【ニューシース】総合株価指数(コスピ)がユーロ圏をはじめとしたグローバル複合リスクから大きく下落した。 指数は一気に1870ウォン台に下がった。

2

終値基準でコスピが1870線を外れたのは、先月21日以降12取引日ぶりのこと。

このように急落事態をもたらしたのには、ドイツ銀行破綻の可能性が浮き彫りにされているうえ、債権団との緊縮交渉の難航を受け、株式市場が急落したギリシャの状況に影響が大きいという分析だ。

また、中国人民元の切下げ可能性に対する不安感など世界経済見通しが暗いのも、投資家心理を冷却化させた。






1

とくにコスダックの場合には、外国人と機関が総額2000億ウォン以上の株式を売却し、4%以上下落した。

当日の下落率基準は昨年8月24日-4.97%に下落して以来、約6ヵ月ぶりに最も大きな下げ幅を記録した。

11日のコスピ指数は、前取引日(1916.71)より56.25ポイント(2.93%)下がった1861.54に取引を終えた。

出来高は3億8107万1000株、取引代金は4兆6353億7600万ウォンだ。 個人と機関は428億ウォンと690億ウォンを買い越し、外国人は1745億ウォンを売り越した。

同日、最高値の銘柄と下限価種目はなかった。

業種別では証券(-5.58%)、医薬品(-4.78%)、サービス業(-3.68%)、建設業(-3.77%)、運輸倉庫(-3.77%)などいずれも下落した。

時価総額上位種目は、三星電子、韓国電力、現代(ヒョンデ)車、三星(サムスン)物産、現代モービス、アモーレパシフィック、三星生命、三星電子右、SKハイニックス、LG化学が少なくとも0.19%から最大4.98%まで下落した。

コスダック指数は前取引日(683.62)より33.62ポイント(4.93%)下がった647.69で取引を終えた。

出来高は5億1924万4000株、取引代金は3兆5681億7700万ウォンを記録した。 個人は2434億ウォンを買い越し、外国人と機関は1151億ウォンと1338億ウォンを売り越した。

業種別にはインターネット(-6.92%)、ソフトウェア(-6.86%)、纎維衣類(-5.99%)、娯楽文化(-5.98%)、ITソフトウェア(-5.80%)などいずれも下落した。






この記事を読んだ韓国人の反応




・現政権の経済、外交すべて最悪だ。変えた方が良いのでは無いのか?



地獄はこれから本番なのに・・



・俺収益率マイナス40%だ・・



・2300には何時行くのですか?



・大韓民国の歴史上ここまで腰抜けの大統領は居なかったと思う



・実際、このような変動性の激しい相場は、個人らは株式投資をしないのが答えである



これはプロローグだ。 本ストーリー開始すらまだ始まっていない



タイトルはグローバル複合ショックが原因としているが、実際は開城工団の停止が一番大きな問題では無いのか?



・そのまま綺麗に落ちている



・開城工業団地の閉鎖、強硬モード・・・コリアンリスク発動、海外投資縮小、株式暴落…これが現実だよ



・グローバル複合ショックではなく、開城工業団地閉鎖のためなんだ。 政府が乗り出して南北関係を悪化させているが、株価下落するのは当然なんじゃないの?



・完全に裏切られた…(泣)



・開城工業団地ショック・サード・ショックが大きいだろう



・まだ始まってもいない



・最近の香港のハンセン指数の暴落の意味をよく考えてみなければならない。 この指数に連動した国内ELSの規模が何十兆にのぼる。 今溶かした資金だけでも十数兆ウォンで莫大だ。 近く国内の投資者の損失も大きくなるので、国内金融産業も焦土化になるだろう。 IMFほどではないと言っても2008年よりも強いだろう



・すべて一緒に死ぬと



怖いのはサード配置強行の際、中国の経済報復だ。韓国経済中国依存度を考えると、今までの下落は、愛嬌水準かも



・次第に国が滅びて行くんだな~~~



・外国人が韓国を離れているんだ



・明日も期待する。そのまま大幅に引き下げるね~



・日本の証券市場の昨日と今日の大暴落&アジア証券市場急落、現在、欧州証券市場は取引を開始するやいなや大暴落しているが、大騒ぎしなくて良い、世界金融市場がよくないだけだ



・韓国がサードを配置すれば、まずは戦争第1ラウンドの攻撃目標



・ため息だけが出る



引用記事:http://goo.gl/DgkZ7R








follow us in feedly