 三星だけ破産するの?



サムスンの業績が日本企業も左右するという記事だろ?



・アップル、サムソン、それ以外は皆赤字に喘いでいる



・サムスンの業績悪化は今始まった訳ではないのに



・ギャラクシーs7成功するには、ラム4基、新たに開発したバッテリーの2倍の技術を適用、バッテリー着脱式、SDカードをサポート、防水、基本的なモデル容量64ギガバイト、デザインはきれいに



・サムスンは何時も危機を乗り越えてきた。今回もこの危機をチャンスと捉え製品の改善に努めて欲しい



バッテリーの寿命を今の2倍に、充電時間を20分居ないにすれば売れると思う



・値段も今より安くしてください



引用元:http://goo.gl/4I28xC









follow us in feedly