9日、東京株式市場が円高の余波で、5%以上暴落した状態で取引を終えた。 日本の10年満期国債金利はマイナスを記録した。

1



日本の中央銀行である日本銀行が史上初めてマイナス金利を導入、円安を通じた景気浮揚をはかっているが、証券市場は逆風を受けている格好だ。 グローバル金融不安ともかみ合って、安全資産とされる円が強気を見せているのに、マイナス金利導入で、銀行収益性悪化が懸念され銀行株は下落している為だ。

同日、1万6666.79でスタートした日経225指数(日経平均株価)は午後に入って下げを拡大し、前日比5.40%(918.86)下落した1万6085.44で引けた。 東京証券取引所1部前種目で構成されたトピックス指数も5.51%下落した1304.33で取引を終えた。 大型金融会社である三菱UFJ金融グループと住友三井金融グループの株価は8%以上暴落した。





2

前日、米国や欧州の証券市場が下落し、国際原油価格が下がり、安全資産を好む心理が強まり、円の価値は1年2ヵ月ぶりに最高のものとなった。 東京外国為替市場でドル当たり円の価値は114.75円で1%上昇、2014年11月以来最も高い水準を記録した。

また、国債の需要も急増し、同日、日本の10年満期の国債金利は、史上初めて「マイナス(-)」を記録した。 日本の10年満期国債の収益率は午前から急落し始め、-0.007%まで下がった(国債金利の下落、国債価格の上昇)、米10年満期の国債金利も1.76%まで下落、1年ぶりに最低値まで下落した。

代表的安全資産の金は4%近く跳ね上がった。 前日ニューヨーク商品取引所(COMEX)で3月引き渡し分の金の先物は3.5%近く上昇したオンス当たり1197ドル台で取引された。

英国金融業者のIGのクリス・ウェストン首席市場戦略家は「市場変動性が急騰する中、投資者が(相対的に安全な)政府債券を持とうとしている」、「今は危険資産に投資するには絶好のタイミングがない」と話した。

SMBCフレンド証券の松野俊彦首席ブレーンは「米国債金利が落ちて金価格は上昇している中、円高が続いている」、「危険資産投資を回避しようとする市場の雰囲気が形成された」と分析した。

先立って、主要先進国証券市場も大幅な下落傾向で引けた。 この8日、汎欧州の指数であるストークス600は、前日より3.54%下落した314.36で取引を終えた。 米ニューヨーク証券市場で優良株中心のダウジョンス産業平均は1.10%下落した万6027.05で取引を終えた。

韓国証券市場は、旧正月の連休に来る10日まで開かれない。 中国証券市場は、春節(旧正月)連休の為、12日まで休場する。






この記事を読んだ韓国人の反応




これは通貨政策が終わったわけよ・・見てみろ、効果がまるで出ていない! 副作用ばかり生んで



金利だけで株価を変えようとした火遊び事故、経済体質の改善から先ずしないと



日本のマイナス金利のあほな様子見て・・韓国銀行は反面教師にしなければ....簡単な金利引き下げだけいじって



・円高・・・これまで円安で大変だったけど韓国には非常に好材料ですね~



・この程度の下げは深刻では無いだろ、一度アメリカ市場が上がれば忘れられるだろ



・日本の株価は依然として下落する傾向にあり、今からも30%以上さらに下落する可能性も多く見られる




日本が量的緩和をして、円安を誘導したにもかかわらず、中国経済が傾き始めてから安全資産である円に対する需要が上がって日経の20000台回復が困難に成っている



・円高で日本が涙声



もう世界経済の流れを一国家の金利調整をコントロールできる時期は過ぎた。 経済学の理論を無視してもいけないが、経済学の本に戻らない



・資金を供給して積み上げた砂上の楼閣が崩壊する時が来た



・全世界の株式暴落だが、韓国は連休でさっと避けている中!大盛りで楽しい連休~~~



・韓国にも不動産バブルや、通過危機が来そうで怖いです



日本は、円安を望むが、経済はあまりにもしっかりして、皆が安全な資産である円を買うので思い通りに円安がされず、円高になって日本の貿易収支によくないから株価が暴落したのですね



・安倍首相が、退くときが来た



・安倍首相が決心し、円をさらに緩和すれば良いのでは無いですか?



・連休後が心配だ(笑)



・人の事ではないね...日本があれほどなのだから



・世界経済が一気に下落している



・円高はわが国の製造業種に強い好材料である



・安倍か..お祝いする…因果応報。自業自得...



・日本が亡国の道に入ったと、ヘッジファンドの大口客らが仕掛けているのかな?



・円高お願いします。 なにとぞです



・逆に円買いをすれば、大ヒット


引用記事:http://goo.gl/D3tlCY








follow us in feedly