男子サッカー8回連続オリンピック出場を確定し帰ってきたシン・テヨン(46)監督と2日、ソウル鍾路区サッカー会館前のカフェで会った。

シンテヨン監督

カタールアジアサッカー連盟U23選手権期間中、シンテヨン監督は体重が2㎏減った。シン監督は「極と極を行き来した大会だった」、「リオ・オリンピックを控えて補薬になった」と述べた。

オリンピック出場と1次目標は達成したが、シン監督は笑うことができない状況だ。宿敵日本と行った決勝戦で2対3で逆転負けをしたからである。彼は「日本戦はまるで幽霊に憑かれたようだった」と述べた。

「2-0でリードし、状況でのゴールを許容してから選手たちを励ましました。そして、ベンチに行って水を一口飲んで戻ると、日本がまたゴールを入れたんですよ。そんな短い時間内に2ゴールを入れられたのは、私のサッカー人生で初めてです。





2

以降では、水を飲まないで試合を見守ったが、又ゴールを入れられた。 シン監督は「韓日戦ではなかった場合、2点目を入れた後、守備に重点を置いてロック試合を行っただろう」と語った。しかし、攻撃の手綱を緩めなかった韓国は、むしろ後半15分に3点を次々に許可した。

「率直に言って欲が出ました。4対0、5対0で勝とうと思いましたよ。日本の鼻柱をへし折ってやりたかった。私の血が沸き起こり「攻撃を前に」を叫んだのです。」

試合が終わってロッカールームに入ると、ほとんどの選手が頭を下げたまま苦しんでいた。シン・テヨン監督は彼らに、「ありがとう」と「これからこういうミスは再び起こさない。私が反省する」と語りかけた。

彼は自分の過ちを振り返り、手帳に「情にとらわれ無い様にしよう」と、メモを取ったという。日本戦当時シン・テヨン監督は選手を前半20分ほど早く交換しようとした。 「負担感のための顔付きが変わっていた。変えようとしている途中、その間その彼が一生懸命取り組んできたことを考えながら、そのまま続行させてしまった。結果が良くなかった。監督は冷静でなければならないという痛恨の教訓を得ました。」

今回の大会では、守備の不安が最も大きな問題として浮上した。 「ディフェンダーが個人の能力をより育てます。何よりも、所属チームで着実に走りながら試合感覚を積むことが重要だと思います。今からが無限競争です。」シン・テヨン監督は守備の強化のために、最大3枚まで使えるワイルドカード(24歳以上)を積極的に活用する計画である。彼は「兵役かどうかに関係なく、チームに最も必要な選手をワイルドカードとして抜きたい」と述べた。

彼は韓日戦を控えて「勝てば韓服を着て授賞式に行く」と公約した。新監督の知人がカタールに送った韓服は、朝鮮時代の王が外出するときに着る服だった。しかし、その韓服は日本戦の敗北で光を見ていない。リオ・オリンピックにも韓服を持っていくのかと聞いてみた。彼は「今はそんなことはない」と述べた。 「自重しますよ。キムチの汁飲まないで着々と準備をするでしょう。冷静な勝負師に成ります」






この記事を読んだ韓国人の反応




問題を認知しているということだけでも大きく前に進めると思います。同じミスを繰り返すに、次の試合は頑張って下さい



それだけ知っていればいいんです。 今回の敗北は痛切だが良い薬になることを願います



・欲張り過ぎたんだね・・



理解します。2対0のスコアの時、雰囲気自体が多得点の雰囲気で、相手が日本人だったので、屈辱を与えたいという心理に成ったのでしょう



・2対0、楽しく攻撃し、後で思い切り殴られた



・監督は平常心が重要で孤独な職業です。 華やかさより着実な勝利者が名将です。 一時的に華やかな選手や監督は、永遠なスターになれません。 疎通もいいが、選手たちがうきうきしても、監督が中心になって静かに対処する強いメンタルを育ててください



・ 欲を張るためには、より戦略的にすべきだった・・



・お前は血がにえたぎったが、国民は血が逆に湧いた



・韓国は優勝japan機(笑笑)



・むしろ五輪本大会で負けるより、事前に勉強した方が良いとみられる



日本は今大会中、前半身をすくめて後半に逆襲するタイプだったが、それさえ分からずに指揮したというのが信じられない;;



・サッカーは口にするものではない



・正直に彼は監督としてとても素人のひよっ子だ。 日本戦は選手らの問題、それ以前に監督の力量がひどくアマチュアだった



・サッカーで監督の指揮が本当に重要ということを見せた一戦でした



・はい、次の言い訳



日本に負ければ絶対悪口を言われるのだ



・サッカーの試合には、監督の資質がどれほど重要かを示してくれるのだ



・それでも多分勝利より敗北がこのチームへの貢献はなりそうだ



体力が強い日本は最初から後半を狙うと試合前から日本の解説者が言ってるのに...



・客観的な評価は日本が先行していたのに、 幼い選手が興奮して暴れたら、監督の落ち着かせなければならないのに、逆に監督が攻撃を煽ったのか



・むしろ予防注射として、よい試合だったと思う



・初めて監督になって韓日戦は負けたのは残念だけど、これくらいの成績はすごいと思います



・相手を殺す時には、相手の棺と自分の棺を一緒に準備しろ



・幼い時から、実力のある子は、みんな攻撃ミッドフィールダーだけさせ、その中で実力の落ちる子供たちが守備に行くから、まともな守備手が余り育たない



・70年代日本でもないのに、何の4:0、5:0を狙ったのですか?日本の実力がその程度のチームがないのに、トラはウサギを握る時も、最善を尽くすと言います。本当に惜しいゲームでした



引用記事:http://goo.gl/a3PNgf








follow us in feedly