日本は、明治維新が施行された以降に身分制が撤廃された。しかし、制度的にのみ撤廃されたかのように見えるだけで、人々の意識まで矯正させるには力不足だった。

1

部落問題(部落民)

明治維新以前、日本の身分制で最下層に位置した賤民階級、彼らは21世紀の現在でも日本で差別を受けている。日本は部落問題のほかにも在日朝鮮人やアイヌ民族のような少数民族を差別しているが、部落問題と、これらの差別は本質的に異なる。

民族差別は他の民族という理由だけで差別される一種の人種差別だが、部落問題の差別は同じ民族であることにもかかわらず、過去に賤民だったとの理由だけで差別する身分制の残滓である。

2

70年度頃、日本で秘密裏に販売されていた部落民のリスト、各種の企業で部落民は採用さえされておらず、相手の配偶者の背景を探り、部落民は結婚さえさせなかったという。

3

部落民のリストというのは「まさかそんな物があるの?」として流れる都市伝説だったが、実際に存在するという実体が明らかになって日本は衝撃に包まれた。

この影響で日本で徹底に実体を調査した結果、部落差別を禁止する運動を開始して小学校でも「部落問題を差別してはいけない」と教育させたが、21世紀の現在も暗に部落差別が行われている。

トイレの落書き

4

5

6

7

部落の出身であることにも7選議員まで務めた野中広務。自民党の有力な首相候補だったが、部落民という理由だけで小泉に敗れ、そのまま政界を引退した。

8

現在日本の大阪の市場である橋下徹また、部落問題の出身だ。しかし、極右性向の政治家で、むしろ部落問題を迫害する政策などを展開している(支援金を断ち切ることなど)。

出世のため「私は脱部落民だ!」と主張することで、表現しているのではないだろうか。

9

この様に、日本では現在まで暗々裏に部落問題差別が行われており、日本は21世紀の今も、身分制度の残滓に苦しんでいる。しかし、右翼性向のマスコミではこの様な問題がよく報道されておらず、現在も多くの差別事件が起きているが、左派系列の新聞社で短めに言及されるだけで、当の日本人はそんなことは無い、と言う風に一貫している。



この記事を読んだ韓国人の反応


差別を受ける民間人は実際は賎民扱いだった



・日本の地域差別は日本以上かも、関東と関西も余り仲が良くないみたいだし



日本の部落差別は大変深刻な問題だ。日本に長く暮らした経験でも無ければ理解し難いと思う



・橋下の場合、漢字を橋本に使う場合が一般的だが、現大阪市長橋本は橋下と書いている。日本であんな苗字を持つ人の大多数が部落民出身として知られている



・橋下市が右翼的基本思考方式を持っているためかも知れないが、代替的な評判は部落民出身であることを希釈するために、右翼的行動をして、日本の主流社会に組み込まれようとする事かもしれない。在特会の桜井も、桜井誠と改名して奮起しようとしたが、この人には政治的才能が無くて



・部落問題は深刻だと言っていた。お互いに結婚も出来なくて



・日本の小説の中で部落民が先生なりましたが、部落民というの知られるのを恐れてとても悩んだ末、結局はすべてを教えて気楽になるという小説があるよ



野蛮な日本やつら



・韓国でも年を取っているひとは、精肉店で働く人を白丁扱いするよね



・日本では部落という言葉自体がタブー視される感じがある



・どうして同じ民族なのに、部落民って分かるの?



・↑苗字や両親の家系図



・身分制?とても未開だ日本(笑)



・日本政府は部落問題の支援もし、税金の恩恵をまてしてくれたのは、知る方法は探せばあるよ



・日本で「部落」って言葉を出すと、先生がギョっとした顔をする。後で知ったのだが部落という言葉自体が日本ではタブー扱いだった



・日本には部落民の村もあり、部落民する職業が、韓国で言えば、白丁や下品な仕事を代々受け継がれている。 韓国は戦争のために行政システムが崩壊して色々な人間が混ざって、その地域の家の子どもか分からないが、日本では違う。苗字や住んでいる地域で、ある程度の推測が可能である



・日本でも第2次世界大戦のとき、東京の丸焼きと核でリセットされなかったのか?



・↑戦争で数が死んだのは事実だが、部落地域は残った



・日本は恥ずかしくて汚い恥を覆って隠すのが伝統である



・沖縄出身の人もとても差別を受けた。2等国民で劣等だと



・沖縄に中国人といくつかの国々の人たちが居留したが、その中の大半が高麗人の子孫だった。彼らは、軍人達であり、対蒙抗争の時に沖縄に避難する



・沖縄県の人たちは、高麗人の後裔であるということを自慢するような気も無いし


引用元:http://goo.gl/Fzxm9J