ロシアジュニアグランプリファイナル女子シングルチャンピオンが浅田真央に対して感じた点を明らかにした。(注意:14才少女の回答です


今シーズン、ジュニアグランプリファイナル女子シングルチャンピオンのポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)は最近、ロシアの日刊紙「Rスポルトゥ」とのインタビューで「浅田真央(25日本)のトリプルアクセルに大きな印象を受けなかった」と明らかにした。

2

1

ツルスカヤは今シーズン、ジュニアの舞台にデビューし、ジュニアグランプリ二つの大会で優勝を占め、ジュニアグランプリファイナルでは総点195.28ポイントで圧倒的な優勝を獲得した。

ジュニアであることにもかかわらず、168cmにもなる大きな身長にジャンプの質もロシアシニアを圧倒する。 今後のロシア女子フィギュア界をけん引していく人材という評価を受けている。

ツルスカヤは「浅田真央が好きですか」という質問に正直、浅田真央の演技に大きな印象を受けなかった」と率直に打ち明けた。 ツルスカヤは「浅田はトリプルアクセルをするが、エリザベータ・トゥクタミシェワ(19ロシア)もトリプルアクセルを跳ぶ。 二人を比較するとトゥクタミシェワの方がはるかに優れている」と話した。

現在、国際大会でトリプルアクセルを飛べる女子トップランカーは浅田とトゥクタミシェパがいるが、トゥクタミシェパはこの2015年世界選手権大会でトリプルアクセルをして優勝を獲得したことがある。

ツルスカヤは「トゥクタミシェワがもっとパワフルなスケートとジャンプをする。 ジャンプが大きくて高い。 また、感情的で素敵な演技」と説明した。

また、ツルスカヤは2014ソチ冬季五輪を見ましたが、偶像になったり、ベンチマーキングしたい選手はなかったと語り、「経験が最も重要だ」と話した。ツルスカヤは「金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワ(19ロシア)のようになりたいという感じはなかった」と明らかにした。

一方、浅田真央は、グランプリ・ファイナルで総点194.32点で最下位を記録し、自尊心を傷つけられた



この記事を読んだ韓国人の反応


・ロシアの選手は謙遜が無いし、他人に媚びたりしないので、自分が最高であるという意見をするね



彼女の回答は正直で正しいと思う



彼女は正しい回答をしただけだよ、トゥクタミシェワの方が浅田真央より、3Aが良かった~



・ツルスカヤは身長が高くてロールモデルがないというのが残念。 必ずロールモデルのいない選手は後にわけのわからない破壊をされた



彼女若いのにハッキリ物を言うね



ソトニコワの様には成りたくないと言ったのは気に入った



彼女は間違った事を言った分けではないが、なんか唐突な感じ。それをみると、韓国のキム・ヨナ選手は実力と人間性のいずれも最高だったと思える



・ロシアの選手は自尊心が強いのだね



・浅田選手は第2次成長が来て、体重が増えて不調に成ってしまったのだけど



・どんな国の選手でも体型の変化が出て来れば、潰れてしまう場合が多いよ



日本のフィギュアの英雄、平昌五輪の強力な金メダル候補、浅田真央ファイト!!



・красивоは美しいという意味だけど、きれいに行うという意味もあって、正確に韓国語に翻訳出来ない。だた言えるのは、決して「美しいスケーティング」という意味では無いよ

引用記事:http://goo.gl/cZ5feV