大韓民国の成人男女10人のうち8人が移民に行けたら行きたいという意思を示した。

1

オンライン就業ポータルのサラムインは最近、成人男女1655人を対象に「移民の意向」を調査した結果、78.6%が移民をしたいと明らかにしたと伝えた。

移民の意向は女性(81.8%)が男性(77%)より、未婚(80.5%)が既婚(72.7%)よりさらに強い意志を示した。

年齢別では30代(82.1%)の回答率が最も高く、20代(80%)、40代(72.4%)、50代以上(59%)の順だったか。

大韓民国を離れ、移民に行きたい理由(複数回答)には「仕事に追われることより暮らしの余裕が必要だから」(56.4%)が最も多くの答えを引き出した。





2

さらに、「概ね労働条件が劣悪」(52.7%)、「所得の不平等問題がひどく」(47.4%)、「職業や老後に対する不安感が大きく」(47.4%)、「競争を強要する雰囲気が嫌い」(46.3%)、「国家が国民を保護してくれないので」(44.4%)、「海外の先進福祉制度を享受したい」(30.7%)などの回答があった。

初めて移民を行きたいと思った時期は「20代前半」(32.1%)が最も多く、「20代半ば」(23.1%)、「20代後半」(12%)、「10代以下」(9.9%)と「30代前半」(9.8%)の順だった。 社会進出を準備する20代が強く移民への興味を示した。

移民に行きたい国1位はカナダ(16.8%)で、オーストラリア(16%)が後を継いだ。 ニュージーランド(10.8%)、米国(9.6%)、ドイツ(9.5%)、スウェーデン(6.9%)、日本(6.3%)、フィンランド(4.9%)、スイス(4.7%)なども名を上げた。

移民する国を選択する最も重要な基準は断然福祉(41.2%)であることが分かった。 さらに、文化(17.5%)、雇用するかどうか(13.1%)、所得水準(6.7%)、気候など環境(5.8%)などを考慮していた。

さらに、47.9%は現在の移民のために準備していることがあると明らかにし、注目を集めた。

具体的には言語の勉強(62.8%・複数回答)が最も多く、海外就職準備(32.7%)、移民資金作り(31.9%)、経験者に助言を求めるの(21.8%)、生活様式・文化関連の勉強(18.1%)などがあった。

現在、韓国社会が抱えている最も大きな問題として、「富の両極化」(31.2%)を優先的に挙げた。

このほか「若者の就職難」(14.5%)、「競争をあおる社会雰囲気」(13.2%)、「青年の社会定着困難」(12.3%)、「老後の備え困難」(9%)、「学閥中心の雰囲気」(8%)、「政治的葛藤」(4.5%)、「子育て困難」(4.1%)の順だった。






この記事を読んだ韓国人の反応



・私は移民に行く前に、お金集めの過程で死んじゃって、転生して、来世は白人系米国人として生まれ変われる様に心の準備をしています。 (私は霊魂論と転生論を信じます)



富の両極化は、まさに大多数の人がその様に考えていますよね



・この国で塾に通わせる親は、子どもを殺しているのと同じだ



・今では自宅学習に力を入れる家庭が増えています



他の国に行って一度暮らして見ないと、自分が韓国を好きか嫌いかも分からないのでは無いかな?



移民なんて、本当に安易な考え方だと思う。両親兄弟も居ない自分の国の離れ、遠い異国の地での生活がそんなに楽だと思っているのか?飢えて死んでも、親兄弟がいる故郷の土地がもっと気楽であるとは知らないのかな?



・韓国だけでなく、若者の貧困は全人類の災いだ。 元気のない彼らの将来がもっと狭くて難しいように、自尊心のない未開人の様に生まれた国から出るのが得策だと考える精神状態も問題だ。 出産奨励の代わりに、就業斡旋に急いで対策を講じなければならない



・移民なんて受け入れてくれる国は無いよ、お金でも沢山無ければ



・私は北米に8年間くらしましたが、その国で生まれて、そこに職業でもある場合を除いて、来たばかりの移民が気楽に暮らせる環境ではありませんよ



・隣りの芝は青く見えるという錯覚だ。対岸が綺麗に見えるだろうけど、実際川を渡ってそこにたどり着いても、自分が住んでいた場所以上にゴミで汚れた地だったのだ



・世の中何処に行っても成功はしないでしょう。十分な語学力とお金が無ければ



・国があなたに何をして与えるかを望まず、貴方が国にどれほどプラスになる人間かを先に考えろ



・移民に行けば歓迎して貰えると信じるのか情けない。移民先に物凄い苦労が待つだけだ。自分の国で暮らせない人が出ても、まともに生きられるだろうか。移民先で差別待遇をされながら一度生きてみろ



引用記事:http://goo.gl/I2cQOz








follow us in feedly