[コリアンクール!第次3韓流ブーム]Kドラマ→Kビューティー→Kファッションなど限りなく派生され、毎年成長

1

2000年代初め、韓流ブームが起こり始めた際、国内の多くの学者は「一時的な人気にとどまる」と見込んだ。 ロマンス一色のドラマや、アイドル中心のKポップは、「2流」と非難した。 しかし、韓流は続いている。

毎年の成長だ。 2013年には「世界の韓流学会」が創立された。 昨年11月、ドバイで開かれた世界の韓流学会学術大会を取材したウォール・ストリート・ジャーナルは「ポーランドからアルゼンチンまで様々な国の学者たちがガールズグループ少女時代のミュージックビデオを分析したり、韓国のボーイバンドの公演チケットを買おうと並ぶ日本のおばさん部隊をインタビューする」、「保守的な学界も韓流を学問的研究対象と見始めた」と評した。





2

◇ユーチューブやSNSで拡散される韓流

海外韓流学者らは、韓流が持続されることができた第一の要因にユーチューブやSNS、これを通じた韓流ファンたちの結束力を挙げる。 「ユーチューブやSNSが全世界に韓流が伝播されて受け入れられる通路が作られた」2013年のキューバを訪問した俳優の尹相鉉(ユン・サンヒョン)を見ようと1000人超える人が殺到し、空港が一時麻痺した。 2015年ペルーのリマで開かれた韓流コンサートには4000人余りが詰め掛けた。 サイの「江南スタイル」もユーチューブやSNSを通じて米国ビルボードチャート2位まで上がった。

3

◇西洋ポップにはない奇妙な魅力

「視覚的レベルで他のアジア音楽より一枚上手のKポップは、西洋ポップに飽きた世界の人々に新鮮な感動を与えた。」(キス・ハワード英国ロンドン大学教授)

学者は、華やかな映像美と西洋とは異なる異国的な魅力を韓流の持続の秘訣に挙げた。 米国ビルボードマガジンのジャニスミン編集長も「Kポップは、歌だけでなくダンスとファッションまで360度が完璧に包装された一つのブランド」と語った。 マリーエイン・ノッティンガム大学教授は「2000年代初め、東アジア諸国の経済所得が増えている時点でトレンディーし、国際的なコンテンツを消費しようとする若い層の文化的ニーズを韓流が充足させた」と診断した。

4

◇KドラマがKビューティー、Kファッションを生んで

「一つの韓流がまた、別の韓流を生み出します。」韓流ファンは、ドラマや音楽を楽しむのに留まらない。 俳優や歌手たちが着る服や化粧品、さらには食べ物まで応じて食べたがるのがファンの心理だ。 ルイヴィトンがYGエンターテインメントに610億ウォンを投資し、注目したのもジードラゴンやCLのような韓流スターが東アジア市場で行ったスターパワーだったという。

5

しかし韓流を過大評価してはならないという意見もあった。 フランス国際関係戦略研究所(IRIS)のフレデリック・マルテル博士は「韓流は欧州・中南米・米国などでニッチ市場を攻略しているだけ」と語り、「米国の大衆文化に比べれば微々たるレベル」と評した。







この記事を読んだ韓国人の反応




この記事の最後の意見が全てだろ?



・人気であるとだけで、その統計が明らかにされていない



韓流が韓国イメージの向上に役立っているのは確か。ヨーロッパに行ったら韓国語で白人美女に韓流ファンだと言われた事がある



・k popファンは海外に5000万~1億人位居る



・あえて言えば韓流は、アジア圏では確実に主流文化に成っている。アジアのどの国へ行っても韓国と言えば、ポップやドラマ、中華圏ではランニングマン、キム・スヒョンをイメージし、もはや北朝鮮を思い浮べなく成っている。

本当に驚くべきことは10年前に日本でヨン様ブームが起きた時も、当時日本の若者たちは、韓流に関心がなかったが、現在は20代の子たちのほとんどがビックバンや少女時代を知らない人が居ない程、全世代での韓流文化が広がっている



今日本では若者を中心に韓流が広がっている様です



・90年代初めまで、全世界がアジア文化といえば香港文化だったのに、21世紀からはその地位を韓流が獲得したようだ



・理由が何であれ韓国文化が売れるのは良いことだ



整形美人かもしれないけど、韓国人女性の肌が綺麗で海外で美人だとされる様に成った



・文化コンテンツが黒字なのは良いが、内需をもっと広げるべきだと思う



韓流は洗練されて情熱的でエキサイティングだ。若い人たちの趣向を掴めば、時代や新世代たちはそういった文化を信奉するので、その心理が韓流とぴったりと合って、韓流はI.T世代の急流に乗ったのだろう



・誰が韓流などに関心あるの? 戯言を言っているね



・記事の最後に本当の事を書いたのか




引用記事:http://goo.gl/dKOy7V








follow us in feedly