1.日本で就職したAさんの事例

1

- 「高校の劣等生、今では唯一の韓国人従業員」

15年前のAさんは、地方の高校に通った。成績は後ろから数えるのがより速かった。好きなのはバイクだけだった。親は「君がやりたいことせよ」と自由な進路を認めてくれた。 Aさんは、日本の3年間の専門学校に進学した。専攻はデザイン系だった。卒業後、日本の世界的なオートバイ製造会社の入社試験を受けた。 4年制の有名大学大卒と競合したが、専門学校出身だった為クレイでモデルを作成する分野で優れていた。会社は学歴ではなく、バイクへの関心を優先にした。最終​​的には、合格した。現在は、この会社の唯一の韓国人正社員デザイナーとして10年目の勤務をしている。

2

 - 韓国企業のスカウトを拒否した理由は?

韓国のバイクメーカーがスカウトを提案してきた。日本の会社で給料を何れ位貰っているのかと尋ねてきた。 Aさんは、悩んだ末、日本に残ることにした。韓国で子供を育てる自信がなかったのが最大の理由であった。ビザだけあっても、日本では子供薬価や医療費が全くかからない。私教育(塾通い)をさせる必要もない。

さらに、家の中が豊かであるか、学歴がどうか、故郷がどこか、相互に比較していない。韓国に帰ったら、子供たちは子供たちに、自分自身に厳しいように見えた。老後を比較しても帰国する理由がなかった。日本の国民年金受給額は、平均が23万円レベルである。すでに公務員年金と国民年金が統合されている。日本の大企業で定年まで働くと、30万円レベルの年金を受けることができる。 A氏は、現在の家賃を会社から補助してくれる一戸建て住宅で、4人家族で暮らしている。


2.日本はなぜ青年就職がうまくいくか?

最近、日本の大卒者数は55,6万人水準である。韓国は32万人である。日本の人口が韓国の3倍の水準であることを考慮すると、大卒者の数が韓国よりも少ない。若い人口が減少し、大学進学率が50%前後であるという点である。韓国はOECD最高水準の70%ラインである。

韓国は学歴を重視するが、日本はそうではない。高校だけ卒業して就職する若者が半分ということだ。高卒就職率も97%を超える。高卒と結婚市場で悲哀を苦しまもない。日本の親は子供が好きなら、それだけである。家の中を比較して、お互いに条件を確かめてみることは、遠い国の話だ。

日本は中小企業が強い国である。大企業に入社していなくても、似たような給与と福利厚生を享受することができる中小企業が多いということだ。中小企業との賃金滞納をしたり、労働法を遵守していない企業はほとんどない。外国人労働者に賃金を滞納して葛藤があるという記事は、日本ではほとんど触れにくい。

3.「ジャパンドリーム」はない...
しかし、誠実と「安定した生活」が可能である。

日本は安定した社会である。逆に言えば急速な発展や変化はない社会である。すでに先進国という話だ。急速な発展のない社会では、異邦人が「夢」を実現することは不可能である。 「アメリカンドリーム」が昔の話であるように、「ジャパンドリーム」もない。しかし、先進国は、肉体労働の対価を十分に支給する社会である。

 日本ではコンビニ、レストランばかりの仕事でも月に20万円以上を稼ぐことができる。キャリアが少し積もって仕事に誠実であれば30万円以上を受けることも問題ではない。この様な仕事が転がっている。夫婦が一緒にアルバイトだけでも50万円以上を稼ぐことができるということだ。生活するために「家賃」が負担であるのは事実だ。しかし、他の費用はありません。子を産めば出産奨励金はもちろん、中学生までの児童手当がきちんと出てくる。

自治体ごとに少し異なりますが、中学生までは子供薬価や医療費がゼロである。公教育が生きていて、私教育をさせる必要もない。外国だから「差別」を感じる時もあって、適応に問題がある場合もある。しかし、日本はグローバル・スタンダードが確立されたところである。 (もちろん、歴史認識や領土問題は別である。)に対処するのは難しい差別はない。自分が誠実に生きるだけで、4人家族の安定した生活が保障される。

 4.「安倍政権」が、日本の全てではない。

日本は韓国よりも大学に行くことも簡単で、仕事を求めたりしやすい。韓国の様に熾烈な競争の中で勝ち抜ぬいた人だけが良い暮らしが出来る国ではない。成功した一部だけ安定した生活をすることが出来る社会ではないということだ。安倍政権が発足後、日本は右傾化の道を歩んでいる。

しかし、朴槿恵大統領やマーズ事態が韓国のすべてのものではないように、安倍政権や地震が日本の全てではない。日本で生活しながら「独島は韓国の地」と話をして、サッカーの試合韓日戦で韓国を応援しても何の問題もない。

 韓国社会が「先進国」になるまで、労働の価値が高くなるまで、海外での仕事を探してみることは必要なことである。また、日本社会が持ついくつかの利点を考えると、日本を例外とする理由がない。韓国青年は誠実で、スマートである。地球上のどこでも自分を売り込める力がある。



この記事を読んだ韓国人の反応


日本人が学歴を差別しない?



これは日本の外側しか見ていない記事だ。差別がひどいより激しいところが日本である。ただし日本人は表面上感情を表さないだけで、影では露骨に差別意識に満ちている



日本は能力で差別をする。強者に弱く、弱者に強い国



・小、中、高校、さらには大学まで貴族学校賎民学校別にある国が日本だ



・日本人が学歴や家族の比較をしない?とんでもない記事ですね



・日本の大学進学率は50%で、韓国よりはるかに低い



・日本が韓国より住み良いのは事実だ。日本が好況を迎え、雇用があふれていて



日本は好況で出産率は増えている。そして、日本は韓国人も密入国する真の先進国だ



・もう少しすると、日本の労働者人口が減って、企業が人員確保すら厳しくなる。そうなれば日本で働きたい外国人も増えるだろう



・日本の貧民階級社会は学歴を気にしないけど、日本の中流階級からは気にするよ



・長期的にみれば、韓国の技術職、生産職も日本に流出する可能性高いと見ている。技術、生産によって国を生かすのが技術職、生産職を見下して賎民扱いする韓国とは違って、日本では、技術の持つ人尊重する風土がしかれている。もちろん、若い人たちは事務職するエリートをより好むが、少なくとも韓国の様に技術職を賎民扱いしない



・文禄・慶長の役の前後に朝鮮の陶工らが日本に居続けた歴史が再現されるのか・・



・私も行く!!!!



・香港で就職したい。きれいな香港女性と結婚もしたい



日本語は中国語より簡単



日本語検定2級3ヶ月で取った



・ははは、日本に学閥も無くて、学歴も比較しないと?



・一人で生きるなら日本の方がマシだ。日本の方が一人で生きる文化が発達している



・日本は就職が好況だというが、韓国人も含まれるのか信じられないよ。日本留学に行って就職できずにいた韓国人を大勢見た



・日本にも学閥はありますよ



日本の方が地域差別が激しい



・この記事を読んで興奮しているのは、既に韓国で失敗した奴ら



・唯一の韓国人デザインの正社員...



・日本に住んでみたい!(泣)



・日本人はとても排他的ではないか?会社で韓国人として、生き残る可能が有るのか?


引用元:http://goo.gl/JrlQl9